WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「記憶と生きる」を見に行った

 6月7日、私にしては珍しく、映画を見に行きました。とても長いし(一部124分、二部91分)暗い題材だから観客は少ないだろうと思っていたのに、30分前に着くともう満員。で、整理券をもらって待つこと30分。幸い、入場、席も確保できました。
 この映画、「記憶と生きる」は、ジャーナリスト、土井敏邦氏によるドキュメンタリー。韓国の「ナヌムの家」で、人生の最後を肩を寄せ合って生きる元慰安婦たちの姿を記録した、静かな、そして深い、告発の映画です。
 ある程度、社会的関心がある人なら、「慰安婦問題」を知らない日本人はいないでしょうが、多少とも実態を知る人はごく少数だと思います。それは、「日本の戦争犯罪」に関する情報は、政府・右翼・メディアの共同コントロール下にあり、隠蔽され、過去のこととされているからです(「国家間の解決」をもって個人の被害も解決済みとし、被害補償を逃れた)。この構造の中から、「慰安婦制度は必要だった」なんて発言も飛び出してくるわけです(2013年、大阪市長ハシゲ)。映画の中身は、私が説明するより、ぜひ劇場でご覧下さい。

ドキュメンタリー映画『”記憶”と生きる』7月4日から公開 | Fight for ...
 この日は監督の土井さんのトークもありました。不器用だけど誠実、常に弱者に寄り添う姿勢は、今の日本では珍しいタイプかも。どうぞ、応援してあげてください。

 当日の熱気で、陸川の「南京!南京!」(中国映画-『南京!南京!』 - YouTube)を見た時のことを思い出しました。これは、侵略軍に征服された街と、そこに住む人々の過酷な運命を追った映画ですが、逃げ遅れた何万もの人々が避難し、「国際安全区」と呼ばれていたのが、試写会場の南京大学でした。しかし、日本軍はそこにも夜な夜な慰安婦狩りにやってきた……南京には当時、慰安所が数十もあったといいます。
 慰安婦を否定している安倍政権、戦争法案が通れば、「次の戦争」でも泣かされるのは婦女子です。2015.6.9
南京だより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

根っこはひとつ

  別ブログにこういう記事↓を投稿しました。なんせグローバルな時代だから、311、放射能汚染問題も、広い目線からとらえないとね。東電関係者、原発推進の議員・官僚が一人も罰されないこと、沖縄の要塞化は根っこがひとつなんですが。2013.12.26
  • 東電役員の優雅な逃亡生活 (12/26)
  • アメリカの秘密基地、発見! (12/24)
  • 南京だより | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

    甘粛省舟曲県の大土石流

     中国で大きな自然災害が続いています。甘粛省南部の舟曲県では、数日間続いた大雨で大規模な土石流が発生し、町の三分の二が土石流で埋まりました。時間雨量は最大で、30分76ミリに達したというから、住民は恐怖を感じたことでしょう。
     http://www.gov.cn/jrzg/2010-08/14/content_1680005.htm

     土石流は、谷の底を流れる白龍江をふさぎ、塞き止め湖が出現。泥土の中を十数時間かけて現地に到着した救援隊は、災害の拡大を防ぐためこの堰を爆破しています。しかしこの「特大土石流」による死者は8月14日までに1239人。505人が行方不明のまま。
     http://www.gov.cn/jrzg/2010-08/14/content_1679994.htm
     
     廃墟と町を埋める土石、ガレキの山、救援隊と犬、マスク姿、消毒作業、そして人々の悲哀は四川地震の時と同じ。政府は8月15日をこの自然災害による死者の哀悼日としました。娯楽活動は自粛が求められ、ニュースサイトもカラーではなく白黒になっています。これも四川地震以来で、義捐金や救助物資も全国から寄せられることでしょう。
     http://news.baidu.com/z/r/gsnslzh/index.html

     ところで、甘粛州のすぐ南が四川省。その四川省汶川といえば、四川地震の中心地でしたが、ここでも豪雨による土石流が各地で発生、死者も14日まで41人に達しています。そびえる岩山と岷江(ミンジャン)の激流に臨むこの地でも、いくつもの塞き止め湖ができ、二次被害が心配です。
     http://www.119.cn/jdxw/txt/2010-08/14/content_3660360.htm

     専門家によると、日照り続きで地盤に亀裂が入っていたのと、地震の後遺症で地盤が緩んでいたところに暴雨が襲ったため、一気に土石流につながったそう。町を囲む岩山と、その上にある現地人の住居と、宿のかわいい少女たちのことを思い出しました。無事でいてくれますように。そして死者には平安を(今日は敗戦記念日でもありますね)。 2010.8.15  
    南京だより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

    濃霧の長江

     中国には「霧」が多いことをごぞんじでしょうか?
    「濃霧注意報」が出たら、ほんとうに要注意。旅行者、ビジネ
    スマンは特に。極端に視野が悪くなるので、飛行機、バス、
    船などがストップすることが多いからです。
     26日に発生した濃霧は、比較的短い時間で消えましたが、
    それでも長江河口は視界が200メートルほどになり、1000隻
    の船が足止めされました。海事所が「緑色通道」を確保して、
    超大型船舶や危険物を積んでいる船を優先して停泊地に誘導
    したということです。今年は4月にも大濃霧が発生しました。



    (ウェザー・コムの安徽省の写真です。こうなると、外出も危険)
     
     私の住む南京でも霧が濃く、高速も視界が20メートル以下で、
    終日閉鎖されました。TVでは長時間の戸外運動を避けるよう呼
    び呼びかけています。PMが付着しているのでしょうね。日本でも
    同じ注意が必要です。
     でも、交通機関はともかく、日常生活はいつもと変わりなく、の
    んびりムード。昔、ロンドンのハイドパークで濃霧の中を歩いた
    時は、切り裂きジャックが出てきそうな恐怖に襲われたのですが。
    南京だより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

    深夜の炭鉱事故

     私が住む南京はこの秋、歴史的寒冷に見舞われています。
    十一月に雪が降り、以後、−1℃〜1℃という寒さが続きま
    した。隣の安徽省では雪のため200万戸が停電、6日ぶりに
    復旧しています。南京でもこのままでは天然ガスが不足する
    と、市は「節約」を呼びかけています。

     そんな寒さの中でおきたのが、黒竜江省鶴岡市の新興炭
    鉱のガス爆発事故でした。死者は24日朝までに104人。
    石炭は中国最大のエネルギー源であり、毎年、実に多くの
    地下ガス爆発、落盤事故が起きています。そこには、急成
    長する経済の需要に応えるため、無理な坑道拡大や違法
    掘削など、事故を起こしやすい条件が多々あるようで、ここ
    も例外ではなかったようです。

     事故がおきた11月21日深夜、地底では五百人以上が
    働いていました。しかし、11月16日、ガスの検査員が地
    底のガス濃度の高さに気づき、17日に全労働者を引き上
    げる予定だったといいます。それが実行されず、多くの命
    が奪われたのでした。検査員6名も犠牲になっています。

     三井三池炭鉱の爆発事故を思い出してしまいました。日
    本ではエネルギー源を石油に切り替えてから、炭鉱事故は
    過去のものになりましたが、それまで何度このような事故が
    おきたことでしょう。でも、政府の対応は日本とはえらく違い
    ます。最高検察院はすぐに特別調査員を現地に派遣し、国
    務院も23日に全体会議を開き、企業の事故責任を厳しく
    批判しているのです。

     都市へ電力を送るために、深夜の坑道で命を失った方々
    に弔意を表します。私たちも経験と知恵で、やがて来るエネ
    ルギー不足に備えないといけませんね。

    下は21日のビデオです。最初が爆発事故、二つ目のニュースが「寒流」。ttp://space.tv.cctv.com/video/VIDE1258811153001887
    南京だより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

    カントレル五聯症:外心人

     

    一家は必死で資金集めにかかった。老いた祖父も一日中
    街かどに立った。
    2005年にはこれが報道されたおかげで、
    二万元が集まり、婉停は第一期手術―「右心室双出口矯正
    手術」と「肺動脈狭窄矯正手術」―を受けることができた。
    治療費は7万元にもなったが、手術は成功し、婉停の状態
    は目に見えてよくなった。

     
    しかし、彼女はそれでも小学校に行けなかった。入学か
    ら十日後、学校は「何と言われても、入学は認めない」と
    言ってきたのだ。他の子どもたちが、好奇心から婉停の服
    を脱がせようとしたり、心臓をさわろうとしたのである。
    婉停は心臓を胸腔内に収める「第二期手術」をしない限り、
    学校に行ける望みはなかった。

     しかし、そんな危険性の高い手術に挑む病院は見つから
    ない。そんな時、父親は上海
    復旦大学小児病院で、同じ
    ような手術が成功したと耳にし、2006年、娘を連れて
    上海
    に向かった。しかしそこで、婉停
    の奇形は前例(山東省の
    幼児)に比べてはるかに複雑で、手術費用は
    20万元以上だ
    と告げられる。一家にとって天文学的な額である。

     

    それでも父親はあきらめず、20078月、再び上海に向かう。
    遠大心胸医院では緊急会議を開き、全力でこの手術に取り
    組むことを決定する。また、患者家族の経済状況を勘案し
    て、「遠大童心救助工程」を適用することにし、30万元
    以上の費用
    を全額免除することにした。

     

    2008年当時、カントレル五聯症の手術例は世界で200例
    ほどしかなかった(
    中国国内では4例)。しかも婉停の心
    臓は欠損部が多く、半分が胸腔に、半分が腹腔部にあると
    いう重度奇形である。それに7年間も体外にあった心臓の
    復位術は難しく、手術が
    成功しても、心臓が新しい位置に
    なじむか否か、腹腔内出血から血管壊死を招かないかな
    も懸念され、
    死亡率は60%と予想されたのである。

     病院では、全国から経験豊富な一流の医師(心血管外科、
    心血管内科、胸外科、普外科、整形美容科)を招いて専門
    家チームを作り、会議を重ねて共同で手術計画を立てた。
    また
    、最先端の機器を用いて十分な予備調査をし、手術中
    のリスクに備えた。
    手術は816日に決まった。この頃から、
    「外心人」の
    ニュースが毎日のように報道されている(当
    時の私は
    ゆとりがなく、まったく知らなかった…)。

     

    しかし、開胸してみると、心臓を戻すべき空間はあまり
    にも狭すぎた。心臓があるべき場所を肝臓がふさいでいた
    し、ずっと体外にあった心臓そのものも、普通の子の二倍
    ほどに肥大していたのだ
    。肝臓の一部を切除して心臓を収
    める手術もありえたが、そうすると、患者の生命を危機に
    さらすことになる。専門家は保守治療を選び、なんとか心
    臓を胸腔に修めた。

     
    8時間に及ぶ手術は成功し、
    820までに婉婷は自力呼吸
    できるようになって、呼吸器をはずされた。
    822には一
    般病棟に移り、
    29日には近くを散歩できるほどに回復した。

     婉停はその後田舎に帰ったが、数回にわたって胸骨再建
    術を受けている。今はきっと学校に行って、友達と元気に
    遊んでいることだろう。

     

    参考:http://www.yodak.net/dwt/new.shtml
    (遠大医院のサイト。上の文章の出典もここ。ビデオも
    ありますが、ちょっとショックかも。)

    http://www.cz0735.cn/show.aspx?id=35226
    (手術後の元気な婉停、田舎で)
    南京だより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

    カントレル五聯症(外心人◆

     

     前回の続きです。脳と共に人間の最も大事な器官、体の一番
    奥にあるはずの心臓が、なぜ無防備な状態で生まれてくるのか
    ……ネット検索したところ、多少例がありました。特に
    2007
    の「婉停」ちゃん(停は女扁)の例は、大きく報道されていま
    した。
    それは、こんな風に始まります:

     
           −−−−−−−−−−−−−−−−

    20003月、湖南省のある病院で婉停が生まれた時、居合わせ
    た人々は蒼白になった。嬰児の胸には血まみれのこぶが突き出
    ていて、それが薄皮の下でどくんどくんと動いて
    いたのだ。
    ぶの突起部にはさらに卵大の血球があって、それが臍帯と結び
    ついていた。その
    わが子の姿を見て、母親は泣き出し、友人は
    「医者も一週間の命だと言っている。あきらめたら」と言った。
    それを聞いた父親は、娘を抱きとり「この子は生きるために生
    まれたんだ、死ぬために生まれたきたんじゃない」と言う。

     

    こうして夫妻の病院めぐりが始まった。家は農家だったが、
    夫は車の修理、妻は洋裁ができたので、それまで暮らし向きは
    悪くなかったが、娘の誕生ですべてが変わってしまった。彼ら
    は人民医院に行き、赤ん坊の胸のこぶが心臓であることを知ら
    され、さらに他の奇形もある可能性が強いこと、長くても数ヶ
    月の命と宣告されてしまう。
    また、迷信が根強く残る農村で、
    この小さな「外心人」は怪物視されてしまうのだ。
     

     写真はCCTVの画像から

     

    それでも夫妻は、娘に一日でも多く、普通の生活をさせよう
    と努力した。
    幼い頃は不注意で、何回も彼女の心臓はとまりか
    けたが、何とか乗り切った。しかし、活発な年頃になると、娘
    はもう他の子と遊べなくなった。ちょっとした接触で心臓がつ
    ぶされかねない。冬はよけい危なかった。ふとんが重すぎると、
    婉停は息ができなくなるのだ。

     

    婉停は三歳になった。大きな瞳のかわいい子に育ち、両親は
    彼女との別れの時が近いと考え、なんとか手術を受けさせたい
    と必死に働いた。そして二年間で二万元をため、広州、長沙、
    上海などの病院を巡り始めた。
    しかしどこも「こんな奇形は見
    たことがない」「これまで生きられたのは奇跡だ」というばか
    り。絶望する母親を、父親は「また金を貯めて、今度は北京に
    行こう!」と励まし、故郷に戻って行った。

     

    しかし、婉停には普通の生活など無理だった。両親は二倍の
    学費を払って幼稚園に入園させようとしたが、三日後に園長か
    ら断りの電話が入った。婉停が何かの拍子で転び、とたんに唇
    と顔面が紫色に変わったのだ。驚いた教師たちは、彼女を受け
    入れるのを断固拒絶する。
     幼稚園に行けないことを知った婉停は、泣きながら父親に抗
    議する。「パパのウソつき。手術すれば治るって言ったのに、
    手術させてくれないじゃないの!」
     父親は身を切られる思いだった。(3に続く)
     

    南京だより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

    カントレル五聯症

     先日、中国テレビの科学番組で、驚くような画像を目にしました。
     十歳くらいの男の子が上半身裸になっています。その胸のまん
    中に大きな突起があり、それがびくびくと激しく動いているのです。
     でも、薄い皮膚で覆われているそのこぶは、腫瘍などではなく
    彼の心臓でした。少年は「カントレル五聯症」と呼ばれる、先天
    性の複雑な奇形の持ち主だったのです。

      心臓が外に飛び出しているのは、
    肋骨や横隔膜が欠損しているからですが、症例は少なく、世界で
    これまで200例くらいしか報道されていないといいます。その症
    状から、出世時に生命を絶たれる例が多いのではないでしょうか。
    この少年にも上唇裂症の奇形もあり、生まれたとたん、病院で
    「要らないだろう」と言われたのを、おばあちゃんが「要るさ!」
    と救ったと言います。

     でも、命は助かったものの、両親はそれかあ厳しい現実に直
    面しなければなりませんでした。学校は表に飛び出した心臓を持
    つ子を受け入れてくれません。両親は借金をしまくり、各地の病
    院を尋ね歩きますが、治療どころか病名さえわからなかったのです。

     そんな時、母親はどこからか、上海の心臓専門病院で同じよう
    な症状の女の子の手術が成功したという情報を耳にしたのでした。
    両親は最後の望みをかけ、息子を連れて上海に出向きます。上
    海心臓専門医院での診断の結果、彼は心室に穴があき、位置が
    表裏逆についているなど、十もの奇形があることがわかりました。

     しかし、この病院は特別医療チームを作り、外部から腕効きの
    心臓外科医を招いて、病院あげてこの難手術に取組んだのです。
    高額の手術費はテレビでこのことを知った人々からの寄付金など
    でまかなうことができました。数時間にわたる手術は成功し、少
    年の心臓は、ようやく胸腔に収まります…。

     この後、カメラは田舎に帰った一家を追います。「大きくなったら
    何になりたい?」というリポーターの問いに、少年子ははにかみな
    がら「警察官になりたい」。「なぜ?」「祖国を守りたいから!」。
     日焼けした母親に彼が甘える最後のシーンに、ほっとすると共に
    なぜこういう奇形が?と思ったものでした。2009.4.23
    南京だより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

    「朝鮮問題」を学ぶ

     私は本来なら今年の3月に卒業予定でした。でも、中国語能力試験
    がクリアできてない(それどころじゃなかった…)のと、外系(専門以
    外)単位を取っていなかった(誰も教えてくれなかった)ため、卒業を
    延期することにしました。ほんと、できの悪い中年留学生です。

     で、外系の単位を「中国外交関係」で取ることにしました。1949年
    の共産主義国・中国の建国から現在に至る、おおまかな外交関係を、
    「中国サイド」から追う授業です。現代史、多国間関係がテーマの
    私にはぴったり。しかもこれは中国人向けのクラスではなく、生徒は
    アメリカ人と韓国人が主、日本人は今のところ私一人のようです。
    楊先生は国際関係の博士号を持ち、アメリカ留学経験もある女性で
    完璧な北京語と教え方のうまさで定評があります。

     前回は「朝鮮戦争」でした。まず、最近公開された資料にもとづい
    て作られたビデオを鑑賞しました。香港の製作らしく、オリジナルは広
    東語、放送は中国語です。英語スーパーつき。朝鮮戦争はまだ終わ
    っていないので、クラスのほぼ全員がいわば関係者といえますね(ち
    なみに、北朝鮮の拉致問題も戦闘行為の範疇に入ります)。
     やがてビデオからこういう音声が流れました。

     「1945年、日本が無条件降伏した後、アメリカ軍がやってきた。
     彼らは韓国人に残酷な鎮圧政策で望み『第二の日本』と言われた」

     とたんにアメリカ人から声があがりました。「ウソだろ?」「ほんとか?」
     ほぼ同時に韓国人からも声が出ました。「ほんとだ」「そのとおりだ」。

     ・・・どの国の人々も、それぞれの国の大本営発表を聞いている限り、そ
    してそれを信じている限り、相手国の実情などわかるはずがないのです。
    私も中国で、南京事件を初め、日本軍によるさまざまな戦争犯罪について
    の本を読み、人の話も聞いて、初めて加害国と被害国の間に横たわる大
    きな溝に気がつきました。その溝は権力構造そのものでもあるから、ちょっ
    とやそっとで乗り越えられるものではないですね。

     今回の授業はビデオだけで終わりましたが、次回はこれを元に、背景や
    制度を学び、討論を行う予定。朝鮮問題はアジアの導火線のひとつ、若
    者たちが初めて知る自国の「過去」にどう向き合うか、どんな意見を出す
    か楽しみです。国家は両国間のみぞを埋められない、でも人々がそれを
    埋めると信じていますから。2009.3.21

    南京だより | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

    校庭のスミチオン・・・その毒性

     「すず」さんから、小田原の公立学校で、実際どのように農薬が使用
    されているか、貴重なコメントをいただきました。すずさん、ありがとう。
    (他のコメンテーターにもお礼を申し上げます。忙しくて一つ一つにお返事
    はできませんが、必ず目を通しています。山本)
          
          ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     「学校農薬」、おどろきの散布実態

    ●三の丸小学校の作業報告書より
    H17.9.12  630リットル(スミチオン)
    H18.6.28 と H18.9.19 各600リットル(スミチオン)
    H19.9.18 800リットル(スミチオン)
     いづれも希釈度は1000倍。平日午前中に施行、
    その間生徒は校庭へ出ないようにしている。

    ●当時の仕様書
    .▲瓮螢シロヒトリと(茶毒蛾、イラガ等)の駆除。桜やポプラ等に。
    ∋堽の小学校25校。中学校12校。
    スミチオンを希釈度1000倍で。
    せ圓了慊蠅ら5日以内に実行すること。
    ヌ吃、風の弱いときに。以上

     多い学校は年に3度農薬を撒きましたとのことです、
    あと、小田原市は同様に幼稚園や保育園にも業者によって撒いている、
    と担当者(教育政策課)から伺っています。すず
     
           ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
     やはりスミチオン! しかも平日、生徒の授業中に! これでは私に薬剤
    名を言えなかったはずです。・・・ほんとうに驚き。子どもたちは事実上、危険
    な汚染地帯で生活していることになりますから。
     スミチオンは、フェニトロチオン(MEP)を基材とした有機りん系殺虫剤です。
    毒性が強く、米には1000倍希釈が義務付けられていますが、なぜか「毒物」
    に指定されておらず、それが各自治体に蔓延している理由になっています。

     子どもは土を「食べる」
     
     もちろん、毒性のない農薬(殺虫剤)はありません。
     東北農業試験所では、MEP溶液を塗った桑の葉をカイコに食べさせ、実験
    を試みました。それによると1000倍液でも反応が認められています。また同
    乳剤を経口投与し、中毒症状を呈したカイコの体内から薬剤を検出したところ、
    50,000倍液まで反応が認められています。

     人間がカイコみたいに農薬を口にするはずはない、そう思う人もいるかもし
    れません。しかし、ヒト、特に子どもは、土を文字通り「食べて」いるのです。
    地面との距離が近く、よちよち歩きや遊びの中で無意識に土を取り込んでいる
    のですね。海外先進国が、早くから厳しい土壌汚染物質基準を決めた理由の
    ひとつが、この土壌汚染物質の経口摂取による健康被害を避けるためでした。
    (子どもの環境と安全に関しては、海外には多くの研究報告があります。)
     
     私の聞き取りによれば、小田原市は、害虫の発見も農薬散布の決定も、
    基本的に業者まかせ。予算化した場合、執行しないと(使わないと)困るし、
    すでに何十年も農薬散布が恒例化しているせいでしょう。しかも、アメリカ
    シロヒトリ対策など、他の農薬も使われているようで、その全貌は不明です。
    教育関係者の無知と無自覚には言葉もありません。もちろん、そこには、
    農水省と住友化学、地方自治体と造園業らとの癒着もあるのでしょうが。

     スミチオンの毒性 
     
    「発汗、発熱、咳、鼻と喉の痛み、たん、頭痛、めまい、目やに、呼吸困難、
    目のごろごろ感、目が見えない、眼が赤くなる、吐き気、食欲不振、皮膚の
    かゆみ、皮膚の発赤、かぶれ、手足のしびれ、だるさ、背中・肩・関節の硬
    直(しゃがめない、首が回せない)、下痢、下血、激しい動悸、うつ状態」

     以上は、私が2007年8月、小田原市長への申し入れに記した症状です。
    何も知らなければ、風邪など普通の病気として見過ごされてしまいそうですが、
    小田原市の開業医には、毎年初夏になると、このような症状を訴えて病院に
    来る患者が増えることに気づいている医師もいました。城址公園の松へのスミ
    チオン散布とほぼ同時期であり、その症状がスミチオンによるものであることも。

     スミチオンの中毒症状については、海外の情報や専門家のサイトで調べると、
    だいたい次のようなものがあげられています。

     ●吐き気、嘔吐、腹部けいれん、下痢、唾液と気道粘液過剰分泌(よだれ)
     ●鼻水、胸のしめつけ感
     ●頭痛、めまい、衰弱
     ●目がかすむ、薄暗さを感じる、縮瞳、涙が出る、毛様体筋けいれん
     ●全身の脱力感、筋肉が調節できない、会話不明瞭 
     ●眠けが強い、混迷、精神錯乱
     ●呼吸困難、口鼻の泡、チアノーゼ、気管支けいれん、頻呼吸
     ●失禁、痙攣、昏睡

     中毒症状が重くなると、徐脈、低血圧、胸痛、あるいはそれと反対の頻脈、
    高血圧、不正脈をおこし、やがて心筋炎、呼吸中枢不全、呼吸筋麻痺や気管
    支収縮へと至り、呼吸が停止し、死亡します。スミチオンは死をもたらす毒物
    です。虫や鳥たち(あるいはもぐら、犬、ネコなど小動物も)にこれほど苦しい
    死を与えている毒物が、人間にだけ「安全」なはずはありません。
     植物は農薬では守れません。それを守るのは人間です。市民の自覚と行動
    が必要です。2009.3.7
    南京だより | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |