WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< SDGs未来都市,自治体乗っ取りの一里塚 | main | 20ヵ月の赤ちゃん、三種混合ワクチン後に死亡 >>

HPVワクチン後、14歳の男児死亡

 この夏、アイオワ州の14歳の男の子が、HPV(子宮頸がんワクチン)接種の三週間後に亡くなったというニュースが入りました。(Iowa boy, 14, dies after complaining of headache which turned out to be a rare neurological disease that paralyzed half his body and stopped his breathing [2]. Daily Mail Aug. 16,2018.)

 

 この少年、クリストファー・バンチ(Christopher Bunch)の命を奪ったのは、脳の中枢神経を侵すADEM(アデム、急性散在性脳脊髄炎)でした。これは細胞軸索を守っている髄鞘が脱落し、むき出しになった神経細胞が炎症を起こして、視神経障害、麻痺、けいれん、意識障害、運動失調など多様な全身反応をもたらす病気で、ひどい場合は死に至ります。

 彼が頭痛と吐き気を訴え始めたのは8月6日。いつものアメリカンフットボールの練習の最中で、親は脱水症状でも起こしたと軽く考えていました。しかし、クリストファーはその後48時間も眠り続け、異常を感じた親は、8月8日、彼をアイオワ大学児童病院の緊急治療室にかつぎこみます。しかし、その間も彼の状況は悪化する一方で、入院してまもなく、彼は自発呼吸できなくなり、体の左側が完全にマヒする状態となりました。彼は癲癇の治療を受け、11日には脳浮腫をやわらげる手術を受けています。脳圧が高まっため、頭蓋骨の一部を切り取ったようです。しかし危険な状況は変わらず、ライフサポート機器につながれましたが、14日には息を引き取ったのです。

 クリストファーは亡くなる三週間前にHPVワクチンを受けていました。彼の死因、ADEMは、ワクチンの副作用としてよく知られており、Wikiにも「(ADEMとは)ウイルス感染後やワクチン接種後に生じるアレルギー性の脱髄疾患」(急性散在性脳脊髄炎 - Wikipedia)と明記されているし、ガーダシル(HPVワクチン)の「重大な副作用」の一つにあげられています。子宮がなく、子宮頸がんのリスクもない男の子に、HPVワクチンを打つということ自体が間違いで、今回の件が少なくとも男性へのHPVワクチン中止のきっかけになればと考えます。なお本ブログではADEMの過酷な病態について何回か書いた記憶がありますが、見つからなかったのでそのうち。(ガーダシルの日本語添付文書→https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00059715)。

2018.9.23

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1976
この記事に対するトラックバック