WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワクチン狂のビル&メリンダ・ゲイツに「自由勲章」! | main | kk >>

デ・ニーロのトランプ批判、演技?

 前記事「大統領自由勲章授与式」続き。私はTV,新聞を見ないので、こういう↓ニュースが流れていたのを今日になって知りました。

トランプ氏批判のデ・ニーロさん、今の思い直撃

 ・・・文民では最高位となる大統領自由勲章。今年はスポーツ界や映画界、音楽界などを代表する21人が選ばれました。大統領自由勲章はアメリカの安全や文化活動などに貢献した人物に毎年授与され、今年は俳優のトム・ハンクスさんや元プロバスケットボール選手のマイケル・ジョーダンさん、マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツさん夫妻らが受章しました。受章者の1人、俳優のロバート・デ・ニーロさんは、今回の大統領選でトランプ氏について、「彼は明らかに馬鹿だ」「彼の顔を殴ってやりたい」などと厳しく批判し、話題を呼びました。授与式の後、デ・ニーロさんに今の気持ちを聞くと・・・

「まだトランプ氏を殴りたい?」

「あれは象徴的な意味だった。彼の言うようなことを聞いたら誰だって彼を殴りたいと思うだろう。でも、今では彼が次期大統領。彼がすることを見守るだけだ」

デ・ニーロさんは、「皆のためになるように国を導いてくれることを願っている」と話しました。

 動画はここ→https://www.youtube.com/watch?v=xAgQz4cSyic 

 いや〜、デ・ニーロが以前からトランプを批判していたとは。

 これは「オバマ・ヒラリー支持、ワクチン支持」という意味だから、彼が「Vaxxd」上映を拒否したのも、その結果、勲章をもらったのも当然だったわけで、これほど「ハリウッド=政界」の構図をよく物語るものはありません。また、奇妙なことに、上の記事の見出しでキーワード検索をかけると、出て来た記事は2016年11月22日〜24日のものーーつまり、ヒラリーが大統領選で敗退後のタイミングーーばかりでした。これは、選挙結果に危機感をおぼえた反トランプ派が、すぐに有名人を使った「トランプ叩き」のシナリオを用意し、最適のアクターとしてデ・ニーロを選んだのだろうと推測できます。記事の日づけは、このような「仕込み」が、今に続いているという意味ですね。

 なお、デ・ニーロのの他にはレオナルド・デ・カプリオがヒラリー支持で批判されていました。俳優やタレントは、こうして政権のために働きます。一般人は彼らの演技に簡単にだまされてしまうもの。そこを狙って上演されるのが「フェイク・ニュース」であり、その目的も一般人をだまくらかすこと。・・・この点については別ブログhttp://mirushakai.jugem.jp/を見てね。2017.1.17

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1728
この記事に対するトラックバック