WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 小さい人々の大きな勝利 | main | ジョン・マドックス賞で巻き返しをはかるHPVワクチン >>

十代の男の子、HPVワクチンで死亡(米)

   年明け早々、悲しいニュースが入ってきました。

アメリカ・ユタ州のHPV被害者のコルトン・べレット君(17歳)が亡くなったのです。

彼については本ブログでも男の子もHPVワクチン被害に (2016/08/22) として紹介しました(ぜひ、もう一度、ビデオとともに見てください)。彼を取材したVAXXEDチームのビデオは世界中でかなり話題になり、HPVワクチンへの大きな警鐘になったようです。

その後の彼は順調に回復していると思っていたのですが、訃報とは。

 

写真はGoFundMe pageから

家族から正式な発表はなく、上記サイトに次のような声明が出されているだけでした。

「べレット家を代表して、私たちはGoFundMe pageにコルトン・べレットの葬儀費用の口座を設けました。

コルトンは、活動的で冒険をこよなく愛するティーンでした。

戸外活動が好きで、よく家族や友人とキャンプしたりモーターサイクルに乗ったりしたものです。

しかし、数年前、HPVワクチンを接種して以来、彼の生活は永遠に変わりました。

彼は何ヶ月も入院し、毎日、回復のために休みなく治療を受け続けました。

彼はもう一度、歩き方を学ばなければならず、それまでとまったく違う日常動作をこなさなければなりませんでした。なぜなら彼の肺や首、右腕の機能は決して十分に機能することができなかったからです。左腕はほんの少ししか動かず、呼吸するために気管に換気装置をつけなければなりませんでした。

 でも、コルトンはそれにめげませんでした。彼は映画「VAXXED」チームの取材を受けたとき、自分の経験を語り、ワクチンによる有害事象の危険性について注意を呼びかけました。このビデオは世界中に放映され、たくさんの人に強い印象を与えたのです。

悲しいことに、多くの子どもたちがこのワクチンで被害を受け、突然死を招いています。

コルトンは十分に自分の生を生きることができ、最後に病気で命を奪われるまで、何年間か生き延びる幸運に恵まれたのです。」

 家族、特にお母さんの悲しみはどんなでしょう・・・

 コルトン君、安らかに。どこかで残された人々を見守ってね。2018.1.9

.

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/06/19 12:54 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1888
この記事に対するトラックバック