米疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention、CDC)は29日、コロラド州の子どもら9人について、「呼吸器疾患の後に神経疾患を発症した」ことを明らかにした。過去2か月間に1歳〜18歳の若年層でこのウイルスが流行した理由については現在、専門家らによる解明作業が進められている。まひの症状が出ている9人の子どもたちの8人はポリオワクチンを受けていた。報告によると、一部患者の症状は改善しつつあるが、まひの症状が残る可能性については、現時点で不明だという。専門家によると、まひの症状がコロラド州でのみ確認されていることから、ウイルスが突然変異を起こしている可能性も否めないという。

 出典が書いてなかったので、キーワード検索かけたら、さくっと500万以上もヒットしました。下はイギリス・ガーディアンの9月初めの記事What is the mystery respiratory virus sickening US children making sick?ですが(翻訳)・・・。

「ミズーリ子ども慈悲病院では約475人が治療を受け、60人が集中治療室で治療を受けている。CDCはうち19人でエンテロウイルスが見つかったと発表」

「コロラド州デンバーでは、過去3週間で900人の子どもが呼吸器疾患で治療を受け、86人が入院し、5人が集中治療を受けたがD68は確認されていない」

「シカゴではCDCが生後20ヶ月から15歳までの子ども11人にこのウイルスを発見した。うち8人はぜんそくの持病があった。関係者は『インフルエンザが早く始まったような感じだ』と述べた」

「死者はいない。エンテロウイルスはありふれたウイルスで、くしゃみ、熱、咳という風邪の症状を呈する。D68は1962年に発見されたが、これは非常にめずらしい種類だ。しかし、患者はすぐ自然回復する…」

 と、割と冷静な記事です。ほうっておけば普通の風邪でしかないものを、無理やり珍しい「ウイルス」が見つかったことにして「新感染症」に仕立てあげ、ワクチンを売り込むつもりではないかと感じます。それに、この「麻痺」も、実は「ポリオワクチン」がもたらした可能性も高いと思います(赤字部分)。ポリオワクチンが人類にどれだけの災害をもたらしてきたか(ポリオそのものではなく)知っている人は、きっと「またか」と思うはず。このことを書きだすと長くなるので止めときますが。いずれ「ワクチン反対の会 神奈川」の勉強会でもポリオワクチンのことを取り上げます。2014.10.3