WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 鉛214とビスマス214、ごみ焼却由来では? | main | 終わってない本牧の焼却灰埋立 >>

鉛214とビスマス214、ごみ焼却由来では? (つづき)

  昨日の記事に、「ビスマス214が焼却由来って新説、ちゃんと検索すればなんでビスマス214が自然由来かすぐ分かるのに と、twitterにありましたよ ちゃんと検索されましたか」とのコメントがありました。(鉛214については記述なし)。
 
 もちろんです。「天然説」も目にしています。雨が降ると大気中のラドンが壊変してビスマス214になり、放射線量があがる、という説ですね。たとえば:

「ウラン系列の途中にある222Rn (ラドン) から崩壊して出来る 214Bi は、雨や雪の降下と共に地上に降ってくることが知られている。 (例えば「日本分析センターにおける空間放射線量率と希ガス濃度調査結果」参考)」(Wikipedia)

「これらラドン娘核種は普段ちり状になって大気中を浮遊していますが、雨や雪が降ると雨滴や雪に付着して地表に落下します。この地表に落下したラドン娘核種から放出される放射線を検出してやや高い線量率が検出されるのです」http://www.miyagi-gc.gr.jp/html/QA/amegahuruto.htm
 
 では、と私は考えました。仝業事故以来、これまで鉛214やビスマス214の増加が問題になったことはあっただろうか?と。それに、大気中の汚染物質は、降り始めの雨や雪に多く含まれることが知られているが、今回は何時間も降下し続けており、自然の動態とは言いにくいのではないか。さらに、H掌佐は鉛が26.8分、ビスマス214が19.9分。この短寿命の放射線同位体が何時間も検出されていたということは、次々と供給されていたことになる・・・・・・というような理由で、焼却炉由来を疑っているわけです。もちろん、原発由来では、との疑いも消えていませんが、放射線物理学の専門家の解明を待つしかありません。

 でも、このコメントのおかげで「天然由来」が、政府に都合のいい説明だということにも気づきました。上の二番目の説明は、女川原発をかかえる宮城県原子力センターのもの。「天然」を隠れ蓑にしようとの魂胆を疑ったわけです。それともうひとつ、昨日引用したSECURITYTOKYOのツイートは、「一般市民の放射能測定は『誤認』が多い」と暗示していますが(明示か…)、私は、安価でも、素人でも、市民が放射線を測定し続けることが重要だと思います。2012.1.25
農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/406
この記事に対するトラックバック