WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

講演会のお知らせ(ごみ問題)

 珍しく私の講演会が告知されました(赤穂民報)! 現地で進行中の「西有年産廃事業計画」に反対する人々の主催です。

 この計画には今年の7月からかかわっていますが、ちょっと調べたら、事業主の大栄環境はダミーの東洋開発工業を使い、すでに森林法違反など、違法事業を重ねていました。しかも、この事情を知る兵庫県はすべて見ぬふり知らんふり。裏で事業を推進しているのは明らかで、改めて「兵庫県株式会社」の悪さを感じます。なぜなら予定地は岡山県との県境、そこから流れ出す梨ケ原川は、ほんの少し下流で、鮎が泳ぎ、コサギが舞う清流・千種川ー水道水源でもあるーに合流するのだから。しかも、計画地の数倍にのぼる周辺山林はすでにべつの企業所有地であり、この計画を許すと、あっというまに処分場の規模が拡大されるでしょう。警報規模です。

2019.11.10

「産廃反対市民の会」5周年記念講演会

 2019年11月05日 
 赤穂市自治会連合会や市議会議員連盟など17団体で構成する「産業廃棄物最終処分場建設反対赤穂市民の会」(会長=沖知道・自治会連合会長)は設立5周年記念講演会を11月16日(土)に開く。
 加里屋中洲の市民会館1階大会議室で午後2時から。環境ジャーナリストの山本節子氏が「産廃処分場−もう清流は戻らない〜産廃処分場建設に断固反対するために〜」と題し、産廃処分場の危険性や反対運動の取り組み方などについて語る。講演の後、質疑応答あり。入場無料。
 11月24日(日)には上郡産廃問題対策協議会の主催で上郡町生涯学習支援センターでも山本氏の講演会がある。午後2時開会。無料。http://www.ako-minpo.jp/news/14136.html

 

ごみ問題(ごみ焼却反対) | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

徳島広域ごみ、反対のHP

 

 徳島市の広域ごみ処理施設計画のことは何度もお伝えしていますが、それに反対するホームページを立ち上げたという情報が入りました。こちらです→https://mva414197v.wixsite.com/website(広域反対)

 

広域ごみ処理施設建設

2019年7月から多家良地区で行われた各実行組及び常会単位で行われた5箇所の説明会は、ほとんどが反対意見でした。その約2時間の会議の内容を要約文で公開します

 あの人は反対派、賛成派・・・と、

今まで仲の良かったご近所でも顔色をうかがいながらのぎこちない人間関係・・・

迷惑施設と言われるゴミ処理施設建設の候補地になった多家良町は、今まさに、その大きな問題に悩み苦しんでいます。

多家良町の協議会で決議を出して欲しい、その決議いかんでこの事業止められます。

 

 「公害施設」計画は、まず地域の人間関係をぶちこわし、次に環境を破壊・汚染し、人々をあきらめと無気力に追い込むのです。

しかも、この計画予定地は、長年にわたって汚染を垂れ流してきた産廃処理施設の隣接地・・・公害施設はひとつできると、その後にも続くものであることを、住民は肝に銘じてほしい。↓はその産廃施設から出る煙(有害物質の塊)。気象条件によってこの煙は空にあがらず、低く平野に垂れ込めることも多い。 

煙画像2.jpg

       2019年10月6日朝 ​旭鉱石から出る煙

ごみ問題(ごみ焼却反対) | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

HPVワクチン、入学前の子どもに強制?

 「強制ワクチン法」を通してしまったニューヨーク州では、さらに恐ろしい法案が提出されています。

「就学前の子どもにHPVワクチン接種を求める法案」Under S298/A2912です。接種していないと学校にも行けないし、デイケアセンターにも通えないというのだから、ワクチン許容派の母親たちにも動揺が広がっているようです。

たとえば、このニュースを報道した番組に登場した、2人の娘をもつ母親は、次のように述べています。https://13wham.com/news/local/ny-bill-would-require-hpv-vaccine-for-children-to-enter-school-daycare

「とても心配だわ。友人たちもみなそう言っている。自分の子どもに打つかどうか決めるのは難しい。私はワクチン反対派ではないし、子どもにはほとんどのワクチンを受けさせてきたわ。でもHPVワクチンはまだ新しいし、ほんとにたくさんの副作用が出ているでしょう?こんなワクチンを子どもに強制するなんて、信じられない」

 法案提出者のブラッド・ホイルマン議員(マンハッタン選出)は、それまでの「宗教的理由によるワクチン免除」を廃止する法律を成立させた実績の持ち主というから、悪質。彼はHPVワクチンが安全で有効、がんを防ぐ、との前提のもと、次のように述べています。

「法案では、2008年1月1日以降に生まれた子供たちは、学校やデイケアセンターに通うには、必ず事前にHPVワクチンを打たなければならない、としている。同じような法律はロードアイランド州でも成立しているよ」

「定期接種にすればHPVによるがんを92%減らすことができる」「医学界は私の提案を支持しており、ワクチン導入を懸念している母親たちに、医師から『事実」を聞くよう勧めている」「私たちにはデータおよびエビデンスを見る責任があり、それにもとづいて行動すべきだ」

 医薬産業界が送り込んだ議員でしょうね。日本にも似たような連中はいます。でも、医学論文や「エビデンス」の信ぴょう性が地に落ちている現在、こういいうたわごとを信じるのはそれこそ「業界人」だけ。被害を受けた家族の、苦しい訴えはちゃんと国民の耳に届いているのです。

現在、アメリカでは、HPVワクチンは9歳から45歳までの男女に推奨されています。当初に比べ、年齢も性別も広げて、それこそ「誰でもが打つべきワクチン」になっているわけですね。そして、接種されているのはメルク社のガーダシル9のみ。これまで、公的に認められた副作用報告は7244件、うち死亡など深刻なケースは3%とのことですが、この数字は氷山の一角です。

 HPVワクチンについては、続々と論文が出ています。みなさま、くれぐれもだまされないように。2019.11.2

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

医大生はワクチンを断れない?

 今回の講演会は面白い出会いあり、ハプニングあり、いろいろと面白い会でした。参加してくださった方、ありがとう。

ついでに「強制ワクチン」追加情報ををアップしようとしたら、最後の送信段階でネットが遮断、原稿が消えてしまいました。まただよ・・・途中までセーブしていたので、後でまたチャレンジしますが、まさに、これは主催者が書いている通り↓声をあげづらくなっている、というより、声をあげさせないための策略かもしれません。

クスリの講演会さんがイベントをシェアしました。

ワクチン問題に関して声をあげづらくなっています
長年ワクチンの問題に取り組んできた山本節子先生。
頼りになるオトコマエな先生です!

 

 「オトコマエ」?はおいといて・・・会の終了後、いろんな方と話しましたが、最も胸が痛んだのは、お子さんが医大に通っているという親ごさんの訴え。

「片っ端からワクチンを打たれて…断れないんです。断ると実習にも行けなくなる」
 医大生だけでなく、看護士、医療従事者もそうですね。ワクチン接種は半強制。断ると失職につながる。

 でも、ワクチンが毒物の塊であることを知っている人にとって、それを受けるのはどんなに嫌でつらいことか。

 日本では、ワクチンは義務接種じゃないのに、医学界はこれを勝手に義務化しているのは、医学産業振興のためでしかありません。(海外では医者は自分の子女にはワクチンを打たせないという話も出ています)。

 それ以上に、ワクチンに異議を唱える人間なぞに医師免許は出さんぞ、という魂胆が見え隠れします。その結果、医大生を含む医療従事者の

ワクチン被害の確率は、一般市民より多いのではないかと思いますが、どうなのでしょうか?
 医学界は、

本来、もっともインフォームドコンセントを尊重し、個人に選択の自由を与えなければならない組織です。そこが、平然と医大生や医療従事者にワクチンを強いているのは大変な矛盾。それどころか、医師法にも憲法にも違反するというのが山本の考えですが、硬直化した「医学」の世界では、だれもそんなことを指摘しないのでしょう。

この流れを変えようと思えば、それこそ欧米のように、医師のタマゴたちベテランたちが集団訴訟でも起こすしかないでしょう。

 

2019.11.1

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

里親が2歳児を虐待

 

 「強制ワクチン」の大波が押し寄せているアメリカでは、「ワクチンを打たない」選択をした両親の子どもは、往々にして親から引き離され、里親にあずけられます。「ワクチンを打っていないので、健康上の危険がある」などの理由ですが、その里親送りの子どもの四人に1人が向精神薬が常時投与されることになっているのだとか。

 親はもちろんこれに抵抗しますが、こうした「医療誘拐」には警察もかかわり、有無をいわさず子どもを拉致してしまうのです。

 本ブログではアリゾナ州で起きたSWAT(警察の特殊部隊)の家宅侵入と、3人の子どもの「医療誘拐」をとりあげましたが(特殊部隊、2歳児を連れ去る | WONDERFUL WORLD 2019年4月の記事wonderful-ww.jugem.jp/?eid=2079 アリゾナ州の状況はいっこうに改善されておらず、それにもましておぞましい事件がおきました。

「アリゾナ州の2歳児、里親に暴行され、焼かれる」・・・

https://healthimpactnews.com/2019/2-year-old-arizona-child-raped-and-burned-in-foster-care-where-is-the-justice-for-devani/print/ (2-Year-Old Arizona Child Raped and Burned in Foster Care: Where is the Justice for Devani?

 里親はすでに有罪で収監されているようですが、重度の火傷を負わされた子どもはいったいどこでどうしているのか・・・里親制度は児相に関連しており、そして児相が別の家の子どもを預かる時、その理由は「家庭内虐待」ではなく、「ワクチンを打たせなかった」ということが多いのです。日本の児相ー里親制度はいったい誰がどうやって管理しているのか?類似の事件はないのでしょうか?

出ます。今日の名古屋の講演ではこの「医療誘拐」についても触れる予定。ああ気が重い。2019.10.26 

 

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |