WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 伊東のメガソーラー、まだ止められる | main | 風車の低周波音被害、裁判所が認める(豪) >>

メガソーラーの健康被害

 もしあなたが、太陽光発電は風車ほど被害はないと考えているなら、それはとんでもない誤解です。私が今かかわっている愛知県新城市のメガソーラーパネルの被害者のチラシ↓を読んで下さい。「再エネ」のあらゆる現場で起きているのは、事前には思いもしなかった被害と破壊。しかも、人体被害はよってたかって「なかった」ことにされている。

~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

発行:横川メガソーラー施設撤去を求める会No.1          発行日20171110

太陽光発電による被害を止めよう!!

横川中組(愛知県新城市)の嘆き

 私たちが住む新城市横川中組に、大規模な太陽光発電所が設置されたのは、201610月のことでした。地権者も住民も、「地球温暖化を防ぐ」「遊休農地の利用」「悪いようにはしないから」などの言葉につられ、地域にとって良いことだと信じて契約書にハンコを押してしまったのです。しかし、メガソーラー設置後、それらの説明はすべてウソであることがわかりました。住民はだまされて公害を押し付けられる一方、事業者は利益を得、被害者の苦しみに目をつぶっています。そのことに、住民はみな、深く憤っています。

 

太陽が二つある

 6000屬療效呂防澆詰められた1728枚パネルは、すぐに私たちの環境・生活に悪影響を及ぼし始めました。反射光、熱による気温の上昇、クーラーを多用するため電気料金が上がる、異臭(大量にまかれた農薬によると思われる)、濁水・・・中でも反射光のぎらつきと熱はすさまじく、この夏は太陽が二つも三つもあるのではないかと思えるほどの暑さと光に悩まされました。住民には以下のような異変が現れており、病院通いを始めた人もおり、引っ越すしかないと訴える世帯も出てきています。

  • 反射光による目の痛み、視力低下

  • 暑さとストレスによる不眠、疲労

  • 劣化した防草シート飛散によるぜんそく、アトピー性皮膚炎

  • 低周波音被害による不眠、頭痛

  • ペットの皮膚病

 

業者は何もしてくれない

 緑に囲まれて穏やかだった土地が、メガソーラーによって住み続けられないほど危険な場所になってしまった以上、施設をすべて撤去してもらうしかありません。そこで、私たちは何回も事業者に撤去を求めて交渉し、行政にも指導を要請しました。しかし、業者は、反射光をさえぎるためとして衝立を設置し、植樹を行っただけです。この衝立には何の効果もないどころか、台風のたびに恐ろしい大きな音を立て、私たちをおびえさせています。行政はこの事業について何一つ説明できず、逃げ回っているだけです。

 このままではいけないと、この115日、横川区全体で問題に立ち向かうべく、緊急役員会を開催しました。まず区長が市役所に健康被害の実態を訴えに行きます。

 

ソーラー発電で消え行く私たちの郷里

 新城市では、今、農地転用届けが出されている土地のほとんどが、(規模はともかく)ソーラー発電用地として利用されようとしています。特に、高齢化によって遊休農地が増えている地域にあっては、農地はどんどんソーラー発電所に占領されることが予想されます。このままでは、郷里の風土も、私たちの良好な住環境も消えてゆきます。

 

問題が起きてからでは遅いのです

 このチラシを読まれた方、どうぞ、再エネ計画やソーラー計画の「問題」を知ってください。そして、もしご自宅の周辺に同じような計画があれば、今のうちにそれを止めるよう、行動してください。私たちは、建設された後になって、初めて、メガソーラーが実は公害施設であること、そして、問題が起きても誰も何もしてくれないこと、被害者を救済するシステムはまったくないことを知りました。建設されてからでは遅いのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 ところがこのチラシをまいてから、被害者たちは「勝手なことをした」と地域から批判される羽目に。もちろん被害は否定され、それだけでなく、役所や地元民から何度も「あのジャーナリストと手を切れ」と言われているそう・・・はい、「あのジャーナリスト」とは山本のことです。この時代錯誤、封建性はちょっと話にならないほどひどいので、現地で「再エネの実態を知る」集会を考えています。風力やソーラーの被害に悩んでいる人、ぜひ山本に連絡を。発言の機会を設けますよ。2018.3.6

 

再エネ | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/04/02 10:55 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1909
この記事に対するトラックバック