WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 鳥取県:湧水地に産廃処分場 | main | 子宮頸がんワクチン、勧めたのは市町村? >>

米子・産廃問題講演会

   山本@米子です。今は「淀江産廃処分場問題」に取り組んでいますが、私を呼んでくださった大山ふもとの自然環境と米子の水を守る会 | Facebookから、26日の講演を聞いてくださった方の感想を紹介します。

 

環境ジャーナリスト<山本節子氏講演会>〜「産廃って何だ!?」」に写真11件を追加しました。

淀江に建設計画が進められている産廃処分場問題の核心ーー何故予定地の所有に関して、米子市長と県知事が回答しないのかが、この一か月現地入りして調査にあたった山本氏によって暴露された。それは天下り首長の二人が、半分は米子市所有の土地であることを隠した上、それを横流しして、新しい天下り先となる環境事業センターに利益供与しようとしているという驚くべき内容である。
このことを隠蔽すべく県のトップ達は口裏合わせをして、平気で住民に嘘をつくと氏は訴える。
官僚制国家権力が、地方を飲み込む縮図そのものである!

そしてこれから住民ができることとして、使える法律、米子市に「地下水保全条例」の制定を目指す事、下流域の自治会を巻き込むこと、県手続条例の廃止を求めることをレクチャーされる。これまで多くの全国の無駄な公共事業を差し止めてきた氏の、核心を突くはぎれの良い内容に勇気づけられて、集まった160名は、最後シュプレヒコールで気勢をあげるー.*地元TV局の取材で、どこまで踏み込んでこの内容を伝えるのか注目

 

 地元メディアは、この内容を伝えようとしません。特に地元で最も読まれている「日本海新聞」は、まったくこの件を載せないどころか、「産廃計画はすでに決定した」かのようなイメージを与える報道をして、反対団体が抗議を申し入れたほどだそう。

 これは、地元の人々を完全に無知な状況に置こうという、メディア戦略。

 地元のみなさん、どうぞ、この問題を正面から取り上げるよう、報道機関に圧力をかけてください。それでも書かないようなら、そんな新聞は購読中止すればいい。ネットには報道機関よりはるかに大量で良質の情報があふれていますから。

山本は今日、帰京します。2017.3.2

 

ごみ問題(ごみ焼却反対) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1759
この記事に対するトラックバック