WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< GSK社、ワクチン接種中止を求める | main | 新型インフル、異常行動 >>

濃霧の長江

 中国には「霧」が多いことをごぞんじでしょうか?
「濃霧注意報」が出たら、ほんとうに要注意。旅行者、ビジネ
スマンは特に。極端に視野が悪くなるので、飛行機、バス、
船などがストップすることが多いからです。
 26日に発生した濃霧は、比較的短い時間で消えましたが、
それでも長江河口は視界が200メートルほどになり、1000隻
の船が足止めされました。海事所が「緑色通道」を確保して、
超大型船舶や危険物を積んでいる船を優先して停泊地に誘導
したということです。今年は4月にも大濃霧が発生しました。



(ウェザー・コムの安徽省の写真です。こうなると、外出も危険)
 
 私の住む南京でも霧が濃く、高速も視界が20メートル以下で、
終日閉鎖されました。TVでは長時間の戸外運動を避けるよう呼
び呼びかけています。PMが付着しているのでしょうね。日本でも
同じ注意が必要です。
 でも、交通機関はともかく、日常生活はいつもと変わりなく、の
んびりムード。昔、ロンドンのハイドパークで濃霧の中を歩いた
時は、切り裂きジャックが出てきそうな恐怖に襲われたのですが。
南京だより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/149
この記事に対するトラックバック