WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 長野のごみ処理施設火災、消火できず | main | ワクチン強制接種法、裁判所に禁止される >>

フェイスブック、反ワクチン記事の弾圧を発表

 もうみなさんご存知でしょうが、ネット上の反ワクチン情報への攻撃が始まりました。

 本ブログもそのあおりを受けているらしく、少し前に流れたニュースをお伝えしておきます。

 フェイスブック(FB)はこの三月、「ワクチンに関する誤情報記事」を取り締まり、「権威ある情報」を提供すると発表しています。Facebook announces vaccine misinformation crackdown

 ここで使っているクラックダウンcrackdownという言葉は、非常に厳しい取り締まり、もしくは「弾圧」の意味。そして、ミスインフォメーション(間違った情報)とは、ワクチンに対して懐疑的な主張で、たとえ、医学雑誌や確実な裏付けデータがあっても、「国の方針」に背くものは「誤情報」と判断されます。すでに、ピンタレストが、反ワクチンの投稿をブロックし始めていますが、ネット社会で最優先されるのは、「表現の自由」や「企業の公正な活動」ではなく、「企業利益」なのですね。

 FBは、アメリカでははしかの(再)流行と予防接種に関する論争が起きていることを背景に、USA TODAYの取材に対し、「健康関係のフェイクニュースや反ワクチンのポスト」を減らし、そのような発言はなるべく目に触れないようにすると述べたそう。そして「やるべきことはたくさんある」そう。 …まるっきり「情報操作」宣言です。

 さらにFBは;

— ワクチンに関する「誤情報」を広めているグループやページのランキングを下げる。「検索してもそれらのサイトやページは推奨や予想には含められない(=検索にひっかからなくし、読者を減らす)」

— ワクチンに関する誤情報を含む宣伝を見つけたら、拒否する(山本さんのワクチン勉強会のお知らせも拒否!)

— 「ワクチン論争」のような言葉を含むオプションは削除する。「FB社のポリシーに反するからで、今後は、アカウントを無効にするような手を打つ」。

 さらにFBが所有するインスタグラムのエクスプローラーでも、ハッシュタグページでも、ワクチンに関する誤情報を含むページは出なくするとのこと。また健康に関する国際的機関ーWHOやCDCなどーは「ワクチンのウソ」を暴いてきた組織として尊重し、それに反するような記事は取り締まるとのこと。その他、さまざまな情報を提供して、市民がFB上で読んだり、シェアしたり、会話に参加したりできるようにするのがFBの目的。なんといっても、「検索のトップに、ワクチンに関する専門家組織が出している、より正確な情報を提供し、その問題について討論しているページや討論への参加ができるようにする」そうだから、それこそデマ機関になっているわけです。これではSNSではなく、SMS(Social Misinformation Service)ですね。でも、日本ではこのような情報操作と戦う団体はない。困ったものです。

 この方針を受けてか、私のブログもこの一か月、定位置(3位)からじりじり下がり、読者も減り、それどころか自分の記事でさえ検索できなくなっています。新たな記事が投稿できない障害も起きていて、早急に対策を考えなければなりません。2019.4.7

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/2074
この記事に対するトラックバック