WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< アメリカの老朽原発ーーそこで何が起きているのか | main | 原発「新規制基準」、やっぱりおかしかった >>

バナナ共和国と多国籍企業

 環境保護活動家の暗殺(ホンジュラス) (03/04)の続報が入っています。
 ベルタ・カセレスの暗殺後、その場に居合わせて負傷したメキシコの著名な環境活動家、グスタボ・カストロ・ソト氏の安否が世界中で懸念されていました。彼のこれまでの活動歴から、この暗殺は二人を狙ったものであることはあきらかで、このまま軍事政権下のホンデュラスにとどまっていては危険だったからです。
 その後、いろんな救出作戦が展開されたようで、彼とそのチームは、なんとかテグシガルパ空港までたどり着いたのでした。そこで、待っていた駐ホンジュラスメキシコ大使と領事と別れのハグを交わし、通関に差し掛かった時,ホンデュラス政府関係者が現れ、彼を引き戻そうとしたのです。メキシコ大使らはこれに抗議し、大騒ぎとなったのですが、結局彼は市内に戻され、メキシコ大使館で保護下におかれているとのこと。
 ホンデュラス政府は、彼を出国させないために、手回しよく「移動(出国)警告」を出していたのです。その理由は、彼の証言(declaration,とある)がまだ終わっていないからで、彼は事件が起きた町に戻るよう求められているとか。しかし、ホンデュラスはもともと「バナナ共和国」のひとつ。国を仕切っているのは多国籍企業です。2009年の軍事クーデの裏も先進国の多国籍企業が黒幕として指令を出していたのは有名な話で、このクーデタ以後、一挙に「外資」が流入し、開発が激化するのですが・・・それに対し、声を上げる人々、中でも運動のリーダーは、しょっちゅう脅迫を受け、殺されています。日本人が知らないだけで、南米の人々はすでに臨戦態勢に入っているんだなあと思いました。
 人権保護団体は、ホンデュラスの人権委員会にグスタボの一刻も早い出国と、必要な「手続き」はすべて大使館内で行え、と、市民が電話(504) 2231 0204するよう呼びかけています。2016.3.7

(参考)
Gustavo Castro Soto Bio | Other Worlds

International call to condemn the murder of indigenous …

http://miningwatch.ca/blog/2016/3/3/urgent-action-urge-immediate-protection-gustavo-castro-injured-during-assassination
Chiapas Murder Draws Criticism of Canadian Mining in ...
国際問題、私の見方 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1545
この記事に対するトラックバック