WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< RDFの終焉2(みなかみ町のお粗末) | main | トランプ、「温暖化」支持派を科学アドバイザーに指名 >>

台風12号、再発達して中国を狙う?

 

 台風12号。鎌倉では一時風雨が強まりましたが、すぐに日差しが戻り、その後ずいぶん時間が経った後に警報が解除されました。で、他の地域はどうかと調べたら、普通の台風ではありえないような被害が起きた地域もあったもよう。選択と集中ね〜。

 

台風12号高波 熱海で大暴れ、沿岸部に被害相次ぐ
2018/7/30 07:04  http://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/521508.html

 東から西へ進む異例のコースをたどった台風12号は静岡県内に多くの爪痕を残した。特に熱海市では28日夜、台風の影響を受けたとみられる高波で、ホテルなど沿岸部の施設に被害が相次いだ。同市熱海のホテルでは同日午後7時40分ごろ、2階レストランの窓ガラス9枚が打ち寄せた高波で割れたり、ひびが入ったりし、男児(7)と女児(6)を含む宿泊客4人と男性従業員(20)の計5人が足などに軽傷を負った。(中略)窓ガラスは通常、満潮時でも海面から高さ約6メートルの位置にあり、波が届くことはないという

 食事中にレストランの窓が割れて海水が入ってくるなんて、災害ドラマさながら。また駐車場の車約20台が押し流されたホテルもあったようですが、注意すべきは、これまで(おそらく)そのような被害はなかったこと。局部的に異常な高潮がおきたのですね。

 さらに驚いたのは、この台風12号は、風速18m/s超という「台風の規模(風速17m/s超)」を忠実にキープしたまま屋久島の南にまで達したこと。そこから、さらに反時計回りにループを描いて東シナ海を西進し、中国大陸に上陸する予想だそうです・・・それも、南の暖かい海水温の影響でまた勢力を盛り返すとのこと。

 これまでのルートといい、なんというファンタスティックな展開だろう・・・。

 

台風12号 屋久島付近でループ描き再発達も 影響が長引くおそれ ...

https://weathernews.jp/s/topics/201807/300045/ 2018/07/30 11:08 ウェザーニュース

台風12号は30()9時現在、屋久島の西北西約80kmの海上にあって、南に時速20kmで進んでいます。中心気圧は994hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。台風周辺や湿った空気が流れ込んでいる九州の太平洋側を中心に雨が強まっていて、宮崎県国富で1時間に35.5mm、宮崎で32.0mm、鹿児島県佐多で29.0mmを観測しています。

今後は九州の南東側にある寒冷渦が弱まりながら台風に近づくので、各気象機関の予測を見ても、屋久島あたりでループを描くような進路を取りそうです。寒冷渦が弱まることや海面水温が高いことから台風は再発達をし、31()朝には中心気圧が990hPa、中心付近の最大風速が20m/sに達する見込みです。明日31日以降は高気圧の縁を吹く東よりの風に乗って西に進んでいくと見られます。

 

 ・・・各国の気象観測機関の多くが、台風12号の中国上陸を予想しているそうですが、これも超変じゃない? 普通に東進する台風なら、中国に上陸するものも数多くあるけれど、12号って東から来たのよ。それも、日本列島の半分を横断して、普通なら熱帯性低気圧になるところを、ぎりぎりで台風の勢力を保って停滞し、さらに発達して東シナ海を渡り、中国の内陸部まで達する?中国南部は台風や大雨によく襲われますが、中部以北に台風が達する例は、少なくとも私は知りません。
 とにかく普通の自然災害とは思えず、そのルートと目的地を知るほどに不穏なものを感じます。2018.7.31

再エネ | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/08/01 4:53 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1941
この記事に対するトラックバック