WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワクチン強制反対デモ、全国に広がる(イタリア) | main | 今週末、三重と愛知のワクチン講演会のお知らせ >>

まさに医薬ファシズム、イタリアワクチン強制の中身

 イタリアのワクチン強制の情報が続々と入っています。以下、http://www.greenmedinfo.com/blog/italy-facing-unprecedented-mandatory-vaccine-pushをもとにした山本の箇条書きのまとめですが・・・まさに医薬ファシズム、とんでもない中身です。

★今回の「ワクチン強制」は、2015年、イタリア政府AIFA(=厚労省)が突然打ち出した、2016〜2018の四年間の「国家ワクチン計画」A 2015 government planにもとづくもの。

★この計画に対しては、国民の間から「ウラで大手製薬メーカー」が手をまわしたのではないかとの疑惑がささやかれていた。

★そのためか、AIFAはこの計画の立案者の一人だったセルジョ・ペコレッリ氏ーー大手製薬メーカーと利益相反関係にあったーーの理事長就任を見送っている。

★また、大手製薬のグラクソ・スミスクラインも、2015年、今後イタリアに10億ユーロ以上を投資する invest more than €1 billion in Italy と発表していたことも、この「製薬メーカーの暗躍」を裏付けているようだ。

★ この五月、ジェントリーニ首相とロレンズイン厚労相が、「疾病予防における緊急方策(=ワクチン強制)」を提案したのも、これらの「下準備」を受けてのこと。閣議はこの法令を了承した。

★ワクチンの免除、あるいは時期を遅らせての接種が許されるのは、医者や小児科が本人の健康状況との関係をはっきり認めた場合だけで、それも文書による証明が必要とされている。

★しかも、法令の全貌はいまだに公表されていない(!!)。

★政府健康省のサイトにアップされている法案の「主要な方策」は 以下のとおり(これがひどい!)

  • ワクチンを拒否した親は、法令に従わなかったということで500~7500ユーロの罰金が課せられる
  • ワクチン接種義務を果たさなかった子どもの親あるいは親権者は、地方保健所によって、親権停止を審議する少年裁判所に報告される
  • 義務接種を受けなかった子どもは公立・私立を問わず、学校に入学できない。児童保育所も同様とする。
  • 本法令は次の学期(2018年)から施行される

★強制接種されるワクチンは以下の通り:

  • ポリオ poliomyelitis
  • ジフテリア diphtheria
  • 破傷風 tetanus
  • B型肝炎 hepatitis B
  • 百日咳 pertussis
  • ヘモフィルスインフルエンザb型菌感染症(Hib) Haemophilus influenzae type b
  • B型、C型髄膜炎菌症 meningococcal B & C
  • はしか、おたふく風邪、風しん measles, mumps and rubella
  • 水ぼうそう varicella

 接種拒否者に罰金を課すというのは、戦後すぐの日本でも実施されていました。しかし、予防接種被害者への補償はまったくなく、当時のワクチン被害者は完全に闇の中に置き去りにされたのです。予防接種の歴史は決して「誇るべき歴史」ではなく、むしろその逆。今回のイタリアの強制ワクチンも、その黒い歴史の一ページになるのでしょう。

 一番驚いたのは、この強制ワクチン法の中身は、「成立」した後でないと公表されないということ。これは、イタリア政府は業界に政策を白紙委任するという意味で、TPPとそっくりじゃない。これだけ見ても、イタリア政府は、彼らの義務ーー人民の委託を受けて、人民のためにーーを忘れ去り、「法治」も投げ捨てており、すでに政府として崩壊していることがわかります(日本もそれに近い)。・・・これじゃ、イタリア革命が起きても不思議はないでしょう。

 また、見過ごせないのが、イタリア政府は、初め、ワクチンを拒否した親から子どもを引き離し、それこそ児童相談所に入れるとまで宣言していたとのこと。この発言はすぐに撤回されたようですが、実際に法律に書き込まれているかどうかは、法律が成立した後でないとわかりません。

 もっと悪質なことに、イタリア政府は、ワクチンの危険性を伝えている医師らを告訴できるような方策を考えているということです。実現すれば、医薬産業界は大喜び。「ワクチン・ポリス」が嫌がる子どもを押さえつけて、ワクチンを打ちまくるシーンが普通になってしまうでしょう。

 まさか、インターネットの時代にこういう中世の黒魔術的な医療ファシズムが再来するとは。

「医療の自由」を夢物語にしないように、イタリアの人々に戦ってもらいたい。そして、私たちもそういう事態にならないように、そなえておきましょう。2017.6.17

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1817
この記事に対するトラックバック