WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

富山県に見る「検察」の闇、つづき

 別ブログで「富山の警察・検察」を追っているので、ご覧ください。

 
 富山県に見る「検察」の闇 | 南京だより
 
 富山検察不祥事その3 「それでもボクたちはやってない」 | 南京だより

「がれき告発」に対する富山市長の狂った反応に興味をもち、ちょっと調べてみただけですが、裏には権力の構造的腐敗がありました。以後もこちらhttp://mirushakai.jugem.jp/で書くので、時々覗いてください。2013.1.8
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

12月の対県交渉と、ユーチューブアップのお知らせ

   以下の日程で、廃棄物対策課と、今年最後の神奈川県との「交渉」を行います。いろんな問題に対する県と市民の把握の仕方、「温度差」を縮めてゆくのが狙い。どなたでも参加できます。「お上意識」を払拭するいいチャンスかも。 
 

 日時:12月24日(火)13時30分から15時
 場所:日本生命ビル6階600会議室(県庁から歩3分)

 それからこちら↓は11月の交渉のダイジェスト版。編集をお願いした方が、主に私の発言だけを拾ってくださったようです(ありがとう!)。
http://www.youtube.com/watch?v=kqO-RYJ1Pyk

 放射性廃棄物の問題はこれからも続くので、拡散をお願いします。13.12.15

お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

お知らせ二つ(11/6 と11/9)

 ★明日11月6日(水)、神奈川県との対県交渉
 場所:日本生命ビル6階の600会議室
 時間:13時30分〜15時
 交渉相手:神奈川県環境農政局環境部資源循環課

 本来、魚網の受入れなどできなかったはずの南足柄・箱根の処分場。そこに、魚網を入れられるようになったのは、県がからんでいたから。横浜市が「師弟廃棄物」の申請を出している今、県内全域が師弟廃棄物の処分場になりかねません。今回は、そのあたりを聞くので、県にも準備しておいてもらいましょう。参加者は直接会場にどうぞ。

★次は、私のテーマのひとつ「戦争犯罪」に関する証言集会。おススメです。

私は敗戦後も中国で戦争を続けた! ――山西残留経験が伝える現代日本の危機――
  
 日時: 11月9日(土)13時30分開会(13時10分開場)
 場所: 京浜協同劇団稽古場・スペース京浜(川崎市幸区古市場、JR南武線鹿島田駅歩15分  
  証言者:稲葉績さん(90才、中国帰還者連絡会会員)
 解説者:石田隆至さん・張宏波さん(大学教員)

 敗戦で戦争は終わったはずなのに、稲葉さんは山西省に残留させられ、その後4 年近く共産党軍との戦争を継続させられました。激戦で多くの日本軍が戦後に戦死しています。稲葉さんはその激戦を生きのびましたが、最後は共産党軍に捕まってしまいました。そして収容された大原戦犯管理所での人道的な待遇の中で、稲葉さんは「鬼から人間に」生まれ変わった、という大変な体験をされたのです。今回は「山西残留」の真実に迫るお話を中心にお願いしました。戦争の歴史の真実はここにあります。安倍自民党政府の歴史認識の誤りは明らかです。
 資料代: 300円(学生は無料)
 * 証言者が高齢のため、体調によってはビデオ証言とさせていただく場合もあります。
 <主催> 撫順の奇蹟を受け継ぐ会神奈川支部(連絡先 松山 TEL 046-871-4263)


 中国戦線の日本軍は、降伏後、国民党の「温情」によって無傷で日本へ帰還しましたが、一部は騙されて、中国に「違法に」、「戦力」として取り残されたわけです。その取引の当事者が陸軍中将澄田来四郎。元日銀総裁の澄田智はその長男です。現代史を知ると、日本社会は戦時体制が今も続いていることがよくわかります。会場の地図は↓
http://kanagawa.uketugu.org/uketugu-kanagawa/uketugu-kanagawa/131109leaflet.pdf 
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

南足柄チラシ配布スケジュール

  1日と2日のスケジュール再掲(駅頭でチラシをかかげて立っているので、お手伝いできる方、声をかけてね)

7月1日(月)箱根登山鉄道「箱根湯本」駅。
 12時集合
7月2日(火)大雄山線「大雄山」駅。13時集合
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

南足柄で魚網の市民説明会、やるよ! 

  神奈川県の終わらないがれき(魚網)受入問題。「横須賀のような大都市で止めたものを、力のない地方に持ってこられては困ります」「情報が少ない、誰に聞けばいいんですか?」という地元ママの言葉に、市民による、市民のための自主説明会を開くことにしました。この問題に限らず、放射能汚染問題、原発問題、内部被ばく・診療問題など環境というテーマに広く興味がある方のご参加をお待ちしています。

★勉強会「魚網受入問題を考える」開催のお知らせ★

  2013年7月5日(金)18302100

場所:南足柄市女性センター(大雄山駅下車1分ヴェルミ3内)研修室 
主催:環境と未来を考えるかながわの会(がれき問題で、神奈川県と交渉を続けている市民の集まりです) 申込不要、資料代300円


そのお知らせのために、以下の要領でチラシ配布を計画しています。
でも、全員、横浜・川崎・相模原などの住民で、土地勘がありません。
また、全員、仕事をしているので、平日は少人数しか動けません。

 地元のみなさんの協力が必要です。

行動と知識がないと、行政の横暴には勝てません。
どうぞ、お誘いあわせのうえ、ご協力をお願いします。
その上で、7月6日の南足柄市による説明会に臨んでください。

30日()12時「大雄山駅」集合。南足柄市ポスティング。  
7月1日(月)12時。集合場所未定=箱根町ポスティング。
7月2日(火)12時「大雄山駅」集合。南足柄市ポスティング。
7月3日(水)12時。集合場所未定=箱根町ポスティング。    
7月4日(木)12時「大雄山駅」集合。南足柄市ポスティング。

未定分については決定次第、アップします。また、お問い合わせはコメント欄へどうぞ。
(福島から戻りました・・・ショックでした。報告はそのうち) 2013.6.30
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

6.28塙町で講演します

 6月28日、福島県塙町で以下の通り、勉強会を行います。

 「これからの子どもたちを守るために 私たちにできること」
    −−どうやって汚染事業を止めるか

 と き:2013年6月28日(金)18:30〜20:45
 ところ:塙町公民館2階 第2会議室
      (塙町大字塙桜木町)
 参加費:無料(事前申し込み不要、当日参加可)
 主 催:子供達の未来を守るママの会
 共 催:塙町木質バイオマス発電問題連絡会
     鮫川村の実証実験焼却炉に反対し子どもを守るママの会


 がれき問題とケタが違う深刻な二つの計画ーー鮫川村の指定廃棄物焼却炉問題と塙町の除染廃棄物焼却炉計画ーーに直面しているのが、福島県南の、この地域。比較的汚染が少ないとはいえ、除染地域指定を受けていることは変わりありません。塙町がこの問題にどう対応するかは、明日の福島県全体を占う試金石になると思います。
 当日は行政交渉も行いますが、IWJも入るとのことなので、時間がある人は、見てね。
2013.6.26

 
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

明日(3月31日」の講演会

 明日、3月31日は静岡県・富士市に行きます。お近くの方、ぜひいらして下さい。
 詳しくは↓を 

■山本節子さん講演会開催のお知らせ!!
      →→ごみ焼却の危険性について!気軽に参加し、いろいろ質問してみましょう。

富士市の現在の焼却場は大丈夫?
なぜ危険なのか?
世界の常識とは?
PM2.5などの超微小物質とは?
超微小物質の健康への影響は?
新しい焼却場をまた民家の近くに建設しようとしていますが大丈夫?
一部地区だけを窓口に、焼却場建設計画を進めているやり方は正しいですか?
焼却場だけでなく工場も多い富士市の環境汚染は大丈夫?
富士市の子供達の健康被害は?・・・etc

いろいろな疑問について学んでみませんか?
開催日時:3月31日(日)/15:00〜17:30
開催場所:一色公会堂(富士市一色486)
主催:一色町内会
お問合せ:一色町内会長/一色防災研究会・杉山晴吉/TEL:090-4157-3551

お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

神奈川:魚網受け入れ、意見交換会のお知らせ 12.10

  止まりそうでなかなか止まらない、神奈川県の「がれき受け入れ」。これは、処分場が県営なのと、現地の大楠連合町内会が県と協力関係にあるのが理由です。

 11月23日、神奈川県が開催した説明会は、がれき受け入れのためのもので、その進行はすべて県のお膳立てによるもの。その最大のポイントが、長谷川連町会長が宣言した「これから意向調査を行い、その結果を県に報告する」です。知事は、この報告を受けて、「政治的決断を下す」と発言しているし、すでに完全な出来合いレース。
 
 しかもこの後、意向調査は非常に速やかに行われ、早いところでは12月初めには回収作業が始まったとのこと。電話で取材したところ、「白紙に記された「賛成」「反対」のどちらかを選ぶだけ、無記名、厳封」。これを、誰がどこで開封し、計算するのか、など何も説明はないそう。
つまり、簡単に差し替えられるわけです。

 無記名だから、ほとんどの住民は反対票を投じたことでしょう。でも、この芦名の処分場建設に関して、県と自治会役員らが共謀して何をやったか、を思い出せば、こういう意向調査など応じるべきではなかったのです。2002年当時、自治会が9割以上の反対を得て臨時総会で反対を決めたのに、自治会役員らが「安全への意向調査」としてアンケート調査を行ったのです。これは、実は建設を前提とした調査。でも、住民はそれに気づかないままアンケートにこたえ、その結果をもって、横須賀市は「住民理解が得られた」として、建設を許可してしまったのです。

 「アンケート」や「意向調査」など簡単に操作できる。しかも、現地ではこの事件を「総括(反省)」もしていないから、裏切りの歴史がくりかえされると思った方がいいでしょう。そこで;

 12月10日の10時ー12時、現地の芦名コミュニティセンター(横須賀市芦名2丁目16番6号)http://chizuz.com/map/map73419.html%E2%97%AFで、この問題についての、緊急県民意見交換会を開くことにしました。そのため、急いでチラシを配る必要があります。この週末、お時間のある方、ぜひご協力をお願いします。もちろん、集会にもご参加下さい。連絡先はこちら→です。12.6 arakawa060-20121210@yahoo.co.jp
 

 
 
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

本日、東京、下町がれき講演会(@錦糸町)

 ばたばたして当日のお知らせになってしまいましたが・・・東京で初めての講演会です。台風前の秋の一日、ついでがあればぜひお出かけ下さい。

 9.29がれき下町講演会―「被災地のため」というがれき広域処理のウソと違法を問う
  場所 ーすみだ産業館 会議室1、2 (JR錦糸町駅南口正面、丸井9階)
  本日6時半集合

 主催者のコメント(編集してあります)
「3・11以降東京の下町でもホットスポットやマイクロスポットが発見されているにもかかわらず、江戸川区などの行政が御用学者の講演会をくり返し、安全キャンペーンばかりで、まともな測定や防護措置も取らないなか、これに対抗して講演会を呼びかけるところから、私たちの活動が始まりました。これまでに、医師の山田真さんや崎山比早子さん、山崎久隆さん、松井英介さんなどの講演を開くとともに、何回かの下町デモを呼びかけてきました。下町の清掃工場の飛灰などの線量がはね上がったのに対して、環境省が簡単に基準を8000ベクレル/Kgにまで引き上げたことにも声を上げてはきましたが、引き続いてがれき受け入れという事態に対して申し入れ等以上に十分な行動は取れずじまいで来ています。…被災地と全国を分断して、被ばくを強制させるのに反対です」
2012.9.29
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

神奈川県庁に行くぞ〜!

  というわけで、明日、来られる方は、午後2時半、神奈川県庁新庁舎1Fロビーにお集まり下さい。
 
 黒岩県知事に、「がれき、放射能廃棄物の拡散は止めて」との声明文を手渡したいと思います。

 良識ある納税者として、おだやかに申し入れるつもりです。少人数の、ママが中心の活動なので、暴力行為などありえません。子どもづれOK。ただし、暑さ対策はしっかりね。2012.8.2
お知らせ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |