WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 子宮頚がんワクチン記事「捏造」とされた教授が名誉毀損で提訴 | main | 被害者がつづる『風力発電の被害』本 >>

男の子もHPVワクチン被害に

 HPVワクチンの被害者は女性だけではありません。

 つい最近入ったニュースですが、13歳の少年、コルトン・べレット君は、今年1月にガーダシルを接種後、その副反応により首から下が麻痺して動けなくなる事態に陥りました。その後、毎週4,5回、一回何時間にもわたるさまざまな治療のかいがあって、しゃべることも、手を動かすこともできるまでになりましたが、今でも呼吸器なしでは生活できません。下はそのインタビュー・ビデオですが、彼は弱々しい声ながらちゃんと自分で答えています。

 

 

 当初のひどい状況(写真提示)を見ると、ここまで回復できたのは、本人の生命力の強さと必死の治療のおかげだと感じます。でも、最後の部分を見ると(14分ごろから)、彼はもともと、スキーやスカイダイビング、モトクロスもこなすスポーツ万能少年だったこと、HPVワクチンは、その彼の能力を完全に奪ってしまったことがわかり、胸がつまります。まだ13歳・・・

 納得できないことは、これほどHPVワクチンのリスクが叫ばれていたにもかかわらず、母親がなぜ接種させたかということ。

 その母親は、「私は無知すぎたわ。医師が言うことはなんでも正しい、彼が勧めることに間違いはないと信じていた」と述べていますが、現代社会は、いろんな問題に目を向けていないと、子どもを守れないのです。少し慰められるのは、彼にワクチンを接種した医師は、この件をCDCに報告した後、男の子への接種を中止し、女の子にも(副反応が出ることを)注意するようになったということからです。珍しく責任感を自覚できる医師だったのでしょう。

 なお、このケースは、本人と母親が映画VAXXEDを見に来て「スピークアウト」したことから明らかになったもので、ビデオを撮影しているのもVAXXEDのチーム。トライベッカ映画祭での上映を拒否されたVAXXEDは、現在、各地で上映会が続いていますが、その場で、こうして「ワクチン被害者」が名乗り出るケースが続いているそうです。 2016.8.22

http://vaccineimpact.com/2016/13-year-old-boy-becomes-paralyzed-from-neck-down-after-gardasil-hpv-vaccine/

August 20, 2016
ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1640
この記事に対するトラックバック