WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ベトナム風物

 「ジカ」の続きがなぜか「下書き」から消えていたので(操作ミスとは思えない)、気を取り直して、今日はちょっとだけベトナム南部の風物を紹介します。
 今回はテト(旧正月)の時期だったので、メコン川の水上マーケットはお休みでしたが、その代わり、静かですばらしいデルタの風景を満喫しました。ミトーでは、メコンは大きくは9つに分流し、大きな流れにはたくさん島があり、それぞれに数百〜数万人の人が生活しています。私たちはエンジン付きのボートで、幅3キロの流れを横切り、小さいボートに乗り換えて、島の水路に分け入りました。水路の両側は深いジャングル。そこかしこから鳥のさえずりが響きわたり、ずうっと滝のような音がしていました。ちょうど干潮時で、土地を潤していた水が川へと戻る音だったんですね。


 メコンの川の赤い色は、汚れているわけではなく、この地域の赤土が溶け込んでいるからです(中国の黄河が黄土高原の土のせいで黄色いのと同じ)。人々はこの水で洗濯したり、掃除したり、水浴びしたりしていました。雨季になると川の色はもっと赤くなるそう。海水と淡水が入れ替わる汽水域にはマングローブなど独特の植物が多く見られますが、上の写真の水路を囲むように生えているのはウオーター・ココナツ(ニッパ椰子)。干満の差が激しく、満潮の時は水が一メートルほどもあがるとか。


 橋が少ない代わりにいろんな「渡し舟」が活躍していました。通学も通勤も買い物もみんな船。ガイドによると「結婚式も葬式もみな川の上でやるんだよ」。
 上の写真は観光客用のボートですが、下りは流れに乗りノーエンジンでも大丈夫でした。船の両脇に飾られた菊の花は、日本の門松と同じ新年を祝うものです。黄色が好まれるようで街には梅に似たホアメイ、マリーゴールドやひまわりなどの花市があちこちに立っていました。気温は連日33℃ほど・・・さあ、明日は寒い日本に帰るぞ。2016.2.16

日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

動物好きなあなたに

 私は今日、帰宅予定ですが、出先から以前書いておいた記事をアップします。
 この捨て犬は発見された時、頭部はひどい疥癬(かいせん)に覆われ、弱りきっていて、安楽死させられる寸前でした。それを救ったのが動物愛護団体 Vet Ranch rescue (VetRanchとは獣医の農場という意味)。「死ぬ寸前だったけど、なんとかしてあげよう」と、「かさぶたクリスティ」という名をつけて治療を始めたのです。

 でも、さすがは子犬。体を洗ってもらい、毛布でくるんでしばらく休ませたら、もう尻尾を振って、愛想を振りまき、「遊ぼう!」。その間の写真。動画はここ↓
http://www.buzzfeed.com/candacelowry/this-abandoned-puppys-recovery-story-will-make-you-cry-happy#.jiXGJ9Dwn
そして3週間たつとかさぶたが消え始め、8週間後には、本来のつやつやした黒い毛に覆われたとてもキュートな子犬に大変身、それがこれ↓。すばらしい回復ぶりです。


 それで名前から「かさぶた」を取って、クリスティとだけ呼ばれるようになりましたとさ。おそらく、今頃は優しい里親に大事に育てられているのではないでしょうか。
VetRanchには他にも感動的な動物保護の写真がたくさんあります。
https://www.facebook.com/VetRanch/timeline

夏休み、「滞在先で動物を捨てる」という悪習が早くなくなりますように。2015.8.13
日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

夏休み中です

 一週間ほど夏休み。WiFiも電話もない場所だと、さすがによく眠れる!


でも今日は町に出て、たまったメールをチェック。そしたら、「休暇が必要な十の理由」という記事が目につきました。次のようなサインがあったら、とりあえず、すべてを投げ出して休みましょう。
 1.小さなことが大問題に思える
 2.職場の同僚から「あなた、大丈夫?」といわれる
 3.ミスが多くなる
 4. 不必要に皮肉っぽくなる
   5.  非生産的な行動が増える(口論とか、人の悪口とか)
 6.身体のどこかが痛む
 7.胃の調子が悪い
 8.眠れない
 9.寝酒が必要だ
 10. 何のために仕事をしているかわからなくなる

 ストレスフルな社会だから、この項目にあてはまる、という人も多いでしょう。周辺にこんな人がいたら、どうぞ休みを勧めてあげてくださいね。2015.8.2
 

日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「水曜デモ」と安保法制

  さて、韓国での最終日はたまたま水曜日。ということで、日本大使館前で行われている、慰安婦問題解決のための水曜デモに参加しました。私が参加することで多少でも人数が増えれば、と思っていたけど、行ってびっくり。大勢の人が大使館前の道路に座り込んでいて、身動きもできないほどでした。しかも全土から来ている。いつもはこの倍も集まるとのこと。


(写真は通訳の金さん提供、写っていませんが、画面の右側が日本大使館です)

 この日は今年一番の暑さ(台風一過で)のせいか、いつもより参加者は少なく、参加した元慰安婦のおばあさんも一人だけでした。でも、そのハルモニと「少女像」を取り囲んだ人たちはざっと300人以上、取材陣の数も多く、とにかくすごい熱気です。しかも大学生や高校生など、若者が多く、日本とは大違い。彼らはグループで決意表明したり、連帯の歌や踊りを披露したり、とても元気。発言も、きちんと勉強した上で、政治的解決と保障を求めており、韓国の市民運動の厚みと底力を感じました。

 私も2分間スピーチさせてもらいました。なんて言ったかって? 「慰安婦制度を生み出したのは皇軍、最高責任者である天皇の戦争責任を問うべき。それをやってこなかったから、安倍は戦争法制を成立させようとしている」てな感じでした。すると、集会後、若者のグループから「勇気をもらえた」という声がかかり、一緒に記念撮影。聞くと、ソウルからとても離れた地域の高校生だということです。この若さで、彼らは「歴史」を直視している。これも日本とは大違い。

 残念ながら16日には「安保法制」が衆院を通過しましたが、嫌韓、反中ブームをあおり、歴史をねじまげてばかりいる日本では、実際に「新たな戦争」にまきこまれざるを得ないでしょう。フクイチだけでなく(そこから目をそらすため)、また問題を抱え込もうとしている自公政権。市民が強くならないと、社会は変えられない。2015.7.18

日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

戦没者慰霊祭で知った韓国技芸のすばらしさ

  ソウルでのシンポジウムに続き、シンポジウムの委員企画の「平和の旅」に参加し、韓国北部の江原道へ行きました。ここは朝鮮戦争の激戦地で、韓国側、北朝鮮側だけでなく、北朝鮮を支援した中国義勇軍の兵士が数万人も亡くなったところで、その慰霊が目的のひとつでした。
 出発した頃から雨。どうも日本海まで達した台風が朝鮮半島をかすめて北上していたため、私たちはその台風と一緒に旅することになり、二日間、ずっと雨にたたられました。もっともひどかったのが、華川ダムを見下ろす展望台の上で行った記念式典の時。展望台の一部は屋根があったので助かりましたが、横殴りの雨、激しい風にあおられて一時はどうなることかと思いました。式典はソウルから一緒に来た僧侶の読経、献舞、全員の合唱、そして各自で礼拝、お供物の分配と、朝鮮式に続きました。ソウルからの参加者は十名足らずでしたが、現地の反戦平和運動の方々が駆けつけてくれ、合計で30名以上。

 私がもっとも驚いたのは、この時、演奏と献舞を受け持った技芸団の芸でした(正式名称は名刺−ハングルーが読めないのでパス)。日本の「舞踏」に似た舞はとてもすばらしく、凄みさえ感じました。また、当日夜の「二次会」で聞いた、リーダーのすばらしい歌声は、パバロッティかドミンゴかと思うほど。私の名前をもりこんで、当意即妙の歌(パンソリというらしい)をうたってくれ、大いに受けていました。
 お伝えしたいことが本当にたくさんありますが、デジカメの電源を忘れてしまったので写真はアップできません(いずれ友人から借ります)。今日は、これから日本大使館前の「水曜日デモ」に参加します。2015.7.15
日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ソウルに来ています

  「歴史と平和のNGO大会」へ誘われ、9日ー15日の予定でソウルに来ています。昨日は分科会で「慰安婦問題」について発表しました。かなり時間をかけて用意した文書でしたが、思いがけないほどの評価をいただいてほっとしました。 
 今日はその続きのNGO「大討論会」。韓国の市民運動家がいかに元気で、歯に衣着せない人々かを知って、すっかり元気になりました。今は、日本のユネスコ遺産登録、そして慰安婦問題に関して、韓国社会は今までにまして日本政府に怒りをもっている様子。どこかでチャンスがあればぜひ報告したいと思います。明日は北との国境線、DMZ(非武装地帯)などを訪れます。
とりあえず。2015.7.11

日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

九重山系に行ってきました

 北九州での勉強会のついでに、九重山系に足を伸ばしました。白水鉱泉に到着した時はすごい雨で、登山などムリと思ったけれど、日頃の行いがいいせいで、翌日の天気は小康状態。さっそく前岳〜高塚山〜天狗岩縦走しましたが、すばらしい原生林のコースなのに、アップダウンが激しいせいか誰一人会いませんでした。
天狗岩から。ミヤマキリシマとツツジドウダンが美しい

 でも、コースの最後は平治岳へのルートと合流するので、一転、登山者ラッシュ。山道はドロドロ。翌日は、このドロドロ道を避けて北側からその平治岳を目指しましたが、状況はもっとひどく、泥んこの斜面を両手でよじのぼるハメに…でも、山頂に立つと、ミヤマキリシマのピンクに覆われた風景が眼下に広がっていましたよ。
花の名所、平治岳の山頂から

 この後、北大船山、大船山に登り、下山を開始した頃から雨。坊がツルに着いた頃は雨足も激しくなり、テント泊をあきらめて長者原まで降りました。山でお会いしたみなさん、いろいろありがとう。また会おうね!(写真の日付はまちがい。実際は2014年6月9〜11日です)。2014.6.14

日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

屋久島のしゃくなげ

 連休なのでちょっと息抜き。昨年5月、屋久島・宮之浦岳に登った時の写真です。

 山行はややハードでしたが、花と森、縄文杉、大滝、真っ青な海、そして、ウミガメ、鹿や猿などのたくさんの動物たちにほんとに癒されました。焼酎もおいしかったし(三岳と愛子)、人々もみな親切であったかかった。また行きたい〜2014.5.5
 
日記 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

気象庁「特別警報」が出ています

 9月16日午前8時前、巨大台風18号が愛知県豊橋市に上陸したとのこと。私、今日、日野市で講演会なのよね。昨日までは「予定通り」だったけれど、さあ、どうなるか。

台風18号:和歌山沖を北上中 滋賀で土砂崩れ
毎日新聞 2013年09月15日 23時21分(最終更新 09月16日 02時28分)
 大型の台風18号は16日午前0時現在、潮岬(和歌山県串本町)沖約160キロを時速約30キロで北北東に進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の東側650キロ以内と西側460キロ以内で風速15メートル以上の強い風が吹いている。気象庁によると、京都府京丹後市では1時間に約100ミリの猛烈な雨が降った。滋賀県栗東市で土砂崩れがあり、住宅1棟が倒壊し、1人が行方不明となっている。滋賀、京都、奈良、和歌山、兵庫の各府県で避難勧告が出され、鉄道も乱れた。
 大阪管区気象台によると、降り始めから15日午後10時までの雨量は、和歌山県那智勝浦町で337.5ミリ▽奈良県上北山村で336ミリ▽兵庫県南あわじ市で212ミリ−−など。 和歌山県では、熊野川が流れる新宮市で273世帯に避難指示、783世帯に避難勧告が出て、16日午前0時までに、85世帯132人が公民館などに避難した。那智川が流れる那智勝浦町でも、1442世帯に避難勧告などが出され、73世帯117人が避難。田辺市では、33世帯に避難勧告が出て、16世帯21人と観光客13人が避難した。京都府では、京丹後市で2202世帯、宮津市で266世帯に避難勧告。宮津市長江で民家1軒に土砂が流れ込み、40代女性が一時閉じ込められたが、消防に救助された。奈良県では、上北山村の3世帯7人に避難勧告が出た。3世帯はいずれも村内の施設に避難した。滋賀県では、甲賀市で220世帯に避難勧告が出された。兵庫県西宮市は武庫川に隣接するマルキ旅館(同市塩瀬町名塩)の宿泊客と従業員39人に避難勧告を出した。滋賀県湖南市のJR草津線では15日午後7時20分ごろ、甲西−三雲駅間の線路の一部が最大約40センチ冠水し、草津線全線の運転を終電まで見合わせた。
 気象庁によると、台風の影響で、16日にかけて四国から東北の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降り、局地的には1時間80〜100ミリの猛烈な雨も予想される。16日午後6時までの24時間の予想雨量は、多い所で近畿、関東甲信、東海=500ミリ▽四国=250ミリ▽北陸=200ミリ−−など。大阪管区気象台によると、近畿では15日から非常に強い雨が降り、16日も南部で猛烈な雨が降ると予想される。1時間の雨量(予想)は、多い所で南部80ミリ▽中部70ミリ▽北部60ミリ。15日夜から南部の海上を中心に強風が吹き、陸上での最大瞬間風速は30〜35メートルに達する可能性がある。

 ところで、今回、初めて出された「特別警戒」とは、これまでの「注意報」→「警報」の上に出されるもので、8月30日から運用が始まったばかり。18号に合わせて作ったわけではないでしょうが…

 特別警報」とは
 気象庁は、平成25年8月30日(金)に「特別警報」の運用を開始しました。
 「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。 
 気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。(中略)特別警報が出た場合、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。


 「特別警報」発令の基準は、市町村・地域単位で違い、気象庁はずいぶん細かいデータを集めています。でも、「命の危険がある気象」と聞くと、すぐ「気象兵器」を思い起こしてしまうのは私だけか。今年の日本沿岸の水温は、通常より3〜4℃も高いそうで、「エル・ニーニョ」が日本近海に移動してきた感もあります。早く収まって欲しいな2013.9.16 

日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

原種の蕎麦の味、松本

 私用で二日ほど長野県の松本市に行きました。
 いつもは山旅の途中、通り過ぎるだけでしたが、今回、初めて市内を観光し、ここが湧水の里であることを知りました。ぐるりと町を取り囲む山々や森がはぐくんだ水が、松本の盆地にゆっくり湧き出ているのですね。松本城の飾り気のないフォルムも、雪山に映えて美しい。それから人々もおっとり、やさしい。信号のない横断歩道で、車だって必ず止まってくれます。

 早春の松本城。遠くの白い三角形の山は常念岳。昔、行ったな〜

 たまたま入った「佐々木」というお蕎麦屋さんは、思いがけず創作料理の店、そしてひげのおやじさんも、思いがけず大のオペラファン。ここのおそばは、この地方の原種を育てたものだそう。まず、少量のお塩で食べますが、少しざらざらした歯ごたえと独特の香りが塩で引き立てられて、絶品。輸入ものが幅を利かしている昨今、こういう地元産の本場の味を、ぜひ地域全体で守って欲しいと思いました。というわけで、私としては珍しく、味どころの紹介でした。ああ、もう3月も終わりか。2012.3.31

日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |