WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

子どもの慢性病、RFK

 ワクチン大国・アメリカの情勢を一番雄弁に説明してくれるのが ロバート・ケネディJr.でしょう。

 環境と健康問題の活動家、弁護士としてアメリカでは知らない人はいないでしょうが、彼は自分のサイト、Children's Health Defense Teamを通じて、子どもたちを取り巻く現在の深刻な状況をくりかえし訴えています(ちなみに、今回、上のキーワードで検索したら、なんと1億以上、172,000,000 件がヒットしました.)。

 下は一年ほど前の動画ですが、3分ほどと短いので目を通してみて下さい。

https://youtu.be/WcyQzCgEz2M

 字幕と発言は一致しません。字幕では、今のアメリカの子どもたちの健康状態のデータが並べられますが、それがすさまじい。そして状況はさらに悪化しています。一方、発言の方は、その状況をもたらした制度への批判です。

 「…製薬企業とそのカルテルは権力機関を取り込んでおり、弁護士や裁判官、議員、メディアもワクチン問題については共謀していて、本来なら子供たちを守るという役割を放棄している。ワクチンの安全性はこれまで確かめられたことがない。それどころか、普通の薬剤開発に求められている厳しい二重盲検比較試験なども、ワクチンでは免除されているのだ…」

 なお、ついでにラリー・キングによるインタビュー(2018.7https://www.youtube.com/watch?v=INMkjO03n-E)を見ました。彼は「ケネディ家の悲劇」にも関わらず、極めて冷静に世界の動きと自分を見つめていることいます。日本にはないタイプの政治家です。これからも元気でいて欲しい(暗殺されるなよ〜)。

 なお、彼の活動や情報↓については、10月の名古屋の講演会でお話します。お楽しみに。2019.9.16

子どもの慢性病ー誰が警鐘を鳴らすのか?

by the Children’s Health Defense Team September 12, 2019

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ワクチン反対ママ、逮捕される

 前記事の続き。

 カリフォルニア州議会の「ワクチン矯正法(SB276)」成立を阻止しようと、集まったママたちのうち、少なくとも6人が逮捕のれていたとのことです。下の写真はそのうちの三人。彼女たちは議員の入場を阻止しようとドアの前に立ちはだかり、警察官がうながしてもどかなかったことから逮捕に至ったようですが、意外なことに、ワクチン反対」運動での逮捕者はこれが初めて。

 なお、議会はその後、法案を可決し、ニューサム知事がこれにサインして成立しています。

 つまり、カリフォルニア州は、もう安心して住める地域ではなくなったということです。特に小さな子どもを持つ家庭には。

Forced Vaccination and Nonviolent Civil Disobedience この日、カリフォルニア州の議事堂は、朝から不穏な空気に包まれていました。本来なら「子供の健康を守る」政策に市民が反対するはずはありません。しかし、世界最多のワクチン接種国・アメリカでは、ワクチン被害、特に自閉症の爆発的増加に、さすがの親たちも自衛せざるを得なくなっているのです。それがはっきりしたのは、前回2015年のSB276成立以後、「医学的理由によるワクチン免除」が増えたこと。医薬産業界側はそれに対抗するため、今回の改正により、医師の「医学的理由によるワクチン免除」をより厳しくしたようです。

 話にならない汚さですが、これに怒った親たちは、上院、下院、そして知事室に押しかけて、抗議の声をあげ、歌を歌ったりしたようですが、すでに勝敗はついていました。

 ・・・「市民運動で逮捕される」のは、ラブキャナル事件のロイス・ギブス以来、社会に警鐘を鳴らし、公民権の重要性を訴えた、という意味で一種の栄誉です。子供たちに取り返しがつかない事態が起きた、ということを経験しtあお母さんやお父さんが、怒りをもって立ち上がって初めて、多くの「普通の人々」はゆっくり目覚めてゆくのでしょう。ワクチン被害はすでに地球上の全人口を巻き込み、しかも拡大しています。そして、日本も例外ではありません。2019.9.15)

(参考:https://www.theguardian.com/us-news/2019/sep/09/california-legislature-protest-vaccine-bills

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

カリフォルニア州、ワクチンの「医学的免除」はく奪

 このところ、ワクチン関係のニュースをあまりアップしていませんが、これは決してニュースがないというわけではなく、気が滅入るようなニュースばかり入ってくるからです。

 たとえば、アメリカ・カリフォルニア州では、大勢の反対の声にもかかわらず、SB 276の改正案が通過しました。これまでは、医師が「医学的見地から、ワクチンを打たなくてもいい」と認めればワクチンが免除されていましたが、今後は「すべての子どもがワクチンを接種すること」となってしまったのです。そう、たとえ、ワクチンが原因でアナフィラキシーショックを起こしたことがある子どもさえ。

 カリフォルニア州におけるこれまでのワクチンをとりまく情勢ですが;

 2012年、ワクチン接種証明のない子どもは学校に行けないと定めたAssembly Bill 2109が通過。同州は、ワクチンポリスに見張られているような状況になりました。

 2016年、例の「ディズニーランドはしか」騒ぎをきっかけに、Senate Bill 27が成立し、市民の自由はさらに制限されることになりました。この法律でそれまでの「信仰及び思想の自由」を理由としたワクチン免除が否定されたためです。ディズニーランドはしかの感染者の半分以上がワクチン接種済みでしたが、そのことは無視され、とにかく「全員接種」の体制作りが進められたのです。

 そして2019年の今年、リチャード・パン議員はさらにSB 276を提案。これは、最後に残っていた医師による「医学的見地からのワクチン免除」をなくしてしまったのです(今後はその求めがあれば行政が判断する)。考えられない悪質な法律ですが、すでに民主党議員すべてが賛成票を投じていて(共和党議員はすべて反対)、もはや挽回不可能な状態でした。

 しかし議会ビルに大勢の反対の家族が押し寄せたため、議長は形ばかりの「ヒアリング」を許したのです。 

 SB 276 の抗議集会でワクチン被害者に語り掛けるR・ケネディJr.

 反対集会に集まった人々のほとんどは、ワクチンによる被害を被った子どもたちの親でした(子どもの参加も多かったようです)。彼らは他の子どもたちが同じような苦境に陥らないことを願い、「選択の自由」を求めたのですが、その声は通りませんでした。すでに医療機関にも手が回っていて、多くの医療機関は親の求めに応じようとせず、「医学的免除」が得られない状況になっていたようです。そして、この日の集会参加にも「逮捕される」との脅しが流された模様。

 ワクチン接種は医療行為。医療を受けるのは個人の自由のはずですが、アメリカでは、今やその自由は否定されています。そのターゲットになっているカリフォルニア州は、住むのに非常に危険な地域になりました。特に小さいお子さんを抱えて渡航を考えている人たちは、状況をきちんと把握しておくべきでしょうね。2019.9.14

(参考)Protests and Near-Arrests in Assembly Appropriations …

https://californiaglobe.com/section-2/protests-and-near...このページを翻訳 2019/09/02 ·
ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

水上メガソーラー火災、報告は?

  前記事をいくつか訂正しときます。まず「山倉ダム」は水道水源ではなく、工業用水専用ダムでした。水道水源でないからいい、というわけではありませんが。そして、前記事では「暴風の影響で」にとらわれて「摩擦熱」原因説をとりましたが、最大の要因は強風で吹き寄せられたパネルに、ソーラーの自動発電が引火、火災に至った可能性が大。ソーラー発電は火災などが起きてもすぐには停止できず、海外などでも大きな問題になっています。

 参考にしたのはここ→http://reserve111.com/archives/15708

「台風の強風に煽られたフロート式パネルが寸断。一カ所に吹き寄せられた事により、日が明けてパネルの自然発電により出火したものと思われます。消火方法など検討中だと思われます。ソーラー発電の怖さの一つが現実化!」

 

 なおこの湖の貸主は千葉県企業局(旧水道局)。

 そして、事業の受益者はTEPCO。ね?再エネは、まさに原発事業を補完しているのです。

ダムに浮かぶ5万枚の太陽光パネル、日本最大の水上メガソーラー完成

2018年03月26日 07時00分 [松本貴志,スマートジャパン]

京セラTCLソーラーは、千葉県市原市に建設していた日本最大の水上設置型太陽光発電所である「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」の竣工式を開催した。発電出力約13.7MWの同発電所は同年3月5日より運転を開始している。

 270Wモジュール約5万枚をダム水面に浮かべる

 東京センチュリーと京セラの共同出資会社である京セラTCLソーラーは2018年3月20日、千葉県市原市に建設していた日本最大の水上設置型太陽光発電所である「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」の竣工式を開催したと発表した。同年3月5日より運転を開始している。2015年12月に着工した同発電所は、千葉県水道局が管理する山倉ダム(工業用水専用ダム)の水面約18万m2に京セラ製モジュール5万904枚を設置しており、発電出力は約13.7MW(メガワット)。年間予想発電量は、一般家庭約4970世帯分の年間消費電力量に相当する約1617万kWh(キロワット時)となる見込み。事業期間は20年で、発電電力は全量を東京電力エナジーパートナーへ売電する。

 京セラTCLソーラーは2012年8月の設立以来、同発電所を含めて全国で61カ所、合計約184.7MWの太陽光発電所を開設し、水上設置型発電所は本発電所で7カ所目となる。同社は、日本国内に数多く存在するダムやため池の有効活用を図るとともに、再生可能エネルギーの普及・促進に努めるとしている。

千葉・山倉水上メガソーラー発電所の全景 出典:京セがわか

 

千葉・山倉水上メガソーラー発電所の概要(クリックで拡大)

 

 ところが、同社HPのトップサイトには「山倉ダムメガソーラー」の案内動画はあるのに、火災の報告はありません。

 映像がご覧いただけます。[7分55秒] https://www.tokyocentury.co.jp/jp/service/finance/solar.html 

 この現地見学用のビデオはなかなか面白いのですが、「水質汚染」に関しては、最後の数秒でちょっと説明しているだけ。それも「日光を遮るので、水質汚染を引き起こすもととなる水中の藻の繁殖を抑えられることが期待できます」と。ま〜、新技術は常に「期待」を持ち出して、科学的裏付けなどないことを隠しているんですけどね。

 なお、火災について言及していないのは、水上メガソーラーのデメリットなど存在しないことを示すための情報隠しであり、企業として非常に不誠実、悪質。問題が起きたらそのニュースを流すのは企業の社会的責任のひとつのはず。しかもこの企業、今後も水上メガソーラーを積極推進してゆくというのだから、市民の監視が必ようです。

 なお現地の方のツイッターには、黒煙を出し、音をたてて燃えるパネルの動画があるのでぜひ見て下さい。https://twitter.com/sj30daisuki/status/1170922776892301313?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1170922776892301313&ref_url=http%3A%2F%2Freserve111.com%2Farchives%2F15708 

2019.9.11


 

 

 今後も水上ソーラーを積極推進するようですが、拡大させる倉水上メガソ

再エネ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ダム湖のソーラー火災

 気象庁の「警告」通り、台風15号は風速57メートルという「記録」と、停電85万世帯(いまだに40万世帯が停電中)、送電線倒壊、樹木やゴルフ場フェンス倒壊などの「爪痕」を残して去りました。被害を受けた方にお見舞い申し上げます。

 さて、私がびっくりしたのは、この↓ニュースです。

水上の太陽光パネルで火災 強風の影響か 千葉 市原

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190909/k10012071521000.html

水上の太陽光パネルで火災 強風の影響か 千葉 市原 | NHKニュース 千葉県の市原市消防局によりますと、9日午後1時ごろ、市原市山倉にある「山倉ダム」の水面を活用した「水上メガソーラー」で、「太陽光パネルが燃え、黒い煙が出ている」と近くにいた人から通報がありました。現在、消火活動が行われていますが、消防によりますと、太陽光パネル50枚ほどが燃えているとみられるということです。これまでにけが人の情報いとるということです。の市原市消防局によりますと、9日午後1時ごろ、市原市山倉にある「山倉ダム」の水面を活用した「水上メガソーラー」で、「太陽光パネルが燃え、黒い煙が出ている」と近くにいた人から通報がありました。この「水上メガソーラー」は5万枚以上の太陽光パネルが使用され、面積はおよそ18ヘクタールと、水上ソーラーとしては国内で最大規模だということです。現場では太陽光パネルが重なったり、めくれあがったりしていたということです。消防は、台風による強風の影響で太陽光パネルが発熱し、燃えた可能性もあるとみて調べています。

 ソーラーパネルはもともと発熱体、本体もプラ主体の易燃物なので、強風による摩擦熱で火事がおきても不思議はありません。私が驚いたのは、なぜこのダム湖はパネルで覆いつくされているのかという点でした。

 これが下水処理場の沈砂池、沈殿池ならわかります。ソーラーパネルの住宅地への設置で市民の反発を招かないように、事業者は早い段階で公共用地、特に下水処理場など「水面」への設置を推進してきたからです。でも、水道水源となっているダム湖にソーラーを設置してはまずいでしょう。

 なぜなら、ダム湖の水はもともと汚濁しやすいからです。

 人工的なため池では「自然代謝」が行われないため、流れ込んだ落ち葉や枯れ枝などの有機物は次第に水底に蓄積し、やがて腐敗してヘドロとなり水質を悪化させるのです。多くのダムでは湖底がヘドロや、有機物を含む堆砂に覆われており、排出しようにもできない状況になっているのはよく知られた事実。また、水面に浮かぶごみが微小化した「懸濁物質」は、大気中のPM2.5と同じように、いつまでも水中を浮遊して水を濁らせ、濁水や泥水をもたらします。ダム湖ではまた、水が循環しないため、湖底と表面の温度差が大きくなり、アオコなどが繁茂して水を腐らせることも知られています。

再エネ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |