WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ソーラーと健康被害、報道

前記事の続き。新城市記者クラブで行った「再エネ(ソーラー)被害記者会見」。予想通り、マスメディアは全滅。唯一、報道してくれたのは豊橋市の東日新聞でした。下はその一部です(有料記事なので一部のみ)。

 

動画などで健康被害を訴え

新城横川地区メガソーラー健康被害をなくす会 

2018/05/19 http://www.tonichi.net/news/index.php?id=67809

メガソーラー健康被害をなくす会(早川倫江代表)は18日、新城市役所で会見を開き、市内横川地区に建設されたメガソーラーによる健康被害を訴えた。訴訟を視野に入れて撤去を求めている。 横川地区では約6000平方メートルにパネル1700枚以上...

 

 知らない新聞社だったので(ごめんね)調べてみたら、Wikiにこのような↓記述が。

「…この地方特有の中日新聞の圧倒的なシェアの下で発行部数は伸び悩んでいるが、大手新聞社が掲載しないこの地方の小さなニュースなどの掲載に力を入れることで、地域密着色を強めている。日本新聞協会には加盟していない。 」

 ほお〜。探すと、まともな新聞社がある地域もあるもんですね。同じように地元の出来事を丹念に拾って報道し続けている長周新聞(山口県)を思い出しました。もちろん、地域紙でも行政べったりでダメなところもあるけど。

 まともなニュースを得ようと思うなら、マスメディアから離れることです。恐ろしいほど画一的で横並びの報道しかしていないメディアは、これからどんどん先細っていき、その分、政権へもっと加担してゆくことになるでしょう。悪いの記者ではなく、経営姿勢だもんね。腐敗政権に楯突くことを嫌がっていれば、そりゃあ、「社会の木鐸」の資格を失ってゆくでしょう。2018.5.21

再エネ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ソーラー被害は報道できない?

 山本は今、愛知県新城市に来ています。メガソーラー被害者を支援して、事業者交渉、記者会見、情報公開をこなしました。

で、下は、昨日行われた記者会見に向けた、事前のお知らせです。

 

報道関係者各位:記者会見のお知らせ

メガソーラーはエコじゃない

「ソーラー被害者が語る、すさまじい健康被害の実態」

というテーマで記者会見を行います

 

 新城市の各地で、次々にメガソーラーが建設されています。

 ソーラー発電は、「地球環境の保全のため」「環境にやさしいエコな発電」とうたわれ、新城市は再エネ推進条例を作って、積極的に建設を進めているのはご存知のとおりです。

 その一方、メガソーラーが設置された地域では、住民たちがさまざまな公害被害、そして健康被害に苦しめられていることをご存知でしょうか? 

 ソーラー至近距離に住んでいた私たち家族は、全員、ひどい健康被害をこうむり、そこに住み続けられなくなって家を捨てました。調べると、地域住民にも、そしてペットたちにも、同じような健康被害が出ています。

 市は私たちの被害を認めません。そこで私たちは、ソーラー事業の被害をなくそうとささやかな活動を始めました。その、私たちが経験している被害の実態をお伝えするため、急ではありますが、以下の日程で記者会見を行います。

 (日時、場所 略)

 当日は、これまでの経過、事業者の対応、そして被害の実態などを、ペットの写真・動画などを用いてお伝えします。どうぞみなさまご参加の上、この「再エネ公害」のことを報道してくださるようお願いします。

 ソーラー被害をなくす会 代表:早川倫江

 

 で、11時少し前に記者クラブに行くと、ほぼ満席状態。テレビカメラも二台入っていて、かなり期待されていることがわかる。

代表の早川さんが、出席できなかった被害者が書いた「メモ」を読み上げるところから始めましたが、悲しみ、悔しさがこみあげてきたのか、時に声をつまらせて・・・感動的でした。

 次に山本がプレスリリースを元に事情と背景説明。市長と議員全員に、この件に関する意見書を出したことも伝えました。

 それから、動物の被害の写真、そして動画の説明。

 

 実はこの日の朝、現地に行き、電磁波の測定を行ってきたのですが、被害者宅周辺の電磁派は非常に強く、何回か、測定器が妙な警告音を発して止まってしまうこともありました。被害者宅(その周辺住宅も)の人や動物がおかしくなったのは、毎日、その強い電磁波の中で生活しているからなんですね。ペットの写真は、この見えない被害の無言の告発だったのです。

中でも黒猫ちゃんが全身を痙攣させ、苦しんでいる様子は、おそらく誰の目にもショックだったことでしょう(そのうち写真と共にアップします)。

 

 記者会見は予定時間を大幅に超過しました。熱心で突っ込んだ質問もあり、記者たちの強い関心が感じられました。一社は、私たちと現地に向かい、測定の様子を撮影し、インタビューするなどとても熱心。

 ・・・・ところがこの件、夕方のローカルニュースでは流れませんでした。

 おそらく、今日の朝刊にも何も出ないんじゃないかな。

 なぜって?それこそ「圧力」。「上」からストップがかかったのでしょう。「再エネ」は究極の政治案件であり、それを批判し、否定するような記事を出すわけにはゆかない、と、政権と直結する、メディア「上部」は判断したのでしょう。このよう自己規制(あるいは政権の直接の圧力)こそ、公害を多発させる仕組みなんですけどね。

 さあ、この大きな壁をどう打ち破るか、ちょっと考えなきゃ。2018.5.19

 

再エネ | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

6月、札幌でお話します

3月に続き、5月の連休もず〜っと実家。で、ブログの更新が滞っていますが、ご容赦下さい。

でも、6月には初めて北海道・札幌でワクチンの講演会を行うことになりました。土曜は「基礎編」、日曜は「応用編」と、連続講演会というのも初めてです。詳しくはこの↓チラシをご覧下さい。

 「はしか」で揺れる沖縄に対し、北海道は、それまで除外されていた「日本脳炎ワクチン」 が、市民の反対を押し切って、平成28年度から実施されています。

日本脳炎の予防接種を安心して受けていただくために

www.pref.hokkaido.lg.jp/file.jsp?id=880108

北海道では、これまで40年以上日本脳炎の患者はなく、感染を媒介する蚊(コガタア. カイエカ)も生息していないため、日本脳炎の定期予防接種を行っていませんでした。しかしながら、道民が日本脳炎の発生している道外や海外に行き来する機会は増えており、日本脳炎に感染する可能性が高まっているため、平成28年4月より、定期予防接種として行うことになりました…。

 

 この二つの事例から浮かび上がって来るのは、全国民を対象にした政府・医薬品メーカーのワクチン戦略。ワクチンが増えることが果たして子どもの健康につながるのか、考えて欲しい。子育て中のママだけでなく、ご主人や家族、祖父母世代の方々にも聞いていただきたいと思います。2018.5.9

 

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |