WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 工作員情報?第2弾 | main | はしかワクチン、怖いぞ、副作用 >>

欠測、さしかえ、火消しー何でもありの中部地方の高線量問題

 工作員のちょっかいで中部地方の「なぞの高線量」のフォローが中断されましたが、4月9日以後を線量ウオッチャーのツイッターから紹介します。古い順。無断で編集しているので、原文及びデータ、地図は元サイトを見てね。

 まず、この線量の異常を記録していたのは、民間測定所だけではありませんでした。揖斐川町では核融研の実験が開始された3月7日以来、じりじりと線量があがっていることがわかります。(なお、原文が妙なタイトルになっていたので「さしかえ」ましたが、これは山本のうっかりミスです。) 

 

4月   4月9日

 岐阜の核融合施設による周辺の放射線量の上昇は 行政のモニタリングデータを見ても明らか。 とくに揖斐川町は3月7日から確実に異常な上昇。 健康被害が出ても不思議ではない。 住民は今これと比較して 日付と体調をメモしておいたほうがいい。

がれき・核・原発 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1784
この記事に対するトラックバック