【5月29日 AFP】マレーシアは28日、輸入されたプラスチックごみ数百トンを輸出国に送り返す方針を示した。マレーシアは世界のごみ捨て場となることを望んでいないと主張した。

 世界自然保護基金(WWF)によると、プラスチックは毎年3億トン生産されているが、その多くがごみになったり海を汚染したりして国際問題となっている。中国はこれまで大量のごみを引き受け再利用していたが、昨年、自国の環境改善を目指しごみの輸入を停止。現在は東南アジア諸国がその穴埋めをしているが、ごみを過剰に引き受けていると主張している。マレーシアのヨー・ビーイン(Yeo Bee Yin)エネルギー・科学・技術・環境・気候変動相は、「わが国にごみを輸送しないよう先進諸国に強く求める」と述べ、ごみの輸送は「不公平かつ非文明的」だと非難。ごみの積み込まれた複数のコンテナを視察した後、「容赦なく輸出国に送り返す」と発表した。

 政府統計によると、マレーシアが昨年輸入したプラスチックは87万トンで、2016年以降3倍になった。ごみの大量流入に伴いリサイクル施設は急増しているが、その多くが無許可での操業で環境基準も軽視されている。ヨー氏によると、これまでに違法リサイクル施設150か所が閉鎖された。ヨー氏は「マレーシアは世界のごみ捨て場にはならない」「わが国が先進国に虐げられることはない」と明言した。プラごみ450トンが積み込まれたコンテナ10個は、オーストラリア、バングラデシュ、カナダ、中国、日本、サウジアラビア、米国に返送されるという。(c)AFP

 廃棄物の越境移動も「南北問題」の一環であり、先進国から途上国へ汚染のつけを回すという、極めて経済的な背景があります。この「強者⇒弱者」のパターンは日本の国内にもあてはまり、焼却炉や処分場は、大量のごみを出す都会ではなく(東京・横浜などは多少事情が違いますが)、人口減に直面している小さい自治体の、それも農山村地域に持ち込まれます。その理由は人口が少なく、「反対」の声をあげる人はもっと少ないと読んでの政治的判断によるもので、決して「環境的に安全」だからではありません。2019.5.29