WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

強権発動のためのフロイド氏虐殺

 フロイド氏虐殺事件についてもひとつ書いておきます。

 山本はこの「公開処刑」は、アメリカ政府の強権発動のためだと見ており、次に来る事態も十分予測できます。

 まず、事件に対する市民の抗議行動が全米に広がっているのはお伝えした通りです。彼らが今訴えているのは「警察の暴力反対」が多いでしょうが、それが「NWO(新世界秩序)反対」となるのは時間の問題でしょう。現に海外の運動はそのスローガンを掲げ、ビル・ゲイツやソロスの名前を出している場合も多い。

乗っ取られた市民の抗議活動

 さてその市民の抗議活動ですが、ほんとに市民が中心の自然発生的なものなら、まず過激になることはありません。戦後70年、一般市民はすっかり抵抗力を失っているので(そのように条件つけられている)、商店やインフラを破壊したり、誰かを傷つけたりすることには強い自制心が働くからのです。でもそこに参加しているのはそんな法律を順守するいい人ばかりではありません。1999年の「シアトル抵抗運動」以来、市民の運動には必ず「暴動の仕掛け人」が入り込むようになりました。市民の顔をした、運動のつぶし屋です。彼らは過激な破壊行為を働きーーもちろん、意図してーーそれによって警察の「制圧」を招いて、運動をいわば「内側から」つぶすのです・・・ま〜、実際の戦争でも「内部の敵」を動かすのは、極めて有効な戦略ですけどね。

 仕掛け側は自分たちが何をすべきかよくわかっていますが、正義感と憤り、同情にかられた一般大衆は、いわば烏合の衆にすぎません。組織も指示系統もない市民は、警官の催涙ガスやスプレーをかけられ、ゴム弾を打たれて蹴散らかされ、いわば戦線を離脱しますが、「つぶし屋」の任務は政府の強権発動を全土に及ぼすこと。そのために、彼らは各地の運動がいかにも「組織的」に見えるような工夫を凝らしている模様。たとえば各地の街頭に(投石用の)レンガや石が積まれていたのはそのひとつ。特にNYでは、抗議行動が起きた場所に、事前に、戦略的にレンガが積まれ、また略奪が起きた場所には廃材が入ったバケツ(建設現場から盗まれたもの)が置かれていたとのこと。“caches of bricks & rocks”

 他にも、各地で地元民が知らない「活動家」が多くいたり、場所によっては爆発物が発見されたり、つまり、全米各地で起きている「暴動」の多くは、どこからか指示された暴行のプロによる組織犯罪であり、彼らは事態の「混沌」化を狙って動いているのです・・・こういう事態があることに驚かれますか? でも、一度でも「まともな運動」を経験した人なら、これはどこでも起きている戦略であることがわかるでしょう。

暴動から強権発動へ

 この後、何が起きるか? アメリカ司法省は、6月初めには「組織的な暴動」「指令系統」について調査すると宣言しています has decided to launch a formal investigation。でも、これは決して「一般市民の無実」の証明につながる動きではありません。そこに待ち構えているのは、誰が抗議行動に参加したか、その日、どういう行動をとったか、暴徒との関係の有無、何を目撃したかなど、延々と続く「尋問」だろうし、警察によるメールや携帯通話記録の自由な閲覧、次には「監視」でしょう。暴動とは無関係との証明ができなければ投獄されたり、運が悪いと警官や暴徒の暴行を受けたりもあるでしょう。そうなっても、市民の「代弁者」はほとんどいません。そして、何らかの行動が「テロ認定」されれば、一般市民の行動も事実上規制されてしまう可能性が高いのです。そして「さらなる暴動を防ぐため」として各都市には連邦軍が大手を振って入り、又もや外出禁止令、ひどい場合は「戒厳令」が発布され、人々は再び自宅監禁されてしまうというわけ。これは社会が軍事力でコントロールされる=軍政ということ。こうなると、人権もへったくれもありません。

 なお、この過程で、現実の(本当の)ニュースはもみつぶされ、ひたすら「暴徒による破壊」に焦点があてられ、フロイド氏殺人事件の影も薄くなるでしょう。そして、ほんの少し前の「コロナ封鎖→コロナ不況」についても不問にされるかもしれません。そこに至るまで、多くの違法や無法がくりかえされます。その頃になって、ようやく事態の進展に気づいた人々が改めて反抗しようとすると、今度は有無をいわせず逮捕され、監獄にぶちこまれます…こうして、「うるさい奴」を片っ端から片付ければ、政権は何でもできるというわけ。

誰が暴徒で、誰がスポンサーか

 最後に、誰がこの暴動にかかわっているか、そこにカネを出しているかについて考察しておきましょう。今回はまだはっきりしていませんが、過去の事例から浮かび上がってくるのは以下の組織であり、スポンサーです。

 組織名         

Black Blocs

Black Lives Matter

Occupy Wall Street

World Social Forum(WSF)

   資金提供者

ソロス

フォード財団

ロックフェラー財団

 

 それぞれ、社会的不正義、NWO、グローバライゼーションに反対してきた組織であり、まさかと思うかもしれませんが、そこにグローバリストのカネが動いているのは事実。今回は、コロナ・パニック後、必然的にやってくるコロナ不況や社会的不満に対する市民の行動を先取りする形で運動を演出しているようで、この後、軍事力が入り込んで軍政を強いるという流れは極めて自然です。それに、これはロックフェラーが2010年に発表した「ロックステップ」シナリオにも沿っているしね。…一見、複雑ですが、ちょっと考えると実に単純な権力取りゲーム。問題は圧倒的多数の人がそういうゲームにもセオリーにも気づいていないこと。だからとことん、だまされる。

2020.6.7

(参考:二つ目の論文はお勧め)

The DOJ Has Launched an Investigation as More Evidence Emerges that Someone Is Orchestrating the Violent Riots

https://www.globalresearch.ca/manufacturing-dissent-the-anti-globalization-movement-is-funded-by-the-corporate-elites/21110

農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

石けん材料が「毒物」指定される!パブコメのお願い

明日13日締め切りのパブコメでSOSが入りました。

「石けん原料の脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムがPRTR第1種に指定されようとしています。

急ぎ、環境省のサイトから資料を見ましたが、原料油それぞれの、毒性試験を眺めてもよくわからず。
参考資料3−1の35ページから39ページです。http://www.env.go.jp/council/05hoken/_prtr_prtr_1.html
 山本は焼却炉や処分場の講演で、よくPRTR法のことを話しますが、これは毒性をもつ物質を対象に、事業者に製造・流通・廃棄の各段階における排出・移動量の報告を求める制度です。製造規制や使用規制はないものの、事業者には毒物管理と削減が求められます。PRTRの対象は、たとえば水銀とかダイオキシン、カドミウム、鉛、そして何百種もの合成化学物質です。
 石けん原料の脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムは、自然由来であり、これまで毒性が問題になったことはありません。もっとも、合成洗剤の界面活性剤はPRTR指定されているものが多く、合成洗剤業界は、石けんメーカーにもPRTR指定を課そうと水面下で暗躍してきた過去あり。で、この件、すぐチェックしましたが、まともな「石けん」を作っているメーカーのサイトには何の情報もない。これはおかしいと問い合わせたところ「寝耳に水」とのこと。…これは卑劣ですね。「コロナ騒ぎ」の陰に隠れて当の業界にも知らせていないとは、ルール違反もいいところです。これは、アトピー・ぜんそくなどの悪化や環境汚染を懸念する人々が、続々と「合成洗剤」から「石けん」に切り替えているので、化学業界はなんとかその流れを止めたいのでしょう。市民の健康を守るなんて頭はこれっぽっちもない。あるのは業界の利益のみ。委員らには合成洗剤業界からどれほどカネが流れたことか・・・腹が立ちます。
みなさん、間に合えば明日中にここ↓に怒りのメールを入れて下さい。数行でもいいから。
https://search.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000198748 
2020.3.20
農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

ベビーフードの重金属

 「ベビーフードに重金属」のニュースはすでに日本語でも流れていますが、これは一過性で終わらせられるような問題ではないので、遅ればせながらフォローします。いくつか読んだ記事のうち、医師の監修によるサイト(https://draxe.com/health/metal-in-baby-food/  By  )の内容を簡訳しました。赤ちゃんのいるご家庭ではぜひ参考にしてください。

 

「べビーフードの重金属:95%に重金属が含まれていることが判明」

 ベビーフードに重金属が含まれていることは十年も前に明かるみに出ていたが、この重大な問題は解決されたとみなされていた。米の食品医薬品局が、メーカーやNGOとともに製品から重金属を減らそうとして努力してきたのは事実で、2011年には多少の進歩があったが、それでもベビーフードが完全に安全だと宣言するには、道はまだまだ遠い。

 この研究は、有毒なベビーフードへの暴露が何をもたらすか、それが子どもにどんな影響をもたらすかについて、何を語ってくれるのだろうか。みながその答えをまっている。

 重金属調査の結果は? 

 61ブランドの168点のベビーフードを調査したヘルシー・べビーズ・ブライト・フューチャー( Healthy Babies Bright Futures ,HBBF)によると、調査の結果は以下の通り。

  • 94 %−−−鉛含有
  • 75%−−−カドミウム含有
  • 73%−−−ヒ素含有
  • 32%−−−水銀含有

また、調査対象168点の四分の一が、上記四つの重金属をすべて含んでいた。

  • 26%−−−4種類含有
  • 40%−−−3種類含有
  • 21%−−−2種類含有
  • 8%−−−1種類含有
  • 5%−−−含有なし(9品目のみ)

 これら四つの重金属には共通する特有の性質ーー発達中の脳に対する神経毒性ーーがある。これらにさらされると、子どもたちの脳や神経システムには障害が起き、知的能力を永遠に失うことさえある。さらに、これらの有毒食品を常食していると、ADHDなど行動異常通常を起こすこともある。同調査によれば、生後24か月までの子どもたちは、食品中の鉛とコメに含まれるヒ素のせいで1100万IQの五分の一を失っているとしている。

 また、重金属調査のために別の研究所に送られた食品25点中19点では、別の神経毒物のパークロレイトが見つかった。この毒物は、脳の発達に重要な甲状腺の機能を傷つけ、IQ低下に寄与する。(山本注−Wikiから:Perchlorateとは過塩素酸塩のこと。過塩素酸イオン (ClO4)を含むイオン結晶であり、火薬爆薬にしばしば使用される強力な酸化剤である。炭素硫黄、有機物および金属粉などとの混合物は摩擦、衝撃などにより激しく爆発する。日本の消防法では危険物第1類(酸化性固体)に該当する。)

 

 もっとも危険なベビーフード

 調査結果によると、重金属のリスクが高いベビーフードの半分以上を占めていたのは15種の食品である。

以下、最も危険な食品リストをあげた。

  1. コメ材料の食品。子どものライスシリアル、コメ製品、スナックなど
  2. リンゴジュース
  3. ぶどうジュース
  4. フルーツジュース(ブレンド、100%ジュース)
  5. チェリオスとオーツリングシリアル(いずれもシリアル)
  6. マカロニアンドチーズ
  7. パフスナックと歯固めビスケット
  8. ソフトシリアルバー
  9. オートミールクッキー
  10. フルーツヨーグルト
  11. さつまいもベビーフード

有機ベビーフードを選んだからといって、必ずしも重金属含有量が低いとは限らない、著者らはそう指摘する。重金属は土壌や水など自然界に存在しており、農薬や肥料、大気汚染や工場からの排出がその汚染レベルをあげている。しかし、ベビーフードの重金属については基準がない。調査した61ブランドの中にはプラム・オーガニクスなど有機ベビーフードもいくつかあり、これは、有機食品であろうが、ホームメードであろうが、重金属汚染は避けられないことを意味している。

 

 私たちに何ができるか(有毒な重金属をいかに避けるか)

 調査報告書によると、「FDAが根本的対策を加速させ、ベビーフード委員会が業界全体の変化を達成しない限り、問題は解決できない」とある。ベビーフードの重金属汚染は十年越しの問題で、これまでも製品に入り込む重金属を制限するための対策はとられてきたが、それ以上の作業が必要なのは明らかだ。

 一方HBBFは、両親がどうすればより安全なベビーフードが作れるかについて推奨している。そうすればヒ素や鉛などの含有量を80%減らすことができるという。

  1. スナックはコメ原料以外のものを選ぶ:果物や野菜の角切りかコメ原料以外のクラッカーを
  2. コメ原料の歯固めビスケットを避ける:代わりに冷やしたキュウリ、冷凍バナナを。きれいなウオッシュクロスや冷たいスプーンも代用できる
  3. 多種穀物のシリアル、オートミール、大麦やキノアを選ぶ
  4. フルーツジュースの代わりにフィルターを通した水道水を
  5. 多種の果物と野菜をあげる

(関連記事:重金属の危険性とそのデトックス法 Dangers of Heavy Metals & How to Do a Heavy Metal Detox

 

 ヘルシーで栄養あるものを選ぶ

 赤ちゃんに栄養価が高い食べ物をあげるのはとても重要なことだ。この時期の赤ちゃんの体は目覚ましく発達しているからだ。この報告書から一つだけ教訓を得るとしたら、それはコメ原料の食品は避けなければならないということだ。その代わりに栄養価が高く、重金属含有量も比較的低い食べ物を、離乳食と同じように、角切りにしたり、つぶしたり、柔らかく煮てあげればいい。

 おすすめの野菜・果物:アボカド、かぼちゃ、さやいんげん、ビーツ、ズッキーニ、パースニップ、バナナ、ベリー類、ブドウ、モモ、豆類、固ゆでタマゴ

農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ネオニコで宍道湖の漁獲9割減

 日本ではこのような↓タイトルで、宍道湖の「異変」が報じられました。

宍道湖のウナギ激減、ネオニコ系農薬が原因か 米科学誌

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/...

2019/11/01 ·島根県の宍道湖でウナギやワカサギが1990年代に激減したのは、周辺の水田などでネオニコチノイド系の農薬を使ったことが原因の可能性が高いとする論文を、産業技術総合研究所などの研究チームが10月31日付の米科学誌サイエンスに発表した。この農薬はミツバチを大量死させることなどが知られていたが、川や湖の生態系にも影響を与えている可能性を示したのは初めてという。産総研特定フェローの山室真澄・東京大学教授らの調査では、92年にネオニコ系農薬が国内で初めて登録され、実際に使われるようになった93年5月の田植えの時期を境に、宍道湖の動物プランクトンの量が激減。81〜92年と比べ、93〜2004年は平均で83%減になったという。この結果、動物プランクトンをえさにするワカサギは平均年240トンほど漁獲量があったのが94年以降、ほとんどとれなくなった。ウナギの漁獲量も平均年42トンから10・8トンに減った。

 

 私はこのニュースを、アメリカのDr.Mercolaのサイトの記事(Fish Harvest Down 90% After Pesticide Use)から知りました。タイトルの意味は「農薬使用以後に漁獲高が9割減少」。そして、この記事には、気になる箇所がありました。

「この研究は漁獲量の減少とネオニコの因果関係を証明するものではない。ネオニコによる淡水魚の死滅はヨーロッパでは精力的に調査され、そこで得られたデータは、ネオニコの毒性と昆虫類などの死滅、鳥類の減少につながっていることが示されている。湖に塩分と汚染が蓄積されていることも示されている。しかし著者らは、魚類の減少がその(ネオニコ使用)の結果と同じ時期に起きていることを信じなかった」という部分です。どう書いてあるのか調べようと思いましたが、英文フル・リポートは有料。

 そこで産総研のサイトを見ると;

産総研:ウナギやワカサギの減少の一因として殺虫剤が 浮上

https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2019/pr...2019/10/31
 間接的な因果関係があることはちゃんと認める内容です。ただし、タイトルは「農薬」ではなく「殺虫剤」、「原因」ではなく「一因」とするなど、業界への遠慮がにじんでいることは隠せません。そして、他ならぬ学者らのこういう忖度・遠慮がネオニコをのさばらせているのです。なんたって日本は先進国中・最大のネオニコ規制緩和国。安倍政権は化学物質と医薬品に対する限りない門戸開放でここまで永らえているようなものだから、学者・専門家こそ、使用禁止を求めて一歩も二歩も踏み込む勇気が求められているのです。
 なお農薬・ネオニコに関しては本ブログでも何本も記事を書いているので、ぜひさかのぼってお読みください。
 さらには11年12月に改定されたネオニコ系のイミダクロプリドは、ほうれん草について従来の2.5ppmから15ppm、なすで0.5ppmから2ppmなどと緩くなった。いずれもネオニコ系をより使いやすくする規制緩和である。

ネオニコ系農薬、「クロ」認定 | WONDERFUL WORLD wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1503

ネオニコ系農薬が散布された花々から蜜を集めたミツバチは、その汚染を巣に持ち帰り、巣全体に汚染を広げるということのようです(当たり前だけど・・・放射性物質も似たようなものですが)。他の三種についてと、その他の水棲動物や…

グリホサート、小麦にも適用されていた! | …wonderful-ww.jugem.jp/?eid=1953

この規制緩和と適用拡大によって、最大の危険にさらされるのは子どもたちです。そして、政府はこの後、ネオニコ系農薬も規制緩和するなど、まさに犯罪者集団の様相を見せています。2018.8.22

 

ところで、宍道湖を管轄する島根県は、この漁獲減と魚類の減少をどう見ているのか?調べたところ、減少しているのは漁獲だけではなく、藻類や貝類の一部はまったく漁獲がなくなったものもありました。(https://outlook.live.com/mail/inbox)

でも、原因を特定しようともしないのが行政機関の悲しさですね・・・おそらく、宍道湖の湖底には1970年代以降の公害や汚染物質が蓄積し、その上に島根県の各種公害企業(製紙工場、原発含む)が排出する汚染が重なり、そこにネオニコが追い打ちをかけたのかも。ヨーロッパやロシアではとっくにネオニコを危険毒物として使用を禁止していることに学び、先進国並みの方策を打ち出すべき時です。そのためには市民が問題を知り、行動を起こす必要があります。2019.11.20

農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

気象兵器によるハリケーン消滅の画像

 事情は海外でも同じで、公務員は事実を語らない(語れない)。で、普通はそこに「内部告発」が出てきたり、能力のある独立系メディアが取り上げたりするのですが、以下、私が昔はまっていたJeff Renseのサイトから、面白い記事を紹介します。昨年の事例です。

ハリケーン「レーン」が、軍事基地があるオアフ島を直撃する寸前に、ハープ(HAARP)様の兵器で破壊された

2018年8月、ハワイ沖で誕生した強い勢力を持つハリケーン「レーン」。その衛星画像にはしっかりした「目」があり、周辺に渦巻く風はなんと時速150キロ以上というものすごさ(地図の左上にあるのはハワイ島とオアフ島)。米海軍は、このままでは「レーン」の針路に当たるオアフ島の軍事基地の被害が想定されるとして、すべての住民がシェルターに逃げ込むか、即刻離島するよう、最大限の伝わるアラートを出していました。下はその一部。

▲ 「レーン」は金曜午後3時にカテゴリー4のハリケーンとして上陸し、ヒッカム海岸を直撃の予定
最悪の場合、パールハーバーの合同基地が15フィートの高潮に見舞われる
▲今は熱帯性低気圧 (TCCOR) 3の状況(壊滅的な強風が48時間続く)… 

合同基地は土曜日朝まで完全に閉鎖(出入り禁止)される。…

ハワイ港はシャットダウン(今後7日間、食料も水もない).
公立学校は水曜日から休校される.
三日分の食料や水の備蓄がない人は、今晩にも離島すること

 

「レーン」の針路は上図の通り。オアフ島の陸海合同基地には、アジア地域すべてを統括する重要な施設が集中し、核兵器もあったから、直撃していれば大変な被害が出たことでしょう。・・・ところが、その後、信じられないようなことが起きます。

台風が消えてしまった!

 突然、台風の「目」が消え、それにともなって低気圧の激しい旋回運動が止まってしまったのです。

台風やハリケーンが、いきなり回転を止めるなんて、もちろん自然現象ではありえません。以下はサイトの概訳。

「それから、何か非常に驚くべきことがおきた、というか『起こされた』。陸海両軍の重要な軍事基地があり、核兵器も配備されているオアフ島方向に進んででいたこの超強力なハリケーンは、突然動きを止め、事実上停止してしまったのだ。

「このビデオ画像ーーこれを得るには長い時間とちょっとした幸運が必要だったーーは、軍産複合体によるEMF(電磁波)気象兵器が使用されていることを示す、明らかな証拠だ

「そこで起きたのは、まるで巨大なブーツ(軍靴)が、ハリケーンを真上から踏みつぶしたかのようなことだった。ブーツとはもちろん電磁波ジオエンジニアリング武器のことで、HARRPと同様にEMFを炸裂させて、ハリケーンをこっぱみじんに砕いたのだ

「これまで、ハリケーンが突然回転を止めてじっとしているのを、突然上方からの巨大なエネルギーが破壊した、なんて話、聞いたことがあるかい?下の画像を見てくれ。それがその証拠だ。

「注意してほしいのは、周辺部から外に向かって放射状に突き出している白いノコギリ状のものだ。これは自然界ではありえず、EMF気象操作の結果、誕生したものだ。

「中央の赤色の部分は非常に湿度が高いが、これらのギザギザは、その周辺部に対してほぼ90度で外に突き出していることにも要注意だ。これは、その時点で『レーン』がすでに回転をやめたことを示している。

「ペンタゴンは、ハリケーンから米陸海軍の重要な軍港と軍事基地を守ろうとして、秘密がばれるリスクを冒して最新の気象兵器を使うことを決めたのだ。彼らは、カテゴリー4の強いハリケーンが、24時間で自動的に消滅するという異常な事態に、誰も気づかないでほしいと願ったのだろう。しかしこの画像は、地球上の「気候」が、すでにメディアを含む軍産複合体とディープステートにコントロールされていることを示す証拠だ。

 まったく同感ですね。今の「気候」は、基本的に操作されているというのが私の認識です。そしてそれらの気象・気候操作の果てに、弱い国々は宗主国の支配を受け入れ(日本もそのターゲット)、やがて野生生物の大量死や、環境破壊、そして食糧不足がやってくる。アメリカなどはその被害が目前に迫っているのですが、視線をそらすために、世界各地でいろいろ紛争の火種を付けまわっているのです。

 なお、上の文章と写真の出典はこちら↓。写真もたくさんあるので、のぞいてみて下さい。

https://rense.com/general96/H/proof-of-total-weather-control-by-the-us-military.htm

2019.10.10

農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

動き出していた世界の人口削減計画

 前記事の続き。「世界平和」なんて言うけど、グローバル資本主義にとっては、同盟国であろうが、ターゲット国であろうが、市民はみんな「奴隷」、そしてコントロールの対象、というのが山本の見方。

 だから、各国の人口動態のデータ収集に熱心なのは、各国の保健当局ではなく、CIAや国連なのです。下のデータも予測図も、CIAや、ビル・ゲイツの(人口削減)実行機関・国連が出したもので、これはすでに各国に合わせた人口削減策が実施されているという証明でもあります。市民は何も知りません。グローバリストが望むのは、人びとが不健康で、文句を言わず働き、高い税金を払い、人生の楽しみよりも苦しみに打ちのめされて早死にし、人口が「自然」減少する社会です。「知らぬが仏」で済ませるわけにはゆかないのですが。2019.4.24

Map of countries by fertility rate (2018), according to CIA World Factbook
A world map showing countries by total fertility rate (TFR), according to World Population Prospects 2015 by UN.

 

 

農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

人口減少、日本のたそがれ

 日本の総人口が8年連続で減少し、「危機的状況」と囁かれています。人口は国力。特に生産年齢人口が減ると経済不振に直結するため、政治家や企業は、いろいろ対策を立てていますが、効果があるとは思えず、今後も減少傾向が続くことでしょう。

人口、過去最大の減少 70歳以上が初めて2割超える

2019年04月13日 07時48分朝日新聞デジタル 

 総務省は12日、昨年10月1日現在の人口推計を発表した。総人口は前年より約26万3千人減の1億2644万3千人で、8年連続の減少。減少率は0.21%となり、減少数、減少率ともに比較可能な1950年以来、過去最大となった。また70歳以上が総人口比で初めて2割を超えた。日本人だけで見ると、前年より約43万人減の1億2421万8千人。減少率は0.35%で、総人口同様に減少数、減少率ともに過去最大となった。一方で外国人は222万5千人(前年比約17 万人増)。年々増える外国人が日本の総人口の減少を緩和している形だ。70 歳以上は2621 万人(同約98万人増)で、総人口に占める割合は20.7%となった。15〜64歳の生産年齢人口は7545万1千人(同約51万人減)。総人口に占める割合は59.7%で、戦後間もない1950年と並んで過去最低だった。

 220万余りの外国人が人口統計に寄与していることは初めて知りました。でも、今後、同じ効果は期待できません。なぜなら人口減少の波はアフリカ以外の発展途上国にも押し寄せているし、日本では、10〜20年後、70歳代を迎えた第一次ベビーブーマーが一斉に寿命を迎えるため、人口減少はもっと劇的な局面を迎えることになるはずだからです。

 そして、記事ではあえて触れていませんが、人口減少の最大の要因は「赤ちゃんが生まれない」ことです。

 赤ちゃんが生まれないのは、結婚適齢期の世代に起きている「異変」――異性を求めず、興味も示さず、付き合いを避けて気楽な一人暮らしを好み、「独身主義」と言われる――のせいかもしれません。その出現は、単に社会的な制度や変化に反応しただけではなく、もっと深刻な事情がありそう。

 たとえば2011年の人口動態調査では、18歳〜34歳の未婚男性61%、未婚女性49%が、誰とも何の恋愛関係もないと答え、別の調査では16〜24歳の女性の45%が「他人との性的関係に興味がない、嫌い」と答えたと報道されています。http://tyglobalist.org/in-the-magazine/features/single-and-sexless-celibacy-syndrome-in-japan/

 愛のない世界? というか、「社会的動物」としての本能をすっかり失った若者の像が浮かんできます。

 実際の出生率の落ち込みを示すのが下の図。


図の赤い線「合計特殊出生率」とは;

人口統計上の指標で、一人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示す。この指標によって、異なる時代、異なる集団間の出生による人口の自然増減を比較・評価することができる[1]」。(Wiki

 というわけで、ヒノエウマの年に1.58まで落ち込んだ合計特殊出生率は、その後徐々に回復して第二次ベビーブームに至りますが、それを過ぎると長期低落傾向が続き、1989年には遂に1.57ショック」を迎えるわけです。・・・これは70年代のすさまじい環境汚染(PM2.5など大気汚染や化学物質による水質汚濁、農薬、GMO、添加物などの汚染にまみれた社会を背景にしたものでしょうが、為政者も企業もそんなことは考えない。こうして胎児と妊婦をめぐる環境がさらに悪化する中、2005年には出生率は1.26まで下がったのです。

 その後、出生率は1.44と多少回復して今に至っています。でも、図を見ると、出生率最低を記録した2005年でも、百万人以上の赤ちゃんが生まれていたのに、1.44に回復した2016年には、出生児の数は百万人を割り込んでいることに気が付きます。つまり、実際の出生数は落ち込み続け、日本はひたすら「たそがれ」に向かっているというのに、「合計特殊出生率」では「回復」というサインが出ている・・・不明な行政用語が使われる時、そこには必ず問題が隠れているものです。

 で、この言葉を英文検索したら、ぞっとする図が出てきました(うまく動画が取り込めないので別投稿でアップします)。

https://en.wikipedia.org/wiki/Total_fertility_rate

 国連は合計特殊出生率をベースに世界の将来人口を予想していたのです。それによると、今は出生率が非常に高いアフリカでも2030年以降はどんどん子どもの数が減り、先進国と同じになることが、色の変化で示されています。・・・国民には何も知らされていないけれど、すでに、世界じゅうが「人口大削減」に向かって走り出していたのですね。その「武器」の一つがワクチンであることはまちがいないでしょう(インフルワクチンで流産率が7.7倍に!CDCの研究報告 WONDERFUL WORLD

それに今後はRF,そして5Gが加わる。

 「人口削減」はNWO新世界秩序の最大の目的です。

 それを考えると、「合計特殊出生率」は、世界の人口コントロールと人類の黄昏をめざす指標なのでしょう。2019.4.21

農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

200万台以上がリコール、理由は「香り」!

   私はこれまで「香りの問題」からは距離を置いていました。守備範囲をあまり広げたくなかったからです。でも、「香り」の害は年ごとに深刻化し、今や自動車の大規模リコールという事態を招くほどになっています。なので、黙っているわけにはゆかず、以後、「農薬・化学物質」のカテゴリーで、「香り」を取り上げてゆきます。情報があれば教えてね!

 

SUBARU、世界約226万台に不具合、全数リコールなら同社最大

201931 / 13:13 / Reuters Staff

[東京1日ロイター] - SUBARU(スバル)(7270.T)は28日、ブレーキランプをつけるスイッチの不具合により、小型車「インプレッサ」とスポーツ多目的車(SUV)「フォレスター」の2車種、計30万6728台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。不具合が起きる恐れのある車は、海外分(196万2113台)を含めると計226万8841台。各国で法規が異なるため、全数をリコールするとは限らないが、仮にすべてをリコールした場合、同社として過去最大のリコール台数となる。

 対象は20089月から17年3月に製造した車。事故は起きていないが、13年6月以降、国内だけで1399件の不具合が報告されている。国交省やスバルによると、整髪料や洗濯時に使う香りの強い柔軟剤、車内の清掃に使う薬剤などに含まれるシリコーンガスが揮発し、スイッチ部分に付着するとスイッチが動かなくなり、ブレーキランプがつかなくなる場合がある。ブレーキを踏んだことをスイッチが認識せず、エンジンが始動しないこともあるという。今回のリコールに伴い費用が発生するが、同社は具体的な費用の額を公表していない。ただ、足元の販売動向やコスト削減の進捗からみると、費用は吸収できる見込みで、19年3月期通期の連結業績予想の修正はしないという。18年第3・四半期の決算発表では通期の連結業績予想を下方修正し、営業利益を従来予想の2200億円から1850億円へ引き下げた。

問題は「スイッチの不具合」ではなく、世にあふれている強烈な香り製品に車という工業製品がダウンした、ということです。なのに、自動車工業会は、「香りつき製品」の規制を求めようとはせず、自らリコールを言い出した。そして、シリコンガスが侵入しないように無償修理することにし、国交省もこれを認めた・・・これは、国交省を仲立ちに、化学工業会と「手打ち」したという意味だと考えられますが、それでいいの?

製造の過程で使われるシリコンは、熱によって酸化し、さらに揮発性ガスになって精密部分にまで侵入すること、接点部に蓄積すると機器の稼働不良や故障を起こすことから、工業製品の大敵とされてきました。そのシリコン、工業製品だけに使われていれば、人びとの生活を脅かすことはなかったでしょうが、当時は考えられなかった分野ー洗剤、柔軟剤、消臭剤、ヘアケア製品、化粧品など「香り」製品ーにまで多用され始めた結果、思いもしなかった事態を招いているのです。たとえば、「トリートメントを使っていてファンヒーターが壊れた」などのようなネット情報など。

「香りで機械が壊れる」のは、「香り」製品には「香りが長持ち」する効果をねらって、ごく微小なマイクロカプセルが使われているから。これらのカプセルは、長期にわたって環境中を漂い(PM2.5と同じ)、あらゆるところに付着し、徐々にはじけて匂いを発散させるようデザインされています。従って、環境中に蓄積し、時間とともに濃度を増します。

さまざまな大きさのマイクロカプセル。写真はhttp://mukouryou.blogspot.com/2018/09/blog-post.html(無香料生活)からお借りしました。

車という閉鎖空間では、香り製品(マイクロカプセル)の残存率も高いはずで、機器や人体に対する潜在的危険性もより大きくなると考えられます。今はまだ事故は起きていなくても、そのうち「シャンプーでブレーキ故障」とか、「この自動車事故の原因は柔軟剤」のような報道が出てくるかもしれません。

また、「香り」製品に使われているのはシリコンだけではありません。

香りの元は石油化学製品であり、そこには、発がん性が認定されているベンゼンやトルエン、そしてそのトルエンの一万倍も毒性が強いと言われているイソシアネートなど、少なくとも3千種類の化学物質が使用されています。また、これらの「香り付き製品」と、がん、免疫不全、出産異常などの相関を研究した論文も数多く出ており、「香り過敏症」は決して一部の人々だけに表れる特定の反応ではありません。

ところが日本では、「香りの材料」のヒトへの安全性などはまったく確認されておらず、メーカーには表示義務もなく(だから消費者は「いい香り」に簡単に騙される)、それどころか、どんな材料をどれだけ使っても何の規制もありません。ま〜、これは、あらゆる「公害」に共通の背景であり、日本に真の消費者運動がないということを意味していますが。

それにしても、強烈な洗剤臭を振りまいて通り過ぎるおじさん、それが、「おじさん臭」を消すためだとしたら、まったく逆効果。香り付き製品の「香り」は、人工甘味料や人工香料と同じく、完全にフェイクだから、もともとの悪臭と一体化してさらに悪臭効果を高めることになっているのですよ。人工洗剤と手を切るところから始めてね。2019.3.9

農薬・化学物質 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

農薬空散でがんが41倍

 前記事の続き。反グリホサートの闘士、ソフイア・ガティカの活動をゴールドマン賞のサイトhttps://www.goldmanprize.org/recipient/sofia-gatica/を中心に、その他の情報を加えて紹介します。日本でも、今なお平然と農薬を散布している自治体や農家も多いと思われるので、どうぞ参考にして下さい。

Argentine environmentalist Sofia Gatica poses with a glove reading &quot;Monsanto out,&quot; as she protests against the use of ガティカ:写真はhttps://phys.org/news/2018-07-eco-warriors-glyphosate-argentine-countryside.html

****

 農薬被害で幼児を亡くした母親、 ソフイア・ガティカは、大豆畑に見境なく噴霧されている有毒な農薬散布を止めるために、地域の女性たちを組織した。

 アルゼンチンは世界第三の大豆の輸出国だ。毎年、産業界は5千万ガロン以上の毒性のある農薬−グリホサートー非常に使用量が多いモンサント社のラウンドアップの有効成分ーとエンドサルファンーを空中散布している。モンサント社は人体にリスクはないと主張するが、2008年の科学的研究によれば、濃度がごく低くても、グリホサートはヒトの胚細胞、胎盤細胞、さい帯細胞を死滅させることがわかっている。エンドサルファンは極めて有毒な農薬で、人と環境への脅威となることから80カ国以上で禁止されている。2011年5月、国連はエンドサルファンを地上から廃絶すべき物質として、POPs(難分解性有機汚染物質)リストに加えている。

 1990年代終わり、ソフイアは娘を出産した。その三日後、赤ん坊の腎臓は機能しなくなった。労働者階級の母親たちはなぜ赤ちゃんが死んだのか理由を知ろうと決心した。彼女は、アルゼンチン中央部、一面大豆畑に囲まれた、人口約6000人のイトゥザインゴの村を回り、人々に語りかけ始め、地域に奇妙な病気が蔓延していることを知り、警戒心を抱いた。

 次いで、ガティカは自宅に隣人を招き、彼らの経験について話し合った。高校しか卒業しておらず、組織化の経験もなかった彼女は、こうして「イトゥザインゴ の母たち Mothers of Ituzaingó」の共同創設者となり、16人の女性たちとともに、地域を汚染している農薬散布を止めるために立ち上がった。

 彼女たちは住民を一軒ずつ訪ね、地域の疫学研究を始めた。そして農薬空散 イトゥザインゴ の家族にどれほど深刻な影響を与えているか発見した。住民のがんの発生率は国家平均より41倍も高かった(医師たちによれば、がんの多くは報告もされていないと考えているー実際のがん患者数はもっと多いかもしれない)。 また、神経系統や呼吸器系の病気、先天異常、乳幼児死亡率も高かった。

 最も恐れていたことの裏付けを得て、彼女たちはアルゼンチンのその他の環境グループとともに、「ストップ空散」キャンペーンを開始した。記者会見を開き、デモを行い、農薬の害を伝えるパンフレット作って市民を教育したのだ。ガティカはさらに、研究所にコンタクトし、村で起きていることを確認するための科学調査を行うことを求めた。

 それは難しい戦いだった。資金は乏しく、モンサントやデュポンなどアルゼンチンで営業しているグローバル企業に説明責任を求めようにも、直接のてがかりは何もなかった。彼女たちはまた、個人や警察官、中小企業主らから加えられる侮蔑や脅しにも耐えなければならなかった。2007年、ガティカは家を訪れた人物に拳銃を突きつけられ、キャンペーンを止めろと脅されたこともあった。

 それでも母親たちは戦いを止めなかった。そして彼女たちの主張は注目を集めるようになり、アルゼンチン大統領は2008年、健康大臣に対し、地域の農薬使用に関する影響を調べるよう命令を出した。その結果、ブエノスアイレス大学医学部が行った研究調査は、母親たちが行った聞き取り調査の正しさを裏付けるものとなった。ガティカはさらに、住宅から2,500メートル以内では空散を禁ずるという市条例を通過させるのに成功した。そして2010年、彼女たちは前例のない勝利を得る。最高裁判所は、人口密集地近くでの農薬散布を禁止しただけでなく、被害の因果関係を住民に証明させるのではなく、企業と大豆生産者が農薬の安全性を証明しなければならないとして、証明の負担を逆転させたのだ。

 他の地域で同じような問題に苦しむ人々はガティカに助けを求めるようになった。問題の広がりを認識した彼女は、全国でストップ空散キャンペーンを続け、住宅地のそばで農薬を使用しない緩衝地帯と水路の設置を求めている。またアルゼンチンにおけるエンドサルファンの使用禁止は2013年7月に発効したが、ガティカと彼女の仲間たちはグリホサートも全国的禁止に持ち込めるようがんばっている。

*****

 POPsのエンドサルファンがまだ使われていたのに驚きました…これは途上国だからできたことでしょうが、日本の状況はほぼその途上国並みであることを知っておかないと。きょう日、無知でいることは、健康で生きる権利を手放すのとおなじです。

 なお、ガティカたちのように、因果関係を目に見える形で示し、実際の被害者が立ち上がって政府や企業に要求をつきつけ、住民の権利と主張を通す動きを「直接行動direct action」と言います。この記事にはありませんが、ガティカは空散を止めようとして畑に無断で立ち入り、手錠をかけられて逮捕されるなど、それは過酷な経験もしていますが、それでもめげないのは女性だから。

 住民運動においては、へたに理論や屁理屈をこねくり回し、メンツと会議を重視する男性より、大局的に考え、行動でき、めげない女性の方がはるかに向いています。これは市民運動家としての山本の経験から断言できますよ〜。みなさんたちの「反対運動」がうまくゆかない時、一度、トップを女性に変えてみるのもいいかもしれません。2018.8.26

農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ラウンドアップ空散で何がおきているか

 ラウンドアップの被害をわかりやすく伝える資料がないか検索していたら、こんな↓動画がありました。3分ほどと短く、日本語つき。ぜひご覧ください。

 

ラウンドアップ空散を止めた母親たち

https://www.youtube.com/watch?v=WUJqOkvcdFk 

2012年ゴールドマン環境賞受賞ソフィア・ガティカさん

「Argentina, pesticide spray」の画像検索結果

 生まれたばかりの娘を亡くしたソフィアは、原因をさぐるため仲間と共に立ち上がった。大豆畑近くの住民の健康調査をするうちに、農薬空散によって村が破壊に追い込まれていることに気づく・・・ゴールドマン賞のサイトを読むと、彼女たちの置かれた境遇と戦い方が、「ラブキャナル」のそれとあまりにもそっくりなのに驚きました。詳しくは後ほど紹介しますが、ポイントは、女の住む地域のがん患者は、全国平均の41倍になっていたということ。そラウンドアップ効果。

 農地はもちろん、松枯れや公園・校庭に日常的にラウンドアップを散布している地域にお住まいのみなさん、周りにがんで亡くなったり、腎臓を患ったり、皮膚病ができた人が増えていませんか? 2018.8.23

農薬・化学物質 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |