WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< TPP条約の中身が発表されました | main | 徳島市、佐那河内の広域ごみをあきらめ、単独整備に >>

TPPを公開させたNZ市民の底力

 TPP問題の続き。この件は明確な「政治問題」なので、基本的には別ブログ南京だより
mirushakai.jugem.jp/で書きますが、環境・人権問題にも及んで来るのは必至なので、
時に応じてこちらにも書きます。
 今日、その別ブログで、現時点でTPP全文を公表したのはアメリカのシリア地上戦から目を
そらすためではないか、と書きましたが、実は、ニュージーランドでは、何ヶ月にもわたって
人々の強い抗議運動が続いており、それに押されて「時期を選んで発表した」ようです。



  上の写真は8月15日にオークランドで行われた反TPPデモ、真冬にもかかわらず1万
人が集まったとのこと。
出典⇒Thousands march against TPP trade agreement | Stuff.co.nz
 上のサイトには短い動画や写真もたくさんあるので、見てください。
 NZは私の好きな国のひとつ(一回しか行っていませんが、キャンピングカーを借
りて北島から南島まで旅しました)、あの優しくて、穏やかな人々が、これを公開さ
せたことに感動を覚えました。だって、TPP全文は、かのWikileakだって公開して
いないし(なぜか)、アメリカ政府はいまだに隠蔽したままだからです。市民はもち
ろん、政治家さえも内容を知らないのに、「合意」したとはまったく不可解ですが、
今後、安倍政権の閣僚や、これを根回しした官僚は、「背任罪」「国家転覆罪(こ
れはないけど)」を問われなければなりません。
 
NZのデモには若者が多く、彼らは「権利のために立ち上がれ(Stand up for
your right!)と歌い、「我々にはパワーがある!」「TPPよ去れ!」と叫んでいます。
デモには途中からネオナチのグループが参加しようとし、追い出されるという一幕も
あったようですが・・・
 反
TPPの組織は世界中に広がっていますが、日本は孤立してんじゃないかな。日本
でも労組や政党主導の運動ではなく、それこそ「市民の運動」が必要な時ですが、そ
れが生まれにくい政治風土があります。なんとかしないといけないけど。2015.11.10
 TPP条約全文はここ⇒
full text of the TPP here
政治批判 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1467
この記事に対するトラックバック