WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 怪しいワクチン検討会 | main | パスツール社、ワクチン回収 >>

アコンカグアの雪

 南北アメリカ大陸最高峰のアコンカグア、標高約7千メートル。
・・・と聞くと、誰だって、汚染とは無縁の、清純な雪の峰を思いう
かべます。ところが、6200メートルの雪のサンプルを 分析したと
ころ、そこにもPCBが含まれていることが発見されたのだそう。
慄然とするニュースですが、PCBははすでに、ヨーロッパやカナダ、
南極の山岳部でも見つかっているそうです。
http://news.yahoo.com/s/livescience/
20091210/sc_livescience/snowathighestelevationsnolongerpure

 
 人工の有機化合物であるPCBは、ダイオキシンの一種であり、
発ガン物質として知られています。アコンカグアで見つかったのは
1リットル中0・5ナノグラムで、イタリア・アルプスなどの四分の一
ほどの低レベルだそう。でも、そんなものが、いったいどうやって、
人跡まれな高地や氷の大地にやってくるのでしょう?

 焼却炉や工場、自動車排ガスから排出された汚染物質のうち、
ごく微小な粒子(S PM)は、非常に軽いため、地上に落ちることな
く、長距離を移動し、やがて高山などにひっかかって、そこに落ち
るのです。高山が汚染物質をキャッチするトラップになっているの
ですね。

 排出源からうんと遠くまで汚染を運ぶのが、POPs(ポップス、
難分解性有機汚染物質の英語表記の頭文字)の大きな特徴で
あり、POPs条約が生まれた理由もそこにあります。記事では、
温暖化で氷河が溶け出すと、高山の汚染物質が河に流れ込み、
流域の植生や動物(人間を含む)に重大な健康被害をもたらす
可能性が高いとも指摘。

 身近な汚染や公害を阻止することが、地球という大きな環境
を守ることにつながるようです。今、コペンハーゲンで開かれて
いるCOP15会議のおかげで、CO2削減にさらに大きな注目が
集まっていますが、大気中に増えているのはCO2ばかりでは
ありません。なのに、なぜその他の汚染物質のことは話題にな
らないのでしょう。2009.12.12
農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック