WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

伊東市鎌田に巨大ソーラ計画

 次々とメガソーラ計画が押し寄せる伊豆半島伊東市が、ソーラ(建設)規制条例を施行するようです。でも、「1万2千平米以上」とすると、業者は「分割して申請する」ものだということを頭に入れておいた方がいいでしょう。

 

メガソーラー規制条例可決 小野市長「6月以降一切できない」
20180323
http://izu-np.co.jp/ito/news/20180323iz0000000002000c.html伊豆新聞伊伊東版 

 ■“鎌田計画”阻止を明言 佃特別顧問、本人意向で再任せず

 伊東市鎌田地区で計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画に関し、小野達也市長は市が作成したメガソーラー規制条例(6月1日施行)が可決されたことを踏まえ、「(6月以降)1万2千平方メートルを超える大規模のものは一切できない」と明言した。その上で鎌田の計画について「5月中に基準法令を満たすことは考えにくい」と計画が実施されない見通しを示した。また現在、市の特別顧問に委嘱している佃弘巳前市長について、3月31日の任期満了後は、再任しない方針を固めた。22日の定例記者会見で明らかにした。市側は会見で鎌田のメガソーラー建設計画への対応について「1万2千平方メートルを超える規模の計画は原則認めず、受け付けない。全庁一丸となって次のステップに進ませないようにしたい」と述べた。特別顧問の佃前市長の任期満了に伴う退任については、本人の意向もあっての判断であることを述べた。佃前市長は小野市長に「前市長の立場で十分」と伝えたという。

 

 なお、一行目の「鎌田計画」とは、本ブログ前記事(伊東のメガソーラー、まだ止められる 2018/03/02) で書いた「八幡地区」の計画(2万平米、3000枚)とは違います。175ヘクタール、14.5万枚のパネルと、八幡地区とは比べ物にならないほど大規模。

 

 

鎌田にもメガ計画 松川湖北西の山林175ヘクタール―伊東市 − 伊豆新聞 

2018319izu-np.co.jp/ito/news/20180319iz0000000006000c.html -

 ■事業者「地元と協定の上工事」

 伊東市の鎌田地区で大規模太陽光発電施設(メガソーラー)「(仮称)伊東市鎌田発電所」の建設計画が進んでいることが18日までに分かった。計画を進めているのは再生可能エネルギー事業や不動産投資・再生事業などを手掛けるブルーキャピタルマネジメント(東京都港区)。同社は18日、市内で地元住民らを対象にした説明会を開いた。説明会で示された資料によると、計画地(事業者用地)は松川湖北西の山林約175ヘクタール。そのうちの約92ヘクタールを事業用地に約48.5ヘクタールを造成し、14.5万枚の太陽光パネルを設置する。発電容量は約40メガワットを見込む。同社の担当者は「地元に納得してもらい協定を結んだ上で、工事に取りかかる。今後、繰り返し説明会を開いていきたい」と話した。市に対して、開発指導要綱に基づく事前申請を行っている段階だという。必要な許可を得た上で2022年の稼働を目指したい考え。同市では、八幡野地区で進むメガソーラー建設計画に対し、住民や漁業者らが反対運動を展開している。

 

・・・これほど大きいと、撤退することを前提に、行政による「土地の買い取り」を視野に入れている気もします。実は、「偽」の開発計画をちらつかせて住民を脅し、「反対団体」の代表と示し合わせて行政に土地を買わせるのは、少し前までよく使われた作戦でした。その代表が、鎌倉市が西武(コクド、表に出たのは別会社)の開発を止めるために時価でおそらく2億円くらいの山林を、114億で買ったというケース。今はその山林は「広町緑地」として開放されていますけどね・・・土地開発公社の仕組み、住民運動と政党・議会の馴れ合いなど、いろいろ学んだ事件でした。もちろん、業者は不当利得、市長は背任、反対団体の代表らは詐欺罪。とりあえず市長を訴えましたが、それを裁く司法の腐敗を知り、以後は行政不信、司法不信で通しています。

 ま〜、鎌田のケースでは、反対団体が「自然を守るために行政が買い取れ」と言い出し、伊東市長がそれに応じて買い取りを決断し、新聞がそれを「美談」と書けば、私の推測どおりになるでしょう。・・・もちろん、買取なしでも守れるので、住民はしっかり勉強してほしい。・・・3月も今日で終わりか。2018.3.31

 

 


 

再エネ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

愛知県東浦のメガソーラ

今日、メガソーラー計画反対の住民らが提訴という情報が入りました。愛知県東浦町は知多半島の付け根、人口約5万人のベッドタウンとのことです。

メガソーラー建設反対住民ら提訴

 愛知県東浦町で計画されている太陽光発電のメガソーラーの建設をめぐり、2万平方メートル余りの森林を伐採するのは土砂崩れなどの災害を引き起こすおそれがあるとして、周辺住民ら約20人が、愛知県知事に対し、伐採の許可の差し止めを求める訴えを名古屋地方裁判所に起こしました。訴えを起こしたのは東浦町のメガソーラー建設地の近くに住む住民らおよそ20人です。
訴えによりますと、この土地に愛知県内の業者が約3000枚のソーラーパネルで太陽光発電をするメガソーラーを建設し、2万平方メートル余りの森林を伐採する計画で、業者は3月、愛知県に伐採許可の申請を出しています。計画の土地は住宅街に近く、周辺住民らは森林が伐採されると、土砂崩れなどの災害を引き起こすおそれがあるほか、ため池に雨水がたまらず農業に影響が出るとして、愛知県知事に対し、伐採の許可を出さないよう差し止めを求めています。地元に住む原告団長の秦洋治さん(76)は会見で「環境を守るはずの太陽光発電なのに、美しい森林を伐採するのは本末転倒だ」と話していました。一方、愛知県は「訴状が届いていないのでコメントは差し控えたい」としています。

 

 森林法にもとづく伐採許可差し止めの訴訟ですね・・・まだ訴状も計画図も見ていないのでコメントのしようがありませんが、検索したら、同じ地域に別のメガソーラーがすでに完成していました。これって??

 

国際航業、愛知県東浦町の「東浦ソーラーウェイ」太陽光発電所が完成 ...

2016年12月13日 https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP431053_T11C16A2000000/

- グリーン・コミュニティの実現を目指す日本アジアグループ株式会社(コード:3751、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:山下 哲生、以下「日本アジアグループ」)傘下の国際航業株式会社(代表取締役社長:土方 聡、以下「国際航業」)は、このたび愛知県知多郡東浦町(町長:神谷 明彦)において「東浦ソーラーウェイ」太陽光発電所を建設・完成いたしました。 本事業は、愛知県知多郡東浦町が公募を行った、「東浦町生路五号地メガソーラー設置に係る土地賃貸借事業」において国際航業が選定され、2016年2月より建設を行っていたものです。「東浦ソーラーウェイ」太陽光発電所は、出力1,865kW、一般家庭約386世帯の年間電力消費量に相当する規模の太陽光発電所です。発電した電力は全量を中部電力株式会社に売電いたします。

 なお、施工監理は日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:増田 雄輔)が担当いたしました。

 国際航業は、自治体が進める未来のまちづくりのパートナーとして安心で安全、そして持続可能な「グリーン・コミュニティ」の形成を目指し、人と地球にやさしい地域・まちづくりや、自治体のマスタープランに連携した太陽光発電などの分散型エネルギーの設置運営を行っています。本事業もグリーン・コミュニティ形成の一環であり、未利用地を発電所用地として使用することで土地の有効活用に寄与するほか、

 ・地元への経済効果(工事、除草、維持管理などの一部を地元へ委託)

 ・災害時にも使用可能な非常用電源として、自立運転パワーコンディショナーおよび非常用コンセント盤の併設

 ・環境教育の実施 など、東浦町と協業を行いながら、町が目指すまちづくりに貢献いたします。

■「東浦ソーラーウェイ」概要

 立地場所:愛知県知多郡東浦町大字生路五号地

 立地面積:約24,000m2

 出力:1,865kW

 パネルメーカー:カナディアン・ソーラー・ジャパン株式会社

 EPC(※)事業者:JAG国際エナジー株式会社

 ※「Engineering(設計),Procurement(調達)and Construction(建設)」の略。設計、資機材調達、製作、建設工事を含む一連の流れの事を指す。*会社概要は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0431053_01.JPG

会社概要http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0431053_03.pdf

 

 ・・・よくわかりませんが、この事業(完成してしまった)には反対はなかったんじゃないかな?だとしたら、その地域が「扱いやすい」と判断されても不思議はありません。住民は何も知らなくても、事業者は実によく地域を調べているものです。それに、情報を吸い上げる仕組みもあるし、行政を抱き込むノウハウも知っているしね。

 だから再エネに反対しようとすれば、地域目線だけではなく、巨視的な考え方が必要です。とりあえず。2018.3.28

再エネ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

メガソーラ(再エネ)集会へのお誘い

プライベートなことでやや忙しく、なかなかブログが更新できませんが、今日は私も関係する地域での再エネ集会のお知らせです。山本の「解説」つき。お近くの方、ぜひお出かけください。

 

メガソーラが新城に? ミニ集会のご案内

〜 健康被害の実態を知ろう! 〜

 メガソーラーをご存知でしょうか?

 住宅の屋根に設置されている太陽光発電があります。

 そのソーラーパネル(四角い板)をたくさん並べた大規模なものがメガソーラーです。

 地上にも次々と敷きつめられています。

『 私は自宅をメガソーラーで囲まれ、健康被害に苦しんでいます。

 再エネ(再生可能エネルギー)の実態について学びませんか? 』

 

 日 時:201842日(月曜日)13001600

 場 所:新城市内

 対象者:少しでもご関心のある方(お気軽にどうぞ

  児:無し   

 参加費:1000

 申込方法:参加者は下記メールアドレスまでご連絡を!

※事前に人数のご連絡を頂けると準備に助かります

 

 主 催:『メガソーラー健康被害をなくす会』

 連絡先メールアドレスê notomoemochan@yahoo.co.jp 早川 まで

※ 健康で安全な暮らしを守りたい方々の集会です。

※ 特定の政党・宗教活動,商品販売等はお断りしています。

 

 

 

再エネ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |