WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

空には人工雲ばかり

前記事以来、気になってあれこれ検索していますが・・・昨今の空に浮かんでいるのは人工雲ばかりのようです。

どんな雲かって? このサイト↓では17種の「心を引き付ける雲」を紹介しているので、興味がある方はご覧ください。

 

Earth and Life Sciences: 17 Captivating Clouds

https://earthandlifesciences.blogspot.com/2012/06/17...このページを翻訳 2012/06/02
 どれも、昔は目にしなかった雲ばかり。しかも、いくつかの説明を読むと、激しい嵐や豪雨をもたらすものもあり、今や気象改変技術は完全実用化しているようです・・・国際条約で禁止されているにもかかわらず。
その結果、こういう↓奇妙な雲も誕生。何十〜何百キロにも達するそうです。
三列に並んだモーニング・グローリー雲(Wiki)
 心を引き付けるどころか、異常すぎて私は吐き気を催しますけどね。そして、これらの新しい雲の中に、空を埋め尽くすケムトレイルが含まれていないというのもおかしい。気象庁はケムトレイルの存在を知っているんですよ!
気象関係者の多くが、「今、気象に何が起きているか」については口を閉ざしています。
その中で、巻雲、入道雲、うろこ雲など、気象の変化と共に発生し、人の心を躍らせ、慰めてくれた「自然の雲」はどんどん姿を消している。このような不気味な雲しか目にすることができないとしたら、今の子どもたちに「自然」はどう映るのでしょうか。
2019.7.24 
政治批判 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

線状降水帯って?

   参院選の投票日を狙ったかのようにさまざまな参事が続いています。ゝ都アニメーションの放火事件、九州など各地で記録的大雨、そしてさるお笑いタレントの記者会見・・・

 ,魯泪ぅ鵐疋灰鵐肇蹇璽襪考えられるし、△呂發舛蹐鷽郵降雨。の記者会見は、これらの問題と選挙への関心をそらすため、この時期にぶつけたとしかいえません。その結果、この芸能ネタがもっとも高い視聴率を誇っており、今後何日も話題の中心になることでしょう。

 九州の大雨のニュースは、このメディア操作の中で、地域の話題としてすぐに忘れられることでしょうが、110m/hの雨って破壊的。こういうことが自然現象としてありえるのか?という、ごく基本的かつ物理的な疑問を感じます。

福岡県と佐賀県で110ミリ 記録的短時間大雨

2019/07/21 06:26 © Japan Weather Association 提供  

福岡県久留米市と佐賀県鳥栖市、みやき町付近では、21日午前550分までの1 時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

福岡、佐賀県境の筑後川付近で猛烈な雨

九州北部では線状降水帯が発生し、局地的に雨雲が発達しています。福岡と佐賀の県境付近を流れる筑後川流域の福岡県久留米市と佐賀県鳥栖市、みやき町付近では、21日午前550分までの1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒してください。土砂災害や浸水の危険のある場所にお住まいの方は、あらかじめ決めておいた避難場所まで移動することがかえって危険な場合もあります。そのような場合は、近隣のより安全な場所や2階以上の部屋など、少しでも安全な場所へ移動しましょう。

記録的短時間大雨情報とは数年に一度しか発生しないような短時間の大雨を観測・解析した時に、各地の気象台が発表します。 基準は地域ごとに異なります。その地域にとって「災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量」であることをお知らせするため発表するものです。

 

 ・・・いかにも自然現象のような説明ですが、この降水量が自然現象として説明つくのかどうか。それに「線状降水帯」という言葉が気象情報に中に登場したのはここ数年の話で、その生成や動きは何もわかっていないとのこと。じくじくした黒い空が何日も続くのは極めて異常で、気象操作、人工降雨を疑うのは当然でしょう。私は45m/hの雨を経験したことがありますが、それでも心から恐怖心がわいたものです。地元の方々がどれほど心細い思いをしているか…何とか乗り切ってください。

 ところで、久しぶりにケムトレイルの情報を検索したら、「すでに自然の雲は少なくなっており、ケム雲がほとんどだ」とみなしている気象学者もいました。さらに、雲の分類の中にそれまでなかった「新しい雲」が登場していました。

 asperatus cloudと呼ばれるおどろおどろしい雲です。たとえば↓の写真。の生成も科学的に証明されていないことも、気象操作が日常的になっているからかもしれません。

asperatus clouds に対する画像結果

 とにかく気象から情報まですべて操作されている!その中で、事実を見分けるのは大変ですが、とりあえず大本営情報を疑う癖をつけましょう!2019.7.21

再エネ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ワクチン強制と市民の反撃2

 というわけで前記事の続きです。

 宗教的理由によるワクチン免除問題を審査した裁判所は、712日、家族の訴えを退ける判決を下しました。

これに対し、ケネディ率いるChildren’s Health Defenseは、次のような声明を発表しています。

 

マッケイ判事は本日、(ワクチン強制の)一時的差し止めを求める家族の求めを拒否する決定を下しました。この決定は退歩ではありますが、決して最終決定ではなく、今後さらに新たな判断が加えられることになります。これから仮差し止め命令に必要なヒアリングが行われたら、私たちは新しい情報を提供する予定です。 

マイケル・サスマン弁護士の声明:

「私は本日、(ニューヨーク州)オールバニ郡最高裁のマイケル・マッケイ判事から、宗教的除外規定の効力を無効にする差し止め命令を出すよう求めた私たちの訴えを拒否する手紙を受け取りました。

マッケイ判事はその理由として、他の裁判所も州が強制ワクチンを命令する権利を支持していること、そして暫定的差し止め命令を出すのに必要な、実質的可能性をあげるという非常に高い負担を果たしていないこと、をあげています。この考えには賛同しませんが、ただちに反論はしません。

判事はさらなるブリーフィングの日程を設定し、もし私たちが、判事の前で本訴訟のメリットを示せれば、(新学期が始まって)子どもたちが取り返しがつかない被害に苦しむことになる9月までにはまだ時間があるとの考えを表明しました。

今回の決定は私たちが望んだものではありませんが、もともと州法(の実施)に対して差し止め命令を得るのは非常に難しいことなのです。この問題がさらに発展すれば、この法律の運用を判事が事前に制限することにつながるかもしれません。私はそれを実現させるために取り組んでいきます。July 12, 2019 https://childrenshealthdefense.org/child-health-topics/mandates/statements-on-judge-mackeys-ruling-on-nys-temporary-restraining-order/

 ニューヨーク州のワクチン強制法は、事前説明も市民の意見聴取(パブリックコメント)もないまま、短時間の審議で通過・成立してしまったのですが、市民はこの訴えを通じて、その実施に待ったをかけようとしているのです。日本では裁判所(裁判官)は腐敗しているし、市民は訴訟に慣れていないので事件を裁判所に持ち込むのは勧められませんが、アメリカの裁判所は日本と違って口頭弁論主義、市民は自己主張することに慣れているので、原告にも分があります。
 単に原告だけでなく、全国の市民の「健康と福祉」にかかわってくる訴訟。その展開を見守りたいと思います。
2019.7.20

 

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ワクチン強制と市民の反撃

 アメリカ・ニューヨーク州の「ワクチン強制」の話題は何回かとりあげてきましたが、市民はやられっぱなしというわけではありません。去る7月11日には、宗教的理由でワクチンを拒否している人々が原告となり、ニューヨーク州を訴えています。

  ニューヨーク州は2019年6月13日、同市の「はしかの大流行」は、ワクチンを回避する人々のせいであるとして、宗教的理由によるワクチン免除を取り消していますが、これに反発する55家族が原告となり、州最高裁に、ワクチン強制の準備的差し止め命令を求めたのです。

 このような「強制」を拒んだ結果、何がおきているかというと、これらの原告の子どもたちはもはや学校にも保育所にも受け入れてもらえず、公教育を受ける権利を完全に奪われてしまったということです。納得できないのは、連邦法と州法が「宗教的理由によるワクチン免除」を認めているのに、NY州はそれらの事実を無視し、一度も公聴会を開くこともなく、免除規定をカットしてしまったこと。これは州法、連邦法に違反しているというのが原告の訴え。

 公教育を受けるには宗教的信念を曲げなければならないとしたら、これは、思想の自由や教育を受ける権利、行政の公平公正の原則をまったく無視しており、特定の団体に対する利益供与を目指した制度としかいえません。

 原告たちの「宗教」は、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教などとさまざまだということですが、これは、特定の宗教に対する攻撃でもあり、ひいては「思想の自由」を拒否する流れにつながるでしょう。ワクチン強制は、単に「ワクチン」や、「ワクチン被害」だけの話ではなく(これも大変な問題ですが)、地上で最も大きな権力を持つ組織(行政組織)が、人の思想や内心の自由に土足で踏み込むことを許す、「思想統制」に直結する危険な動きなのです。。

 この訴訟の代理人であるロバート・ケネディ・Jr.はおおむね以下のように述べています。

「宗教の自由は基本的な権利だ。州が市民からその重要な権利を奪うのは憲法違反だ。州が、法律作成に必要な事実確認をすることもなく、一方で宗教的理由によるワクチン拒否に激しい敵意を示して、この厳しい法律を施行するのは、はっきりいって非アメリカだ」

(参考:ChildrensHealthDefense.org)2019.7.15  

・・・今、チェックしたら、裁判所はこの訴えを拒否した模様。これから兵庫県に行きます。続きは帰ってから。

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

復活しました!

 ここ一か月、私のパソコンで続いていたインターネットの問題がようやく解決できました。原因は、今のパソコンのブラウザー、インターネット・エッジにあったようです。とにかく、検索画面は出るけど、その先はクリックしても「表示できない」と出てきて、事実上、情報遮断状態にあり、かなり焦りました。それも、真っ先に、私がいつも参考にしているサイトが見えなくなり、今朝は、メールのコメントさえ「表示できません」と出てくるなど、日ごとに重症化していたのです。

 Edgeがなぜそういう風になるのかは不明ですが、私としては、特定のサイトを検閲する一種のプログラムでもあるのではないかと考えていたところです。今、法事で実家にいますが、帰宅次第たまった情報をアップします。おしらせまで。2019.7.7

- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |