WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 細川・小泉組の怪しい「自然エネ推進会議」 | main | 県が風しんワクチンをPRしていいの? >>

予防接種副反応報告、これでいいの?

 神奈川県が、県内のワクチン副反応の被害を訴えた人のデータを発表しています。

 その、「神奈川県内予防接種副反応報告・保護者報告件数一覧(平成25年4月1日以降収受分 平成26年3月31日現在 [PDFファイル/7KB]によると:

 ”反応報告は、平成25年度61件、平成24年度以前26件、計87件。

 ∧欷郤塋鷙陲蓮∧神25年4件、平成24年度以前29件、計33件。

 ,良反応報告とは、「医師等が定期の予防接種等を受けたことによるものと疑われる症状を診断した場合に、厚生労働省へ報告するもの」で、厚労省⇒都道府県⇒市町村へとデータが流れます。

 △諒欷郤塋鷙陲箸蓮峪堋村が接種者又は保護者から定期の予防接種後に発生した健康被害に関し相談を受けた場合に、都道府県を通じて厚生労働省へ報告するもの」、これも国⇒都道府県への情報提供。

 奇妙なことに、ワクチン接種事業を「市町村の自治事務」としながら、その事業と不可分の関係にある「副反応報告」は市町村を飛び越して、国(=企業)に報告がいくシステムなのです。もちろん、官僚にはこのデータを判断する能力はないから、報告は製薬業界に直行するはず。したがって、市民にとっては、,海離如璽燭果たして事実を反映しているのかどうか、副反応報告と保護者報告の関係がどうなっているのか、I反応の発生についての詳細な資料が存在するのかどうか、まったくわかりません。予防接種法の改悪でこうなったわけですが、これはいろいろと深刻な問題を孕んでいます。

 市町村の事務といいながら、市町村に「副反応の実態」を把握させないシステムは、根本から間違っており、市民の利益に反するので、変える必要があると思います。2014.5.12

 


ワクチン・医薬品 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2014/05/13 8:25 AM
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2014/05/12 3:51 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://wonderful-ww.jugem.jp/trackback/1063
この記事に対するトラックバック