WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 激しいけいれんを起こす猫の衝撃映像、ソーラー被害 | main |

エボラワクチン接種、秒読み

 ここ数週間、アメリカ政府メディアVOAは、アフリカ・コンゴで起きているエボラのアウトブレイクのニュースをくりかえし伝えていました。同国北西部では、今年4月以来、エボラで26人が死亡、他にもエボラが疑われる患者が出ているとのことです。

 でも、5月20日のニュースDRC Launching Ebola Vaccination Campaign to Stop New Outbreak By VOA News May 20, 2018)では、コンゴ政府が「エボラの拡大を抑えるために、エボラワクチンプログラムを実施する」と発表したこと、患者からウイルスが同定された地域(Mbandaka)にはすでに4000人分のワクチンが届けられていると報道されていました。

 予想通り。「沖縄はしか」の時と同じように、メディアが急に特定の病気をとりあげて騒ぐ時、その影には「新ワクチン」の実験や売り込みが隠れている場合が多いのです。このプログラムに積極関与しているWHO(世界保健機構)は、「人命救助のためには全面的で迅速な対応が必要」と、コンゴ政府と協力して押さえ込みにかかるようですが、そのための費用は400万ドル以上。

 西アフリカにおけるエボラの流行は、1970年代以来、これが9回目で、前回の2013年の流行は二年以上続き、11,300名以上がなくなったそうです。当時、エボラは、ギニア、リベリア、シェラレオネだけでなく、アメリカにも飛び火し、大騒ぎになったことを覚えている人も多いでしょう。

 残酷な病気です。全身から出血し、嘔吐と下痢で栄養も取れなくなり死に至るというのは、どこかエイズを思い出させますが、私も、エボラもエイズも、研究室で作られた、アフリカをターゲットにした人工生物兵器ではないかと見ており、エボラワクチンが開発されれば、アフリカの人々すべてが接種されると考えています。…つまり、ワクチン開発が主で、エボラは従。「危険な病気」は、実は特定のシステムを創りだすための火付け役というわけ。

 すでにリベリアでは、昨年4月からエボラワクチンの治験が始まっています(Ebola: New Trial Launched in West Africa to Evaluate Three ...201746日)。その研究には、エボラに関する国際組織PREVAC、西アフリカのいくつかの国々、英米仏の政府系研究機関、そしてMerkなど大手製薬会社が関係しており、とてもとてもきな臭い。この実験的なワクチンが、流行地域の住民たちに見境なく接種される事態はそう遠くはなさそうです。2018.6.4

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1925
この記事に対するトラックバック