WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 全米初のペットボトル水販売禁止! | main | メキシコ湾の原油汚染とBP社の責任 >>

がんの原因は環境汚染だった

 ガンの原因は、遺伝でも体質でもなく、「環境汚染のせい」! これは多くの人が持つ直感だと思いますが、最近、これは「仮説」ではなく、事実であることを示す報告がぞくぞく出ています。

 つい先日,米のNGOのサイトで、アメリカの「大統領ガン諮問委員会」が、「化学物質の脅威」を強調した200ページの報告書を出したことを知りました。http://safecosmetics.org/article.php?id=641

 この手の機関は、普通、「早期発見が大事、定期健診を」と呼びかけるのがおち。ところが、1971年に設立され、アメリカ・ガン学界の最高権威とされるこの委員会は、「原状を直視し、化学物質にもっと厳しい規制をかけるべきだ」と求めているというから、私も驚きました。

 特に強調しているのが、妊娠中に化学物質に暴露しないこと。この時期の胎児へのリスクが一番大きいからです。生まれた赤ちゃんのヘソの尾にも、多くの化学物質が発見されているのはよく知られていますが、この報告は、赤ちゃんは生まれた時から「すでに汚染されている」と。 アメリカでは特に小児ガンが増えているといい、その理由は、あまりにも多様な化学物質が、生活に氾濫しているせいかもしれません。

 報告はまた、法律の規制が弱い、きちんと執行されない、たてわり行政を批判し、化学物質は「有害性が証明されない限り、安全」とされている現状を変えるべきだと述べています。つまり、ヨーロッパにならって、REACH制度を作れ、ということですが、とにかく、アメリカでは何かが変わりつつあるようです。
 
 なおこのNGOのサイトでは、がんを避けるために、次のような注意をよびかけています。
1妊娠した女性は化学物質に被爆しない〔特に、農薬は禁忌です〕。食べ物、洗剤、家庭用品は、より毒性の少ないものを買うようにする。
2毒物を扱う職場では、帰宅した時に靴を履き替え、服を家族と別にして洗う。
3水を濾す、水はガラスのコップで・・・・・・
 詳しいことはこちらをwww.healthystuff.org.

2010・5・21
農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/186
この記事に対するトラックバック