WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ベルリンで大規模コロナ抗議デモ

海外から大きなニュースが入っているので、今日はそのことをお伝えします。

以下、ロバート・ケネディ・Jr.のサイト(Rally in Berlin! August 11, 2020)にもとづく紹介です(≠訳文)。

A Letter From a Friend in Germany(ドイツの友からの便り)

ケネディ氏そしてCHDのみなさん、

 既にご存じでしょうが、8月1日、ベルリンで大規模な「コロナ対策抗議」が行われました。ビル・ゲイツの実験的ワクチンの計画に気づき、モルモットにされたくないと考える人々がますます増えているのです。「健康の自由」も大きなポイントでした。政府による一方的で過酷なコロナ対策ーー都市封鎖、社会的距離、マスク強制などーーは、人々の自由と権利を奪うものだからです。

 デモ参加者数は、発表者により大きく異なっていました。マスメディアはベルリン市長と共謀し、参加者数を少なく見せようとめあらゆる手を使ったのです。デモが始まる何時間も前の早朝の写真を使って、「参加者は17,000人」と伝えたり、「主催者はごく少数の狂人で、ナチス、陰謀論者、コロナ否定者だ」と誤報道したのです。ベルリン市長に至っては、「参加者は反民主主義者だ」として警察に取締るよう指示しました。

 実際に起きたこと

でも、集まったのがごく普通の人々ー問題を懸念する市民、母親、父親、祖母、祖父、医師、弁護士、企業経営者ーで、何十万人もがベルリンの街を川のように行進したのです。参加者数は警察の公式発表で80万人から130万人!! 当日はドイツ全土で同様のデモが行われ、約200〜300万人が参加したとみられています。

 参加者はみな強い(市民の)エネルギーを感じ、「光と愛と平和と自由の爆弾」がベルリンで爆発したようだったと言います。午後になると、「参加者は社会的距離を取っておらず、マスクもしていない」ことを理由に、警察がデモを中止させようとしました。それ以上に、参加者の情報拡散には大規模な妨害がないりました。電波妨害によって参加者の携帯やカメラは動かず、抗議活動はライブ・ストリームできなかったのです(幸い、スイスから来た主催者のカメラは妨害を受けなかったため、彼は抗議行動の全行程をライブで流すことができました)また、ユーチューブは、抗議行動の写真と事実について大掛かりな検閲を入れました。

 メディアは早くからデモの終了を報道しましたが、実際に警察が電気を止めて主催者やスピーカーをステージから追い払ったのはそのずっと後のことです。主催者や抗議者の数人が逮捕されましたが、他の人々はすぐ解放されました。警察にはそのような法的権限がなかったからです。人々が警察に向かって、「我々はあなたの家族のために行動している」「我々の行動を許せばあなたはひーろーだ」と説得すると、明らかに取締りにためらいを見せる警官もいました。

Stephan Bergmann versucht Polizisten zum Helden zu machen

 

「私たちはここにいる!」

 人々はその場を離れず、座り込んで「我々はここにいる」と声をあげました。抗議者の一部は政府のビルを「人間の鎖」で囲み、「アンジェラ、国民はここにいるぞ」と声を上げたのです。抗議行動のほとんどは平和裏に行われました。主催者たちはこの日の行動を「ガンジー風に(無抵抗)行う」と決めていたのです。一部のアンティファが、抗議者や若い警察官ともめごとを起こしたりしましたが、おおむね、終日、平穏でした。主催者の“Querdenken”(水平思考)は、参加者を50万人と予想していました。しかし、実際には100万人以上が集まったのを見て、今後も全土でこの活動を続けるといいます。

 実は、「政府の内部通報者」によれば、ドイツでは9月半ばに二回目のロックダウンが計画されているといいます。その期間はは1回目より長く、警察もメディアも政治家も、すでにそのための準備を初めているとのこと。行政や医療機関が「感染者数の増加」をしきりと訴え、政治家が「感染テストの強制」を言い出し、メディアが抗議活動を強く非難しているのもその準備の一環でしょう。そして、ヨーロッパ各地で同じような抗議行動が計画されています。次のベルリン・デモは8月29日。みなさんも私たちの動きに参加して下さい。

*********

 これほど大きな動きが報道されなかったのは、グローバリストが電波妨害も含め、完全に情報の抑え込みにかかっていたからです。というのはこれは超大事な情報。ぜひ広めて下さい。それにしても、抗議行動する人が抗議される日本では、デモを呼びかけても100人集まるかどうか…そこで、100万人の参加者の「迫力」がどれほどのものかは、↓の動画を見て下さい。

Berlin Demo 1.8.2020 - Der komplette Aufzug zur Kundgebung

 高架橋から市民が写したデモの様子。全部見たわけではないけれど、一時間半、人の波が途切れない。そして、グローバリストが最も恐れているのは、この「数」なのです。

 

 なお、くり返しになりますが、私たちが心に止めておかなければならないことは:

.瓮妊アはウソをつく。

 彼らは政府と産業界の犬。スポンサーに忠誠を誓わないと生き残れないこの世界では、事実を書かない、事実を曲げる、ウソを書くなど、あらゆる「ディスインフォメーション」の手法が使われます。よい大人はテレビや新聞の購読などすっぱり止めて、信頼できる筋から確かな情報を「取りに行く」ようにしましょう。

⓶ネット情報は操作される

 検索エンジンや動画サイトなどはとっくの昔にグローバリストの巣窟になっています。連中がよってたかって反対派などを追跡し、分離し、つぶしてきているんだよね〜〜。そういうニュースさえ日本では流れない。

コロナはNWOのグローバル・クーデタ

 これはぜひ本ブログのコロナ関連記事(今年初めからずっと書いています)を通読していただければわかるでしょう。その前段の「ワクチン問題」から見ると、もっとよく理解できるはず・・・

 つまり、全体が「フェイク」なんですよ。目を覚ませ、行動せよ

2020.8.12

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

マスクを捨てた北欧諸国

 記録的な大雨の次は猛暑におそわれていますが、それにも関わらず、ほぼ100%近くがマスク姿なのには驚かされます。

そんな中、こんな↓記事がでましたが、実情はかなり違うのでは?

マスクは「皆が着けているから」 日本人、「感染防止」関係なし

共同通信社
© KYODONEWS マスク姿で通勤する大勢の人たち=3月、東京都中央区

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日本人がマスクを着ける動機は、感染が怖いからでも他の人を守るためでもなく「みんなが着けているから」。同志社大の中谷内一也教授(社会心理学)らのチームが11日までに、インターネットで行ったアンケートから、こんな結果をまとめた。チームは感染者の増加が続いた3月下旬、年齢や居住地などの構成が日本の縮図となるよう千人を選び、マスク着用の理由や頻度を尋ねた。「感染すると症状が深刻になる」などの理由と着用頻度との結び付きの強さを解析すると、断トツは「人が着けているから」。「他人の感染防止」はほぼ関係なかった。

***

 3月下旬の調査ということですが、その後、二か月にわたる「交流禁止」状態を国民全体が経験した今、「人がつけているから」なんて単純な答えが返ってくるはずはありません。アンケートの具体的な質問は書いてないけど、回答はおそらく択一式。そして選択肢にはシビアに「事実」を反映するようなものはなかったんじゃないか。

 山本が見るところ、マスクをつける人々はおおむね二つにわかれます。

 一つは心理操作されやすい人々・・・高齢者、医学的知識にうとい人、行政や医師の言うことを素直に信じる人々。言い換えると「だまされやすい」人々で、彼らの多くは本気で「空気の中にはウイルスがうようよいる」「マスクで感染が防げる」と信じているはずです。

 そしてもう一つは、問題を起こしたくないと考える人々。マスクをつけていないと、「変わり者」と見なされたり、周囲に「患者」が発生した時、批判されたり、仕事や取引先を失ったりすることを恐れるわけです。この手の人びとは、政府や医薬産業界が言っているのがウソだと、うすうす感じてはいるけど、社会生活を円満に送るため事実を知ろうとしない。

 つまり、日本人のマスク着用の多さは、行政+医薬産業界による心理操作と同調圧力の結果(=社会的コントロールとして成功している)なのです。それを、マスク着用者のせいにするんじゃない。

 一方で、北欧では、人々はとっくの昔にマスクを拒否しています。(以下記事の一部を翻訳。写真はDailyMailから) 

マスクをしている国はないー北欧はマスクを外した  

2020/07/30AFP NEWSNo Country For Face Masks: Nordics Brush Off Mouth Coversからポイント部分を翻訳

 ・・・スーパーやバス、そして街を歩く人々の間にマスク姿はほとんど見当たらない。いるとしたら小さい子どもか旅行者だ。これはストックホルムでもコペンハーゲンでも、オスロでもヘルシンキでもレイキャビクでも同じだ。最近のネット調査YouGovによると、北欧諸国の回答者のうち、公衆の場でマスクをつけていると答えた人は、わずか5〜10%だった。この数値は3月以来、ほぼ変わっていない。一方で、インドやアメリカなどではマスク着用者の数は70〜80%に上る。

・・・スウェーデンではコロナに対する「緩和政策」で世界的に有名になった一方、コロナの死亡率は近隣諸国に比べて高くなった。しかし北欧諸国は「マスク不要」という点では一致している。スウェーデンの上級疫学者であるアンダース・テグネルは、「マスク着用を勧めて欲しいというなら、マスクがどれほど有効かを示す証拠が必要だ」と述べている。

 WHOがマスク推奨に回って以来、デンマークでも、通院やリスク地帯から帰るときはマスク着用を求めるようになったが、デンマーク国家保健委員会のブロストロム理事は、「今の低い感染率で(一律の)マスク着用は必要ない」と述べる。

********

 本ブログの読者はスウェーデンがロックダウンを回避したことをご存じでしょう( 「コロナ封鎖」のない国:スウェーデン (04/05))。コロナ・クーデターの仕掛け役であるグローバリスト、医薬産業界はこのスウェーデンの反応に頭を抱えたはずです。そこで、支配下にあるメディアと学会を使ってスウェーデンの政策をさんざん叩き、「失敗だ」とか「無責任」だとかくりかえした。一時期、その手の記事があふれていました。そしてその隣国や周辺国へも、コロナの「目に見える象徴」であるマスク着用圧力を加えたようですが・・・その努力もむなしく、北欧の人びとは、あっさり「マスク廃止」を選択。90%以上がマスクを外せないどこかの国とは、どうも良識と権利意識が違うようです。2020.8.11

(ベイルート事件の続きを書くつもりでしたが、暑くてダウンーーウチにはエアコンがないーー。明日以降、記事をアップします) 

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(1) | - | pookmark |

コロナ入院「患者」は犯罪者?

 コロナ陽性の「入院患者」は実質的に「犯罪者」として扱われていました。

 それを伝えるのがこの↓ニュース。以下、古い順に並べます。

埼玉で入院していたコロナ患者 看護師に嘘の説明をし一時逃走

20207311732テレ朝news 埼玉県羽生市の羽生総合病院によりますと、30日午後9時ごろに新型コロナウイルスで16日から入院していた40代の男性患者が新型コロナ専用の病床から職員通路を使って逃げ出しました。男性は一般病棟へと移動した後、通り掛かった看護師に「患者の家族ですが、病棟を迷いました」と嘘の説明をしていたということです。関係者によりますと、男性はその後、川越市内の入浴施設で見つかり、別の病院に入院しました。

***

 「逃げ出した」「一時逃走」「見つかった」という言葉使いは、関係者がコロナ「患者」を「閉じ込めておくべき犯罪者」とみなしていることを意味しています。SNSを見ると、当夜、警察や消防署も動員され、大きな「捕り物劇」が展開されていたことが記されていました。

 TW :羽生市のコロナ陽性入院患者が脱走、川越市渋井「小江戸はつかり温泉」にて捕獲。周辺はパトカー、消防のサイレンが鳴りっぱなしだった。午後6:19 · 2020731

 

 そして、↓二つが翌朝のメディア報道。

コロナ感染男性 “脱走”し温泉へ 病棟の鍵を破壊

[ 20208105:30 ] https://www.sponichi.co.jp/society/news/2020/08/01/kiji/20200801s00042000057000c.html 埼玉県は31日、新型コロナに感染し入院していた春日部市の40代男性が、退院の許可を得ないまま外出し、川越市の温泉施設「小江戸はつかり温泉川越店」を訪れていたと発表した。男性は713日に発熱、16日に陽性と判明し、羽生総合病院(羽生市)に入院。重度の肺炎だったが何度も外出しようとし、30日午後10時ごろ病棟の鍵を破壊。タクシーで帰宅し、自家用車に乗り立ち去った。31日午前10時ごろ、県警の捜査員が温泉施設の駐車場で車を発見し保護した。

***

 見出しは「脱走」、記事の中では「退院の許可を得ないまま外出」…この表現、落差がありすぎませんか?

 また、患者が「重度の肺炎」なのに、自分で施設を抜け出し、車を運転して温泉に行ったとは普通は考えられず、病院側の発表に大きなウソがあると感じます。そしてこの記事では、病院がコロナ専用病棟に「カギ」をかけていたことが明らかにされています。つまり、コロナ患者の入院施設は、事実上、「医療留置所」とみなされており、当然、そこに収容されている人は「犯罪者」として扱われていることを意味しています。・・・患者たちはそれについて同意していたのでしょうか? 同意したにしても、患者たちはいったいどんな犯罪を犯したというのでしょう?

 

入院先→自宅→勤務先→温泉 コロナ患者「脱出劇」鍵こじ開け抜け出し、12時間後、警察が発見

2020/08/01 08:10 https://www.tokyo-np.co.jp/article/46060 東京新聞

 新型コロナウイルスに感染し埼玉県羽生市内の病院に入院していた40代男性が、30日夜に病院を無断で抜け出し、一時行方不明になっていたことが分かった。県が31日、発表した。男性は同日午前10時ごろ、川越市内の温泉施設で警察官に保護された。外出中の濃厚接触者は確認されていないが、県は立ち回り先を男性と同じ時間帯に利用した人に、保健所へ相談するよう呼び掛けている。(飯田樹与、寺本康弘、中里宏、近藤統義)

 男性は県の聞き取りに、「仕事の進み具合が気になった。川越には仕事の関係先があるので向かった」と話しているという。県によると、男性は春日部市在住で、せきや発熱などの症状で新型コロナウイルス感染症の軽症と診断され、16日に羽生総合病院に入院。無断外出時は、重い肺炎とせきで中等症に当たる症状があった。県や病院関係者らによると、男性は30日午後10時ごろ、私服に着替え、コロナ病床と他のエリアを仕切る扉の鍵をこじ開け、ナースステーションの死角になっていた職員専用通路用のドアから抜け出した。通路の出口は施錠されていたが、男性を見掛けた看護師が、「患者の家族」と名乗る男性の話を信じて出口を開け、男性はエレベーターで階下へ降りた。不審に思った看護師の連絡で、病院側は男性が病棟を出たことに気付き、正面玄関付近で姿を確認。しかし警備員らは感染防護装備をしていないため近付けず、男性は正面玄関からタクシーに乗り込んだ。病院は男性の家族や県春日部保健所、羽生署へ連絡した。男性は自宅に戻った後、車で行方不明になった。家族は31日未明、行方不明届を春日部署に提出。同日午前3時すぎ、県は男性と電話がつながり、病院へ戻るよう説得した。男性はこのころ、三郷市内の勤務先にいたという。男性は31日午前9時ごろ、川越市内の温泉施設「小江戸はつかり温泉川越店」に入店。警察が車を発見し、1時間後、車に戻ったところを保護された男性は無断外出する前日までにも外出を何度も試み、「退院させろ」と主張したが、医師らから病状を説明され、あきらめたような様子だったという。温泉施設の支配人によると、保健所からは、男性が長く入院しているため感染拡大の心配はないと説明されたという。しかし「駐車場で男性が説得されているのを見たお客さんもいる」と風評被害を心配した。31日に記者会見した県保健医療部の唐橋竜一副部長は「患者が一時、行方不明の状態になったことは重大なことと受け止めている」と述べた。男性には肺炎症状が見られるため、感染リスクはゼロではないという。

 ***

 この記事は「脱走」ではなく「脱出劇」とし、「一時行方不明」「保護」と、一般の行方不明事件の用語を使っていますが…「立ち回り先」とはやはり犯罪者扱いですね。

 で、記事を読んで気づいた、いくつかの問題。

 まず男性の方は、入院時は軽症だったのが、二週間の間に病状が悪化しており(事実は不明)、病院の「コロナ治療」の中身が疑われます。また、男性は、自分の考えで病院を抜け出し、自宅に戻り、入浴施設に行くなど、健康に問題があるとは考えられず、ほとんど「似非患者」・・・病院は特定の患者を意図的に「長期留置」していたのではないか。

 病院側はさらに、男性が病院を出たことも、自宅に戻ったことも確認しながら、その後「行方不明になった」として、家族に行方不明届を出させたこと。家族がこの届を出さない限り、警察は動けないことを知れば、この時点で「作為」を感じますけどね。

 その後、パトカーが堂々とサイレンを鳴らしながら全市を駆けめぐり、捕り物劇を展開した。…これは人々のコロナ恐怖をさらにあおるための作戦だったのではないかとしか思えません。当然メディアもぐる。

 そして、「事件」の結果、男性と接触した恐れがある人々は、次々とコロナ試験を受けることでしょう。そしたらーーデザイン通りーー感染者数も増えるはず。そして、無邪気な人は「患者(=ほとんど病原菌扱い)が見つかってよかった」で終わりでしょう。そして「今後は患者が病院から逃げ出さないようにしてくれ」と、管理の強化を求めるだろうし、何かあればすぐ警察や消防、場合によっては自衛隊の出動を要請しろ!となるかもしれません。

 その中で、入院病棟にカギをかけるなんてのは人権無視で憲法違反であることなど、誰も問題にしなくなる。日本に限らず、医薬産業界は黒く、汚い世界なのです。日本の根っこは731、そしてABCCだしね。

2020.8.4

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

マスクを外せ

今日はこれから出かけるので説明は省きますが、欧米ではマスクをめぐる議論が激しくなっています。

↓のビデオは、日本ではまず絶対に見られない「マスク反対派」の集会。かなりの盛り上がり。

https://www.youtube.com/watch?v=w_RxkekW7sE

 

Anti-Maskers and the face mask debate | COVID-19 Special

2020/07/07

そして、スカンジナビアの国々ではマスク着用を止めようとしているのに、イギリスはアメリカ同様(全州ではありませんが)、マスク着用の義務付けに動いているとか。

UK Considers Mandating Gloves While Nordic Countries Ditch Masks

July 31, 2020Ministers in the UK House of Lords are debating whether the next step for fighting COVID-19 should be to mandate gloves for all. “The exchanges came on the day people in England were required to start wearing face coverings in shops, shopping...

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

ファイザーのワクチン治験、半数以上に副作用

 前記事の続き。ロイターは、独のビオンテックと米・ファイザーのRNAワクチンについて、「60人の健康な成人を対象にした治験で、2回の投与を受けた被験者は体内でウイルスの働きを中和する抗体をつくることが確認された。米国での初期治験と同様の結果となった」と伝えています。ところがこの治験では、被験者の半分以上に副作用が出ていました。

 ファイザーのワクチン、治験で半数以上に副作用The Vaccine Reaction July 18, 2020) 

 今年5〜6月にかけて行われたビオンテックとファイザーのコロナワクチン(BNT162b1)のフェーズ1/2治験では、被験者の半数以上に副作用が出ていた。メッセンジャーRNAを用いたこのワクチンの被験者は18歳から55歳の健康な成人45人。12人に10㎍(マイクログラム)、別の12人に30㎍、さらに別の12人に100㎍が、そして9人にはプラセボ(偽薬、0.9%の生理食塩水0.5mL)が接種された。その後7日以内に、10㎍グループで7人(58.3%)、30㎍と100㎍グループでは24人(100%)、プラセボで2人(22%)が副作用(接種部位の痛み)を訴えた。100㎍を接種された1人は激しい痛みを起こしていると伝えられている。

 1回目の3週間後に、被験者は2回目として同量のワクチンを接種され、10㎍グループで8.3%、30㎍で75%が発熱した。また、10〜30㎍の接種グループのうち50%以上に発熱と睡眠障害の副作用が現れ、うち2人の副作用は深刻だ。

 30㎍グループの1人は、接種2日後にグレード3の反応を示した(101.3℉=38.5℃の発熱)。米国保健社会福祉省(HHS)は、グレード3を、「生命を脅かすには至らないが、重度または医学的に重要で、入浴や着替えなど日常生活が自力でできにくく、入院加療が必要」と規定している。

 ファイザーとビオンテックが発表した治験報告書では:

 「ワクチンBNT162b1とプラセボの被験者で、接種7日後までに見られた最も一般的な全身性副作用はで軽度から中程度の疲労と頭痛であり、ワクチン群に多かった。また悪寒、筋肉痛、関節痛がワクチン群に見られたが、プラセボ群にはなかった。全身性副作用は、薬剤容量に応じて増加し、2回目接種後の被験者の多くで報告された(10 µgおよび30 µgグループ)。グレード4の副作用は報告されていない(HHSはグレード4の副反応を「生命に関わる」と分類している)」

 臨床試験において、実験的ワクチンBNT162b1が、SARS-CoV-2ウイルスに対する抗体の生成に成功したことがわかった。最近のSTAT誌によれば、その一部は中和抗体として「ウイルスの機能を妨げるように見える」が、「これらの抗体の中和レベルがコロナに対する免疫を生み出すかどうかは不明だ」という。両社はこの夏、さらに大きな臨床試験を実施する予定だ。

***

 治験の報告書そのものを読んでいないので断言はできませんが、少なくとも以下のことは言えるかも。

 ★まず、被験者の数が違う(ロイター記事60人、この記事では45人…分母を大きくして副作用発生率を低くするつもり?)。

 ★次に、副作用発生率がとても高い(HPVワクチンの治験段階の発生率と同じくらい。それにも関わらず医薬産業界の強い「押し」で「定期化」されたてしまった…)。

 ★副作用発生頻度の問題。高容量では全員に、10μgでも半数以上に副作用が出ている。10μといえば、百万分の10グラムという極小量であることに注意して下さい。これが実用化されれば、ケムトレイルや4G5G、不健康食品や薬剤に痛めつけられている一般人では、副作用の発生頻度はもっと高くなるはず。なお、プラセボでも副作用が出ているのは、プラセボに使ったのは生理食塩水ではなく、「別のワクチン」ではないかと疑われる(ワクチンの二重盲検試験でよく使われる手です)。

 ★「中和抗体」でーー量の多寡によらずーーコロナウイルス感染症を予防することは全く証明されていない。

 「コロナワクチン」とは人々をだまくらかして「皆ワクチン制度」を浸透させるための、イチかバチかの賭けなのです。だから、極めて無害に見えるコロナウイルスの「感染の危機」をあおり、無邪気な被験者を選んでワクチン教を創設しようとしている。ちなみに、この手の危険な賭けの被験者に選ばれるのは、健康で、盲目的に政府・製薬メーカーを信じ、問題がおきれば「自分のせい」「遺伝のせい」にし、文句など言わない人々が多く、彼らが問題に気づいてコロナワクチンの被害と疑問を公言しない限り、強制ワクチンは近づいてくることでしょう。

 なぜなら、このファイザー/ビオンテックワクチンは、すでにアメリカFDAのファストトラック(一括迅速承認)を得ているからです...アメリカはほんとにひどい状況になっている。

ファイザーとBioNTech、FDAから実験的コロナウイルスワクチンの「ファストトラック」取得

2020年7月20日Pfizer, BioNTech get vaccine 'fast track' from FDA

 米ファイザー社と独のパートナー企業のビオンテックは、開発中の実験的コロナウイルスワクチンが米国FDAからFast Trackの指定を受けたと発表した。これは、FDAが今後6か月以内にこれらのワクチンを承認する可能性があることを意味し、同社は、承認を受ければ年末までに1億ショット分を製造を見込んでいるという。同社によると、健康なボランティア24名をを対象とした最近の臨床試験では、ワクチン接種後28日に、感染した人に通常見られるより高いレベルのCOVID-19抗体が生成されたという。

***

 μgマイクログラム(10の-9乗)とは、mgの1000分の1、gの100万分の1。

 このワクチンは、百万分の10〜100グラムというわずかな量で、人体に遺伝子改変を起こすことを目的にしています。そのため、接種する際は、直接、細胞にはたらきかける特定の用具を使います。これは動植物の「遺伝子組み換え技術」とまったく同じなのです。当然ながら、予測不可能、何か起きたとしても修復不可能、元の状況には決して戻りません。被験者は「それでもいい」と思っているのではなく、「安全、有効」「人類のためになる」などとのウソを吹き込まれているはず。・・・だから、コロナ騒動は全体が大きな詐欺なのですけどね・・・

2020.7.27

 

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

「コロナワクチン」について知っておくべきこと

 コロナ・ワクチンについて、ロイターがとんでもない記事を書いています。以下はその一部。

新型コロナワクチン治験で相次ぎ有望な結果、期待高まる

2020/07/21 08:45 [シカゴ20日 ロイター]

 英製薬大手・アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同開発中のワクチンの初期臨床試験(治験)結果では、2回の投与を受けた被験者全員に免疫反応が確認された。深刻な副作用は出なかった

 中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)<6185.HK>と人民解放軍の軍事科学院が共同開発しているワクチンの中期治験でも、安全性が確認されたほか、1回の投与を受けた健康なボランティア508人の大半で免疫反応が起きた。 被験者の約77%に発熱や注射部位の痛みなどの副作用が出たが、重篤なものはなかったという。アストラゼネカとカンシノのワクチンはともに、アデノウイルスをベクター(遺伝子の運び手)として利用する。どちらも研究結果は英医学誌ランセットで報告された。 米ジョンズ・ホプキンス大学公衆衛生学大学院のワクチン専門家、ナオール・バルジーブ氏とウィリアム・モス氏はランセットに「両治験の結果は総じて類似しており、有望だ」とコメントした。ただ、カンシノのワクチン候補の治験では、同ワクチンで使われるアデノウイルスに感染したことがある被験者は免疫反応が弱いという結果が再び示されており、研究者らは克服すべき「最大の障害」とした。

 一方、独バイオ製薬ベンチャーのビオンテック<22UAy.F>と米製薬・ファイザーが共同開発中の、メッセンジャーRNA(mRNA)と呼ぶ遺伝子を使う別のタイプのワクチンについて、ドイツでの小規模な治験で得られた追加データが公表された。未査読の研究論文によると、60人の健康な成人を対象にした治験で、2回の投与を受けた被験者は体内でウイルスの働きを中和する抗体をつくることが確認された。米国での初期治験と同様の結果となった。

 先週には米モデルナが開発中のコロナワクチンについて、米国の研究者チームが、初期段階の研究で安全性が示されたほか、健康なボランティア45人全員に免疫反応が見られたとする報告書を公表している。世界保健機関(WHO)の元事務局長補で現在は仏研究機関インセルムに所属するマリー・ポール・キーニー氏は「これら全てのワクチンが体内で抗体をつくるとみられるのは勇気付けられる」と評価。「科学が急速に進展しているという証拠で、良い兆候だ」とした。(後略)

**********

 開発中のコロナワクチンはすべて有望という、事実と正反対のニュースです。この記事の目的は、株価下落を食い止め、医薬産業界に資金を投下している帝国の資産家/投資家を守り、さらなる資金投下を呼び込むためでしょう。コロナワクチンの「危険性」は、本ブログで何回もお伝えしています↓が、メディアはそんな「事実」を報道することは許されていません。 

「コロナワクチン開発」で、私たちは少なくとも以下のことを知っておくべきです;

  • ワクチンは人体にとって異物。それを注射したら生体反応が起きるのは当然の話。医薬産業界はこれを「免疫反応」「抗体」などと呼んでいるが、その抗体によって「病気予防ができる」ことは証明されていない。

  • 「コロナワクチン」開発は、今回のコロナ騒動のずっと前から進められてきた。これは、ワクチンの「成功」と、コロナウイルス新型肺炎の流行がセットで準備されていたという意味。

  • ところが、過去のワクチン開発では、実験動物(フェレット)がすべて死んでしまった。コロナワクチンによって、ウイルス既感染動物が「抗体依存性感染増強」を起こしたためと見られている。

  • そのため、今回のワクチン開発では動物実験をパスし(実施している国もある)、いきなりヒトへの治験が開始された。上の記事の例はすべてそう。

  • また、今回のコロナワクチンを通じて、医薬産業界は遺伝子情報を用い、まったく新しいワクチンを開発しようとしている。特に、英、米、日本が「国策」として進めている、mRNAやDNAを用いたコロナワクチンは、接種後の遺伝子改変を目的とした、いわば「ヒトの遺伝子組み換えワクチン」であり、その危険性と人類にもたらす将来の影響は計り知れない。

  • 事実、モデルナのワクチンでも、オックスフォード大+アストラゼネカのワクチンでも、被験者に高率の副作用が出ているが、グローバリスト支配下にあるメディアは、それを伝えようとしない。

  • 人体実験そのものも、それぞれの国内ではなく、ブラジルや南アフリカなどで行われており、正式に被験者のインフォームドコンセントが得られたかどうか疑わしい。また、実験で用いられた「プラセボ」が、本当に「生理食塩水」だけなのかもきわめて疑わしい。

  • 「コロナ騒動」そのものが、人口削減をめざすビルゲイツと、その背後のグローバリスト・軍産複合体による将来計画であり、その最終目標こそ「人類皆ワクチン」。これによって全人類を監視下、支配下におく。

 だいたいの流れはこういう感じですかね・・・ま〜、そんなことは知らなくても、直感的に「今回のコロナ騒動はおかしい」「マスクは嫌だ」「何がソーシャルディスタンスだ」と考えることができる市民が多ければ、彼らの計画は「簡単に」止まります。だから、グローバリストは、人々に「考えさせない」。そして、人々が集い、情報交換できるような「場」をつぶしているのです。

2020.7.26

 

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

HPV世代に子宮頸がん激増、オーストラリア

同じようなニュースはこれまでもお伝えしていますが、オーストラリアでもHPVワクチン接種世代で子宮頸がんが激増しているとの情報が入ってきました。https://childrenshealthdefense.org/news/australian-data-cancer-epidemic-in-gardasil-girls/?utm_source=salsa&eType=EmailBlastContent&eId=2c73f019-20b0-40d9-83b9-acec6f754afb

「ガーダシル(HPVワクチン)は女性たちを殺している…この評決は今や避けがたい。オーストラリア政府のがんデータAustralian government’s cancer dataは、ガーダシル接種世代の女性たちの子宮頸がんの劇的な増加を示している。同ワクチンのメーカー、メルク社による許可取得前の治験でも、ガーダシル接種者で子宮頸がんが44.6%増加したことが示されていたthat showed a 44.6% INCREASE in cervical cancersワクチン接種前にHPVウイルスに曝露された場合ー最大で30%が産道で曝露する可能性がある)。それにもかかわらず、同社はガーダシルを「子宮頸がん予防」として若い女性たちに売り込んだ。(中略)オーストラリアでは2007年以後、26歳までの女性すべてにHPVワクチンが提供されている。政府のデータによれば、ワクチン接種後数年で子宮頸がんが増加し、25歳で16%、30歳では28%の増加率となっている。十万人当たりでは、25歳で3.2から3.7に、30歳で5.4人から、6.9人に増加した計算だ。一方、同ワクチンを受けていない高齢の女性では子宮頸がんが減少しており、これは早期のパップスクリーニングテストのおかげと考えられる。

 つまり、若い女性の子宮頸がん激増の「犯人」は、1HPVワクチンの失敗、2子宮頸がん検査率の低下(HPVワクチンを過信による)、3子宮頸がんウイルス株の変化(HPVワクチンの対象株以外の株が優位になった)、4病原性プライミングのいずれかであることを示している。ガーダシル接種による自己免疫疾患で苦しむ女性たちは世界中に何万人もいるが、HPVワクチンの開発者であり、数百万ドルのロイヤリティを受けているイアン・フレーザーIan Fraser は、「その女性たちは(ワクチンを打たなくても)自己免疫疾患にかかったことだろう」「彼女たちの被害とHPVワクチンは何の関係もない」とうそぶいている。

 事情はおそらく日本でも同じでしょう。でも、メディアと医薬産業界による情報統制、支配が行きわたっている日本では、このようなまともな情報は得られず、ウソ情報、プロパガンダがあふれています。

 たとえば、自民党の「HPVワクチンの積極的勧奨再開を目指す議員連盟」は、今後、厚労省に積極勧奨の再開を求めるとか(読者からいただいた情報です。ありがとう)

 

HPVワクチン議連、厚労相に要望書提出へ 啓発活動の団体設立も - buzzfeed.com

https://www.buzzfeed.com/jp/naokoiwanaga/hpvv-giren-youbousho

「女の子も男の子も接種をさせることが人類の将来のためにもなるし、子ども自身の幸せになるという実感をもっと増やしていただいて、信念を持ってうつようになってほしい」と吹き出したくなるようなことを言っています。それどころか今後、一般市民や専門家らと共に『ヒトパピローマウイルスから国民の命を守る会(仮称)』を設立し、以下の行動を行うとか…。

    積極的勧奨の再開

接種を逃した年代への接種機会の提供

9HPVワクチンの定期接種化の推進

情報提供パンフレットの早急な改訂と対象者への個別送付の徹底

接種後の事象に対する迅速かつ丁寧な対応の強化

HPV ワクチンについての正確な知識を周知徹底

 議連からは、自らも子宮頸がんを経験した議連幹事長の三原じゅん子参議院議員が参加する。

三原議員は、議連だけでなく国民も巻き込んだ団体を設立する理由についてこう述べた。「再開されたとしても、接種をしていただかなければ意味はありませんので、保護者の皆さんもご本人も納得した上で接種していただいて、そのことで集団免疫ができてくるかもしれない。世界の流れに逆行している日本ですから時間はかかると思いますけれども、追いつくように頑張っていかなければいけない」「もっと広くこのワクチンの安全性や必要性を理解いただくために何かをやらなければいけない。政治の世界だけでやっていても接種対象の年齢の方達に伝わらない。保護者の皆さんにも伝わらない

 HPVワクチンの積極勧奨を中止した日本は、他の国の被害者から大いに評価されていますよ。そして、国民も被害者に同情し、その決定を受け入れている。これをひっくり返そうという自民党議連の動きは、被害者の完全無視と、子宮頸がんの増加、そしてこのワクチンそのものの犯罪性を覆い隠そうというもので、到底受け入れられない。そこにはやはり米の脅し(気象兵器のターゲット)を感じますけどね・・・それにしても、この三原という議員、まだいたとは。

3030.7.16

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

マスク強要の動物園、休園すれば?

 前記事円山動物園、マスク義務付け、やりすぎ (07/06) をFBに転載したところ、ちょっとびっくりするようなレスポンスがありました。以下はその一部。詳しくはここ→市民運動「ワクチン反対市民の会」(ブログでは氏名をカットしています)

  • 間違った知識をひけらかし、熱中症や呼吸器官、さらには骨格などの成長まで妨げるようなものをこのような形で強いるのは愚行です結局、マスクしてる人がしてない人を批判するのを恐れているだけ
    正直、こんな動物園や遊園地は潰れてもいいと思います
  • めっちゃ自分勝手ですよね❣️マスクを強制する方がよっぽどみんなのことを考えていないと思います。そんだけコロナ怖いなら外に出るなよって思ってます
  • マスクは雑巾並みに雑菌ついてるらしいですからね🤣まあ、したい人はしてもらって、しない人には強要しないでもらいたいですね❗️
  • ですよね❗️雑巾マスクを着用したいかたはどうぞご自由に❤️…って感じですよね😅
  • 大阪の某テーマパークも久々にCMが流れたと思ったら、堂々とマスク着用が必要と流しておりました。Twitter上では、マスクつけてない客がいたー!などと晒し上げ、客もマスク警察状態。それほど怖がっているのに混雑したパークには行く、マスクさえ付けておけばすべてOKという謎思考、都合の良い解釈に辟易します。
  • 本当にアホくさの一言です❗️わたしは食品店に勤務しているのですが、当初からあえてのノーマスクです。気遣ってマスク着用で出入りする業者さんにも、当店はマスク不要ですよと伝えています。お客様のコロナへのスタンスを伺って、場合によってはお客様にも不要だと伝えるようにしています。無益どころか害のあるマスク着用…。ああアホくさ(←もうその言葉しか出てこないです💦同調圧力には屈しない所存です。
  • 一人ひとりがみんなのことを考え、とありますが何かあったら責任取れないからとりあえずみんな一応マスクだけはしてよってことですよね😂
  • 同感です。ただでさえ罪のない動物を捕らえて閉じ込める施設。この際潰れたら良いとさえ思います。
  • 園長さん、ちゃんとコロナの事勉強してから決めてくださいね。ここまで言っちゃうなんて残念ですわ。
  • こんなの休園確定ですね。動物に絶対うつされたくないし、お客さんも熱中症で倒れたくないし、円山動物園以外にも動物園はある。
  • 休園してください!
  • もお客さんが来なくなっても、助けてくださいとか、来てくださいとか言わないでね(*>∇<)

Cats Can Spread COVID-19 Coronavirus Infection to Other Cats (中国でペットのマスク着用が流行したのは2月のこと)

 びっくりしたのは投稿者の元気なこと、そして、このFBに投稿するような人々は、みんな,茵舛勉強している、従って、⊆分の考えに自信を持っている、だからこそ、真剣に怒っていることです。その怒りは「動物園なんかつぶれてしまえ」「休園確定」という発言にまでつながっている。日本には海外のように「動物の権利」を守る運動も、「動物園廃止」を求める運動もないのに、そこまで言える人もいるのですね・・・

 彼女たちは感じ取っているのです。この園長は、市民にマスクを強要する法的権利はないにもかかわらず、「動物たち」さえ持ち出せば、どんな親も必ず要求に従うと考えていることを。つまり、マスク強要は無法であり、それは「政治ゲーム」に他ならないことを。・・・

 FB投稿には他にも驚くべき情報が書かれていましたが、続きは明日。

2020.7.8

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(1) | - | pookmark |

円山動物園、マスク義務付け、やりすぎ

 これも読者からの情報です。札幌市の円山動物園では、マスクを着用していない客は入園できないんだそう…他市でも状況は同じかもしれませんが、それにしても、所長の「メッセージ」には驚かされました。

 園内でのマスク着用についてお客様へ園長からのメッセージ

円山動物園では、これまで園内のすべての場所においてマスクの着用を義務化してまいりました。これは、飛沫による感染を防ぐためのものです。しかしながら、これからは気温が高くなることから、新型コロナウィルス感染症の予防に加え、熱中症についても同時に予防する必要があります。このことから、7月1日からの園内のマスクの取り扱いについて、次のとおりとさせていただきます。
〇 入場時には、必ずマスク着用を着用してください。(特別な事情がある方は、除きます。)
  小さなお子さん以外でマスクを着用していない方は、入場できません。

〇 園内のすべての屋内施設及び屋外のマスクエリアにおいては、必ずマスクを着用してください

 ※マスクエリアには、皆様が目視で確認できるよう、地面にラインを引いております。

〇 屋内施設及びマスクエリア以外においても、ほかのお客様や動物と十分な距離(少なくとも2m以上)を確保することが出来ない場合は、マスクを着用してください

〇 特殊な事情があってマスクを着用できない方については、すべての場所において、ほかのお客様や動物と十分な距離(少なくとも2m以上)を確保してください。また、十分な距離を確保することが出来ない場合は、飛沫の発生を防ぐため、会話はお控えください

 なお、マスクエリア以外を設定する目的は、熱中症予防のため、暑いときや息苦しいときに、一時的にマスクを外して休息したり、飲水をすることが出来るようにするためです。したがいまして、屋内施設及びマスクエリア以外において常時マスクをはずして良いわけではなく、また、ほかのお客様や動物と十分な距離(少なくとも2m以上)を確保することが出来ない場合でもはずして良いわけではありません。新型コロナウィルス感染症のリスクは無くなったわけではありません。ご来園の皆さんひとり一人がみんなのことを考えながら、すべての方が安心して安全に楽しめる動物園にしていきましょう。よろしくお願いいたします。   

2020年6月30日
園長 加藤 修
 

   ヒステリックなほどの「マスク義務付け」、そして「会話を控えろ」「他の客との距離を保て」…これは「メッセージ」ではなく、一方的な命令です。つまり、同園は、客を、商品である動物に「感染」をもちこみかねない病原体と見なし、「国に従え」「つべこべ言うな」と言っているわけ。そこには市民の人権や、納税者への気遣い、地方自治法、憲法への考慮はまったくありません。

 でも、これは「改正版」。二週間前の「メッセージ」はもっとひどかった(強調山本)。

「円山動物園は、現在、新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、園内でのマスク着用を義務化しています

しかしながら、園内では、少なからずマスクを着用していない、または着用していても、口や鼻を出している方をお見受けします。その場合、マスク着用を促していますが、着用した振りをして立ち去る方や無視する方がいらっしゃいます。また、入り口に掲示をしているにもかかわらず、「入り口で言われていない」とおっしゃる方もいらっしゃいます
マスクの着用は、飛沫によって周りのお客様や動物園の飼育動物、職員が感染することを防ぐために、義務化しているものです。円山動物園としては、お客様や飼育動物、職員の新型コロナウィルス感染症感染リスクをできる限り低減させなければなりません。
マスクをしていないお客様を見て、不安に感じているお客様もたくさんいらっしゃいます。
動物園は、皆さんが安心出来る場所で無ければならないと考えていますので、このままの状況が続くようだと、暑い時期の動物園の休園を検討する必要があると考えております。しかしながら、私どもは、一部の方々のために多くの方々が困ったり悲しんだりすることはしたくありません。どうか、円山動物園を開園し続けるために、お客様全員が今の円山動物園のルールである「マスクの着用」を守ってください。もしくは、(特別な事情が無いにもかかわらず)マスクをされたくない方は、ご来園をお控えください。みんなのためにみんながルールを守る動物園にしましょう。
2020年6月17日 園長

 ね? この園はまるっきり「マスク警察」なのです。しかも「このままの状況(マスク未着用の客がいる)が続くようだと休園するかもしれない」と脅し、「(マスク未着用の姿に)不安を感じるお客様もたくさんいる」と責任を転嫁し、最後は、「マスクしたくなければ、来るな」とまで言っている。市営の公共施設の長にこんな権力的発言が許されるはずはありません。

 札幌市民は、同園に対し、マスクで感染を封じ込めることはできないこと、逆にマスク着用は健康に悪影響を与えることを指摘しておく必要があります。そうしないとこの手の権力集団は、今後さらに対応が過激化することが予想できるので。

 なお山本は「動物の強制収容所」の全廃派であることをここで表明しておきます。2020.7.6

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

自衛隊員、マスク死

 マスク問題の続報。FB「ワクチン反対市民の会」https://ja-jp.facebook.com/NoVaccineatKanagawaに、こんな情報が入っていました(感謝!)。…おそらく地域版の記事だったのでしょう。初めて知りました。

途中マスクを外すも… 20キロ歩く訓練終了直後に男性自衛官が急死 因果関係は不明 静岡・御殿場市 東富士演習場

2020/6/9() https://news.yahoo.co.jp/articles/1c4cf46dcb789bfc81168e177d030d891a7db937

 マスクをつけたまま20キロを歩く訓練が終わった直後だったということです。静岡県御殿場市の東富士演習場で、45歳の男性隊員が急死しました。9日午前145分ごろ、御殿場市にある東富士演習場で、45歳の男性陸曹長が歩いて行進する訓練を終え、次の訓練へ向かう際に突然倒れ、搬送先の病院で死亡しました。陸上自衛隊によりますと、死因は心筋梗塞でした。行進の訓練は約20キロの演習場を歩いて1周するもので、参加した全ての隊員が新型コロナ対策としてマスクをつけていたということです。マスク着用は各自の判断に任されていて、死亡した男性陸曹長は途中からマスクを外していました。訓練の内容やマスク着用と死亡したことの因果関係はわかっていません。この男性陸曹長は埼玉県の大宮駐屯地に所属していて、訓練のために東富士演習場に来ていました。陸上自衛隊は「原因究明とともに所属する隊員の健康管理に万全を期していく」とコメントしています。

***

 まるで「死の行進」です。「マスク着用は独自の判断に任せていた」とありますが、軍隊ほど厳しい規律を強いる組織はなく(自衛隊も軍隊です)、事実上義務付けだったはず。死亡事故が起きたので、「独自判断」ということにしたのでしょう。

 因果関係も何も、マスクによる酸素供給量の低下が心筋梗塞を起こしたことははっきりしています。

「 心筋梗塞とは心臓(心筋)が酸素不足になり壊死する病気です」

 https://www.fureai-g.or.jp/seiwa/patients/heart-disease/disease/ischemic-heart/myocardial-infarction/

 その痛みは「火箸で刺されるほど」で、死因が本当に心筋梗塞なら、周囲がそれにまったく気づかなかったはずはなく、何らかの隠ぺいがあるような気がします(完全に推測です)。それに、軍隊では日常的に隊員の健康を管理し、病気などに万全の注意をはらっているものなので、死亡した隊員が何らかの深刻な持病を抱えていたとも考えにくい。

 

 同じような事故は、世界最大の軍事大国であるアメリカでも起きているはずと思い、ちょっと検索をかけましたが・・・フォート・ジャクソン基地(米最大の訓練施設)で、「非強度トレーニング」中の29歳が死亡していました。https://www.thestate.com/news/local/military/article241088651.html

 記事には書いてありませんが、米軍の兵士にはマスクはユニフォームの一部であり、常時着用が義務付けられていました(幹部は除外。この記事→https://www.militarytimes.com/news/coronavirus/2020/05/13/masks-are-the-uniform-of-the-day-for-the-rank-and-file-why-arent-the-brass-following-suit/の写真を見れば明らかでしょう)。

(5月8日、トランプ大統領と軍高官とのミーティング。ソーシャルディスタンスもマスク姿もないことに注意・・・彼らはちゃんとわかっているんだ!)

従って、この兵士も酸素不足で心臓に異変をきたし、亡くなったと考えられます。

 おそるべし、マスク。事実を隠す工具、。

 この事件は、壮健な大人でもマスク着用で簡単に死に至ることを示しています。ましてや、肺や気道、汗腺や体温調節機能が十分に発達していいない子どもや若者では、心臓より先に脳が酸素不足に陥って死亡することになってもおかしくない。

 親や教育関係者はこのような事例があることを知り、マスク着用の危険性にきちんと目を向けてほしいものです。

2020.6.28

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |