WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 厚木爆音訴訟、住民敗訴 | main | 子宮頸がんワクチン、今度は一歳児がターゲット? >>

厚木基地の爆音

 前記事の続き。厚木基地の戦闘機の離発着を撮影した動画(約15分)があったので紹介しときます。映像はとてもクリアで、機体に装着された爆弾がはっきり見えます。音もきっちり記録されているし、おそらく戦闘機ファンの作品でしょう。

厚木基地の実況10時間、戦闘機の離陸と着陸を朝から夜まで。2014年12月22日 2014/12/29 に公開

朝8時から18時までの主な戦闘機・哨戒機の離陸と着陸を15分に凝縮。
【登場する飛行機たち】
米海軍(CVW-5)
 ・F/A-18
  VFA-102 ダイヤモンドバックス(D-Back)
  VFA-27 ロイヤルメイセス(Mace)
  VFA-115 イーグルス(Taron)
  VFA-195 ダムバスターズ(Chippy)
 ・E-2C
  VAW-115 リバティベルズ(Liberty)
海上自衛隊
 ・P-3C
 ・SH-60

 

 でも、毎日、四六時中、こんな音を頭から浴びせられている人々はたまったもんじゃありません。いまだにタッチ&ゴー訓練も行われているとは・・・航空機の騒音はまちがいなく公害です。軍事基地の騒音となると可聴音だけでなく、音としては聞こえない低周波振動も四六時中発生していることでしょう。でも国は住民に被害を我慢しろ、と言っている。2016.12.11

再エネ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1704
この記事に対するトラックバック