WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 腸重積とロタワクチンの関係 | main | 中部地方の高線量、継続中 >>

緊急のお知らせ、中部地方で2.6μSv/hの線量が出ています

今朝、知ったニュースです。

 名古屋周辺の一住民が、4月5日から、とんでもないスパイク(高線量)を伴う放射線が、間歇的に出ているのに気づき、ツイッターで注意を呼びかけています。「間歇的」で思い出すのは、やはり岐阜県の核融研のプラズマ実験ですが、そこで何か起きているんではないかというのが、このツイ主の推測(私もそう思います)。その最近のページをコピーしますが、中部地方にお住まいの方、外に出ず、できればコンクリート建物に避難を。お知り合い、ご友人にもこのことを伝えてあげてください。

 

4小时前

回复

どうしたんだ? いよいよ核融合施設の裏から手がまわったか? 名古屋の周辺、 民間の放射線量の情報が 2.60μSv/hの危険をマークしてから数値が表示されない。 あの位置の表示は? アラートなのか? 2017年4月9日11時17分。

【やはり!政府公表のモニタリングデータは10倍に薄められている!】 2017年4月8日、愛知県の欠測‥ 必死で何かを隠そうとしても無駄だ。 三重四日市で観測される異常な放射線量のピークが 岐阜、名古屋の行政のグラフに出た上昇の時間と ほぼ完全に一致する。

 

政府が許容しているのは、0.23μSv/hであることを考えれば、この数値がどれだけとんでもないことかわかるでしょう。

みなさま、核融合研やお住まいの市町村に問い合わせの電話.を。これは冗談ではありません。2017.4.9

がれき・核・原発 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2017/04/11 9:14 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2017/04/09 9:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1780
この記事に対するトラックバック