WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 24日のワクチン講演会について | main | 米子産廃、出来合い「専門家会議」の茶番 >>

今日、名古屋でHPV被害者支援の集会

山本@桑名です。昨日の講演ではHPVワクチン被害者家族が参加され、被害者が経験した(現在進行形)すさまじい副作用について語ってくれました。その被害者たちを支援するための組織が各地でできているそうです。今日は名古屋でもその設立総会があるというので、山本もこの会を取材しようと思います。HPVワクチン問題は決して被害者とその家族だけの問題ではありません。あなたも時間があればぜひご参加ください。2018.2.25

 

名古屋訴訟支援ネットワーク設立総会のご案内

■日時:平成30年2月25日(日)13時30分〜15時30分

■場所:桜華会館(名古屋市中区三の丸1丁目7-2)

※チラシはこちらからダウンロードできます。

※桜華会館の地図はこちらからどうぞ。

※開場:13時00分

※終了後にお茶会(会費300円)も予定しております。

 事前申込み不要です。

 平成 28 年7月に全国一斉提訴が行われたHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)薬害訴訟。被害を受けた少女たちは、通学や就労が困難となり将来の見通しが立ちません。過去の薬害訴訟と同じように、いま彼女たちは市民からの支援を必要としています。
 「HPVワクチン東京支援ネットワーク」など各地で支援組織ができつつあるなか、東海・北陸地区でも、私たちが呼びかけ人として『HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワーク』を立ち上げることとしました。

 多くの方のご参加を心よりお待ちしています!

【HPVワクチン名古屋訴訟支援ネットワーク 呼びかけ人】(順不同)

  • 加藤考一(薬剤師)
  • 金田和子(薬害肝炎全国原告団名古屋支部代表)
  • 宮井留志(薬害肝炎全国原告団名古屋支部副代表)
  • 三木裕之(全国B型肝炎訴訟名古屋(愛知・岐阜・三重)原告団幹事)
  • 神田沙也加(薬剤師)
  • 長南謙一(大学教員・薬剤師)

【本件のお問い合わせ先】

高岡・石塚法律事務所 電話:052-212-8006

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1901
この記事に対するトラックバック