WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 美女たちの抗議活動 | main | GSK社、ワクチン接種中止を求める >>

深夜の炭鉱事故

 私が住む南京はこの秋、歴史的寒冷に見舞われています。
十一月に雪が降り、以後、−1℃〜1℃という寒さが続きま
した。隣の安徽省では雪のため200万戸が停電、6日ぶりに
復旧しています。南京でもこのままでは天然ガスが不足する
と、市は「節約」を呼びかけています。

 そんな寒さの中でおきたのが、黒竜江省鶴岡市の新興炭
鉱のガス爆発事故でした。死者は24日朝までに104人。
石炭は中国最大のエネルギー源であり、毎年、実に多くの
地下ガス爆発、落盤事故が起きています。そこには、急成
長する経済の需要に応えるため、無理な坑道拡大や違法
掘削など、事故を起こしやすい条件が多々あるようで、ここ
も例外ではなかったようです。

 事故がおきた11月21日深夜、地底では五百人以上が
働いていました。しかし、11月16日、ガスの検査員が地
底のガス濃度の高さに気づき、17日に全労働者を引き上
げる予定だったといいます。それが実行されず、多くの命
が奪われたのでした。検査員6名も犠牲になっています。

 三井三池炭鉱の爆発事故を思い出してしまいました。日
本ではエネルギー源を石油に切り替えてから、炭鉱事故は
過去のものになりましたが、それまで何度このような事故が
おきたことでしょう。でも、政府の対応は日本とはえらく違い
ます。最高検察院はすぐに特別調査員を現地に派遣し、国
務院も23日に全体会議を開き、企業の事故責任を厳しく
批判しているのです。

 都市へ電力を送るために、深夜の坑道で命を失った方々
に弔意を表します。私たちも経験と知恵で、やがて来るエネ
ルギー不足に備えないといけませんね。

下は21日のビデオです。最初が爆発事故、二つ目のニュースが「寒流」。ttp://space.tv.cctv.com/video/VIDE1258811153001887
南京だより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/147
この記事に対するトラックバック