WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

佐那河内村、広域協議なぞ参加しちゃダメ

 現地で話をした関係で、佐那河内関係のニュースには無関係ではいられません。

 この↓記事ですが、この新村長氏、自分がいかに矛盾したことを言っているのか、気づいてないの?

 

広域ごみ処理の座談会終了 佐那河内村

2016/8/28 http://www.topics.or.jp/localNews/news/2016/08/2016_14723614024798.html

佐那河内村の岩城福治村長が、村の行政課題について村民の意見を聞くため開いていた座談会が終了した。徳島市など6市町が進めているごみ処理 施設の広域整備に加わるかどうかを巡っては、村長が参加に理解を求めたのに対し、住民から反対や慎重な意見が上がった。村長は村議からも意見を聞き、9月 9日に開会する村議会定例会で結論を示す見通しだ。座談会は7月12日〜8月4日、村内7カ所で開かれ、計約130人の村民が参加した。
 村長は、周辺自治体と共同で取り組む広域行政の必要性を指摘。徳島、小松島両市と勝浦、松茂、北島、石井の4町がごみ処理施設の整備に向けて協議を始めたのを受け、「村にどんなメリットがあるのか、協議に参加して見極めたい」と理解を求めた。6市町と村が村内に計画していた広域ごみ処理施設建設が昨年の村長選を経て頓挫した経緯を踏まえ、「村が建設候補地を出すことは考えにくい」との考えも示した。
 これに対し、住民は10人ほどが意見を述べた。多くが反対か、参加に慎重な考えで、「村が進める分別や減量化に逆行する」「広域連合では(人口が少な い)村の意見が通らない懸念がある」「広域整備に加わっても村に建設しないなら村の財政負担が大きくなるはず。その分を他の施策に回せばいい」などの声が 上がった。徳島市に協議再開を申し入れた5市町から声が掛からなかったことを挙げ「呼び掛けがないならこちらから加わらなくてよい」「途中で協議から抜けるようなことになれば、さらにしこりが残る」といった意見もあった。
 村長は近く、村議会全員協議会で村議に意見を聞いて最終判断をすることにしている。6市町は本年度内に建設候補地を含めた整備方針を決めることにしており、村長は徳島新聞の取材に対し「対応を急ぎたい」と話している。徳島市の遠藤彰良市長は村の参加について「市から積極的に呼び掛けることはない」との考えを示している。村長も「協議に参加したいといっても、受け入れてくれるかどうかは分からない」としており、今後の行方は不透明だ

 

 だって、★「広域行政は必要」といいながら、「どんなメリットがあるかわからない(だから協議に参加する?)」、★協議に参加しても「村が建設候補地になることはありえない(参加する意味はありません)」、そして、★協議に参加したいが、受け入れてもらえるかわからない(おいおい・・・)。それに対し、住民がいかにまともな意見を述べていることか。

 

 「広域協議」とは、広域行政に参加する自治体同士が、どんな施設をどこに作るか(廃棄物政策の場合はどの市町村に焼却炉を作り、どこに処分場をもってゆくか)、費用分担はどうするかなど、極めて現実的な話しを取り決めるための協議です。従って、施設分担を最初から拒否していては参加の資格がないし、逆に参加したら、必ず何らの施設を引き受けることになるわけ。そんなことさえわからないとしたら、よほどブレインが鈍いとしか思えませんけどね。

 佐那河内村は、徹底的なごみ分別と住民参加で、子どもの医療費ゼロを達成した、ほんとに全国に誇れるごみ政策を実施している稀有な自治体です。岩城村長がやるべきは、その「佐那河内方式」を広め、本物の「ごみゼロ自治体」を増やしてゆくこと。つまり、むしろ「協議会」に参加している自治体を脱退させるくらいでないと、選挙民を裏切ることになるでしょう。2016.8.29

ごみ問題(ごみ焼却反対) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ワクチン勉強会、銀座

 東京初の勉強会が、9月5日(月)午後、銀座の小さなレストランで行われます(この日、レストランはお休みで、会場を貸りることができました)。ワクチン問題初心者のママにも、社会問題に興味があるパパにもわかるように話をするつもりです。すでに満席状態のようですが、東京で話する機会はあまりないので、どうしてもと言う方はFB(⇒https://ja-jp.facebook.com/NoVaccineatKanagawa)の方にご一報下さい。

 

 次の勉強会の予定は10月10日、三重県桑名市になります。ここでは、前回の講演会の後、すぐに「ワクチン反対の会 東海」ができました!めずらしいことに、全員男性です。今、仲間を募集中とのことなので、一緒に勉強・活動したい方、よろしくどうぞ。

市民活動「ワクチン反対の会・東海」 

novaccinetokai.org/  10月10日午後 ワクチンの勉強会を行います。 場所:桑名市民会館3階大会議室 定員 99人 三重県桑名市中央町3丁目20. 参加費 2,000円. 講師:山本節子 市民運動「ワクチン反対の会・神奈川」代表

 

 それから「Oさんという人が、『ワクチン反対の会 神奈川代表』として講演活動をしている」という連絡がありました。FBですぐに出るとのことですが、それはないでしょう。詐称ですね。詐称で講演活動をするという神経は理解不可能ですが、訂正の上、謝罪を求めたいと思います。2016.8.29

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

『風力発電の被害』続き

 前記事の続き。実は、風車被害に会った人の生の声が本になるのはおそらく初めてです。なので今日は、その表紙を、推薦の言葉と共に紹介しておきます。

==========
孤立無援
低周波音被害は低域の空気振動を原因現象とする、外因性の自律神経失調症なる不治の病だ。
被害者になってしまうと、あらゆる人工的連続音に反応し、安息の空間は失われてしまう。国家は理工学理論を利用して、医学を否定し医師を疎んじ、この被害が疾患であることを否定し続け、巨大風車や家庭用給湯器へと、加害源が拡大した。
由良守生は低周波空気振動被害者であり、和歌山県日高郡由良町町議会議員を務めている。かつて、父と共に水俣病患者であった川本輝夫は、チッソ水俣病患者連盟の委員長、水俣市市議会議員も務め、運動の先頭に立った。
その姿が由良守生に重なって見える。ここに、社会的責務を放棄した日本弁護士連合会や日本消費者連盟、日本気象協会などの団体が、国家の下策に乗じて、被害者の人権を蹂躙した結果が記されている
。(
「特定非営利活動法人 低周波空気振動被害者の会」代表窪田氏の推薦文)

===============

 ふるさとの緑の尾根に、こんな醜悪な建造物がずらりと並んでいたら、そこはもう「故郷」ではありません。しかも一つ一つが相当巨大で、そばに行くとその不自然さに圧倒されます。風車の影になるところでは常にシャドウフリッカーが点滅しているのも不愉快で、今でも近づいた時に感じた耳下腺の痛みと吐き気がよみがえる思い(以後、私は「風車の現地」はなるべく避けています)。低周波音はかなり離れたところにも到達して、人の五感を狂わせますが(個人差が大きい)、その訴えは完全に無視されている。電力会社がからむ事業なので、「小児甲状腺がんと放射能は関係がない」という図式が、ここでもまかり通っているわけ。

 住民は怒らないのか、って? 怒りません。彼らは誰も理解してくれない苦しみに打ちのめされ、言葉を失い、人格が変わり、静かに狂ってゆくからです。その中で一冊の本をまとめるのがいかに大変なことか・・・この「狂気の風車」が全国展開されようとしている。風の道にあたる地域は要注意。2016.8.27

 

Check
再エネ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |