WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< HPVワクチンで娘はこうなった | main | 北茨城市の甲状腺がん、廃棄物焼却炉との関係 >>

動物好きなあなたに

 私は今日、帰宅予定ですが、出先から以前書いておいた記事をアップします。
 この捨て犬は発見された時、頭部はひどい疥癬(かいせん)に覆われ、弱りきっていて、安楽死させられる寸前でした。それを救ったのが動物愛護団体 Vet Ranch rescue (VetRanchとは獣医の農場という意味)。「死ぬ寸前だったけど、なんとかしてあげよう」と、「かさぶたクリスティ」という名をつけて治療を始めたのです。

 でも、さすがは子犬。体を洗ってもらい、毛布でくるんでしばらく休ませたら、もう尻尾を振って、愛想を振りまき、「遊ぼう!」。その間の写真。動画はここ↓
http://www.buzzfeed.com/candacelowry/this-abandoned-puppys-recovery-story-will-make-you-cry-happy#.jiXGJ9Dwn
そして3週間たつとかさぶたが消え始め、8週間後には、本来のつやつやした黒い毛に覆われたとてもキュートな子犬に大変身、それがこれ↓。すばらしい回復ぶりです。


 それで名前から「かさぶた」を取って、クリスティとだけ呼ばれるようになりましたとさ。おそらく、今頃は優しい里親に大事に育てられているのではないでしょうか。
VetRanchには他にも感動的な動物保護の写真がたくさんあります。
https://www.facebook.com/VetRanch/timeline

夏休み、「滞在先で動物を捨てる」という悪習が早くなくなりますように。2015.8.13
日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1402
この記事に対するトラックバック