WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワクチンとオバマケア | main | 米子産廃処分場、新市長への「要請書」 >>

米子市の産廃講演会、そして市役所で「監視」された件 

 米子市の「産廃講演会」、無事に終了しました。来場者数450人以上! スタッフも30~40人いたのではないでしょうか。

 主催者や協力団体が精力的に参加を呼びかけた成果でしょう。参加者のみなさま、スタッフのみなさま、ありがとうございました。

 

 今回の講演は、「事業者側の主張」のウソを知って、きちんと反論できるようになりたい!! という声にこたえて「法律解析」を主体にしました。法律のことを知らない方には難しかったかもしれませんが、淀江産廃処分場事業のウラにはどれだけ「違法性」が隠されているか、ある程度おわかりいただけたのではないかと思います。講演の様子は、今後、「水の会」で動画を流すそうなので、わかり次第、このブログでお伝えします。

 

 昨日、22日には米子市で記者会見を行い、その後、新市長に要請文を渡しました。市長は不在で職員が受領。

 その後、二ヶ所で文書の公開請求をし、引き上げようとしたとき、メンバーの一人が、遠くから私たちをずっと「見張って」いる男性がいるといいます。すぐにその男性のところに行くと、秘書課の名札をつけています。やりとりすると、すぐに私たちを監視していたことを認めました。秘書課に再度行って、抗議しましたが、新市長の下でも米子市はちっとも変わりません。水を守る市民の戦いはこれからも続きます。2017.5.23

 

 

ごみ問題(ごみ焼却反対) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1809
この記事に対するトラックバック