WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「ジカ熱」に関係していた日本企業 | main | ジカ熱が4類感染症に >>

ベトナム風物

 「ジカ」の続きがなぜか「下書き」から消えていたので(操作ミスとは思えない)、気を取り直して、今日はちょっとだけベトナム南部の風物を紹介します。
 今回はテト(旧正月)の時期だったので、メコン川の水上マーケットはお休みでしたが、その代わり、静かですばらしいデルタの風景を満喫しました。ミトーでは、メコンは大きくは9つに分流し、大きな流れにはたくさん島があり、それぞれに数百〜数万人の人が生活しています。私たちはエンジン付きのボートで、幅3キロの流れを横切り、小さいボートに乗り換えて、島の水路に分け入りました。水路の両側は深いジャングル。そこかしこから鳥のさえずりが響きわたり、ずうっと滝のような音がしていました。ちょうど干潮時で、土地を潤していた水が川へと戻る音だったんですね。


 メコンの川の赤い色は、汚れているわけではなく、この地域の赤土が溶け込んでいるからです(中国の黄河が黄土高原の土のせいで黄色いのと同じ)。人々はこの水で洗濯したり、掃除したり、水浴びしたりしていました。雨季になると川の色はもっと赤くなるそう。海水と淡水が入れ替わる汽水域にはマングローブなど独特の植物が多く見られますが、上の写真の水路を囲むように生えているのはウオーター・ココナツ(ニッパ椰子)。干満の差が激しく、満潮の時は水が一メートルほどもあがるとか。


 橋が少ない代わりにいろんな「渡し舟」が活躍していました。通学も通勤も買い物もみんな船。ガイドによると「結婚式も葬式もみな川の上でやるんだよ」。
 上の写真は観光客用のボートですが、下りは流れに乗りノーエンジンでも大丈夫でした。船の両脇に飾られた菊の花は、日本の門松と同じ新年を祝うものです。黄色が好まれるようで街には梅に似たホアメイ、マリーゴールドやひまわりなどの花市があちこちに立っていました。気温は連日33℃ほど・・・さあ、明日は寒い日本に帰るぞ。2016.2.16

日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1528
この記事に対するトラックバック