WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< すさまじい子宮頸がんの副作用 | main | 事故調委員が東電からカネをもらっていた >>

「脅威」は北朝鮮ではなく、アメリカ

 「北朝鮮の情勢緊迫」が伝えられているので、こちらでも、ちょっと触れておきます。

「核使用の兆候」で先制攻撃 米韓が抑止戦略
2013.4.2 12:58 北朝鮮 韓国国防省は1日に朴槿恵大統領に行った報告で、北朝鮮が核兵器を使用する兆候をつかんだ段階で先制攻撃をするとの抑止戦略を米国とともに策定中だと説明した。韓国メディアが2日伝えた。また、2015年12月に韓国軍の有事作戦統制権が米韓連合軍から韓国軍に移管されれば解体する予定だった同連合軍司令部機能を、事実上維持する方針を決めた。いずれも今年10月の米韓軍の高官協議で確定させるという。核使用の兆候があれば先制攻撃するとの方針はこれまでも韓国軍幹部が度々言及してきたが、核攻撃にも言及した北朝鮮の威嚇が続く中で、体系的な対応計画固めを急いでいるとみられる。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130402/kor13040212580002-n1.htm
 「小型核兵器」を使いたくってしかたがないのはアメリカの方。「兆候」なんていくらでもでっちあげられるし、アメリカはベトナム戦争でも(トンキン湾事件)イラク戦争でも(大量破壊兵器)、他の「紛争」もみんなこの手を使っているから、今回も、北朝鮮兵に化けた韓国人兵士を使って、韓国「攻撃」の準備をしているんじゃないかな。

 軍産複合体・アメリカは、その体制ー特に米軍組織ーを維持するために、常に「戦争」を求めています。そのために必要なのが「悪い子」。で、マスコミの力を借りて、イラクのフセイン、リビアのカダフィのように北朝鮮の若いキム・ジョンウンを「悪魔化」し、先制攻撃の正当性の準備をしているわけ。日本では、米の言うままに列島を原発だらけにした「自由と民主主義」の名の党が、米を支持していますが、同党に入れた日本人がいるとはほんとに信じがたい(代わりの党がないのか・・・)。とにかく、グローバル政治は、日本のマスコミが伝えるような平面的なものではないから。いいかげんに目を覚まさないと、また戦争にまきこまれるよ。参考までに、今年2月に政治ブログに書いた記事を貼り付けておきます。2013.4.11
キッシンジャーが語る、「今の戦争」
国際問題、私の見方 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/750
この記事に対するトラックバック