WONDERFUL WORLD

ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

菅政権がやろうとしていること

 国内政治の記事は久しぶりです。敵前逃亡した安倍に代わって登場した番犬内閣は、さっそくアメリカへの忠誠を誓っています(怒)。

菅首相 米トランプ大統領と初の電話会談 緊密に連携で一致921日 )

...菅総理大臣は、「日米同盟は、地域や国際社会の平和と安定の礎であり、安倍前総理大臣とトランプ大統領の深い信頼関係のもとでかつてなく強固になった日米同盟をいっそう強化していきたい」と述べました。これに対し、トランプ大統領は、総理大臣就任への祝意を述べたうえで、「私も全く同感で、ともに日米同盟をいっそう強固なものにしていきたい」と応じました。そして、両首脳は、新型コロナウイルスの感染を早期に収束させるため引き続き、治療薬やワクチンの開発や普及に協力していくことで一致したほか、アメリカが対立を深めている中国との関係も含めた地域情勢についても意見を交わし、自由で開かれたインド太平洋の実現に向けて緊密に連携していくことを確認しました。

 あか抜けない、番頭さんみたいな人だと思っていたけど、実は番犬だった...彼には日米同盟が「治外法権」を許している不平等条約だという考えもなく、独立国としての尊厳なども認識していないことは明らか。こんな人間に総理をやらせなければならないのは国民の不幸です(これまでだってそうだったけど)。

 ひどいのはこの↓人事。「HPVワクチンの早期導入」だけを訴えて議員になった彼女への、遅ればせながらの論功行賞では。

厚労副大臣に三原じゅん子氏 看板政策に菅グループ登用

(共同通信)政府は18日の閣議で、菅内閣発足に伴う副大臣25人と政務官27人の人事を決めた。自民党から菅義偉首相に近い無派閥若手グループの一員で元女優の三原じゅん子参院議員を厚生労働副大臣に充てた。菅内閣の看板政策を担う省庁に「菅グループ」議員を登用し、実現を急ぎたい狙いがうかがえる。(後略)

 本来なら、HPV被害が出たところで引退すべきだったのに、そういう誇りもない彼女。今後は「コロナワクチン」の早期開発、早期接種に向けて吠えまくるはず。HPV被害者はこの人事に異議を申し立てたりしないの?

 その前に、「安倍の急病ー退陣」があまりに急で不自然だと感じていたけど、なんと「安倍仮病説」が噂になっていた。
…国難のさなかに国の舵取りを投げ出した、という極めて重大案件なのである。仮にサラリーマンが会社に長期病欠を申請しようとすれば、医師の診断書が必要になる。本来、医師団が記者会見を開いて病状を説明すべきではないか。安倍自身、第一次政権で辞任した際には医師を伴って会見をしている。菅新政権にとって世の同情が集まり、コロナ対応のボロが出ない今のうちに総選挙に打って出たほうが得策。そんな不潔な思惑まで透けて見える。 (森功https://www.news-postseven.com/archives/20200919_1596604.html?DETAIL2020.09.19 07:00 NEWSポストセブン 週刊ポスト2020年10月2日号)

 同感。何と安倍は大報道陣を引き連れて病院通いし、「病状・治療法」という個人情報がだだ洩れ…そして国民は安倍に同情し、次期の番犬内閣を容認したというシナリオだったのだろう。これは、安倍では今後の「コロナ騒動」を乗り切れないと判断されたのだろうが、もう一つ、実は安倍の周辺に詐欺事件の捜査が迫っていたからだった。

 そのことは総裁選後に流れた↓ニュースで初めて明らかになったといえる。

ジャパンライフ元会長ら詐欺容疑で逮捕へ 被害総額2000億円か

“「桜を見る会」の招待状が印刷された資料を示し勧誘”...この招待状をめぐっては、受付票の番号から当時、安倍総理大臣が招待した疑いがあるとして、野党側が国会で追及しました。これに対し、安倍総理大臣は去年12月の参議院本会議で「山口氏とは1対1のような形で会ったことはなく、個人的な関係は一切ない」などと述べていました
 ジャパンライフは昭和50年設立。59年には所得税法違反で有罪、60年にはジャパンライフのマルチまがい商法が国会で追及された。そして、「消費者庁は4回にわたって業務の一部停止命令を出したが、そのたびに契約の名目を変えて規制をすり抜け、営業を続けてきた」…つまり、逃げおおせてきた。また、国会議員はジャパンライフをよく知っており、だからこそ安倍は山口に招待状を出したのだろう。当然そこには「献金」があったことが疑われる。
 その後、同社は2017年には資金繰りができず銀行に取引を停止され、2018年の破産手続きに至る。警察が捜査を開始するのは2019年になってから。捜査が遅れたのは、当時問題になっていた「桜を見る会」の調査に結び付けられかねなかったため、その事態を避けようとしたのだろう。米の番犬内閣は、詐欺常習犯企業と懇意な腐敗内閣でもある(悲)。
 そして、番犬内閣は「桜」の再調査を拒否し、詐欺企業との結びつきを闇の中に葬ろうとしている。

政府、「桜」再調査を否定 加藤官房長官「名簿廃棄済み」
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ffad331142f57c369184977e493c2a1d35ca6b0

9/18(金) 13:07配信 時事通信 加藤勝信官房長官は18日の記者会見で、詐欺事件で逮捕されたジャパンライフの山口隆祥元会長が安倍晋三前首相主催の「桜を見る会」の招待状を顧客勧誘に利用していたことに関し、その経緯についての再調査に改めて否定的な考えを示した。「名簿も保存されていないので、個々の招待者を今から改めて調べても確たることは申し上げることはできない」と述べた。詐欺事件をめぐっては、加藤氏自身が同社の宣伝に顔写真が使われるなど広告塔として利用された経緯がある。加藤氏は「私の事務所から厳重な抗議をしている」と述べ、無関係であることを重ねて強調。政府として捜査を見守る方針を示し、警察当局に対する協力については「今後、必要があれば連絡を取っていくことはあり得る」と説明した。

 詐欺に片棒をかつがされたのか、積極的に関与したのか不明だけど、この件に関し「断固白を切り続ける」人間を官房長官に据えた、ってことね。でも、国民も怒っているし、いつまでも逃げ切れるものじゃないよ。

2020.9.22

政治批判 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

コロナ=ディープステートのテロ

 ついにマスメディアも「コロナ対策反対」デモを報道し始めました。しかも写真つき。もう隠しきれないほどになっている。

英で隔離義務の違反者、厳罰化へ 28日から罰金百万円超も

共同通信社
© KYODONEWS 19日、ロンドン中心部で行われた新型コロナウイルス対策の規制再強化に抗議するデモ(英PA通信=共同)

【ロンドン共同】ジョンソン英首相は19日、新型コロナウイルス感染の再拡大を受け、隔離義務に違反した人に厳しい罰金を科すと発表した。イングランドに限った規則で28日から導入。繰り返し違反するなど悪質な場合、最大1万ポンド(約135万円)が科せられる。英メディアが伝えた。英国内では今月に入って感染者数が急増しており、英メディアは政府が規制再強化策を検討していると報道。全土の都市封鎖(ロックダウン)を回避したいジョンソン氏は、感染者が多い自治体ごとに局地的な外出制限を導入している。

 下の動画に表れるプラカードには、「コロナはディープステートのテロ」「マスメディア=プロパガンダ、洗脳組織」とまで書いてあって、目覚めた人々が多くなっていることがわかります。

0:59

Anti-vaccine protesters clash with police in London ...The Telegraph

 なお、ロンドン市警がデモ参加者を逮捕する動きに出たことから市民が反撃し、衝突がおきた模様。

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

国民全員にワクチン(アメリカ)

  コロナワクチンをめぐり、メディアを通じた「駆け引き」が激しくなっています。巷に流れるニュースに忍ばせた多くのウソ、そして魂胆に、あなたは気づいているでしょうか?

コロナワクチン、4月までに「米国人全員分」 トランプ氏

2020/09/19AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は18日、「米国人全員」への投与に必要な量の新型コロナウイルスのワクチンを来年4月までに製造できるとの見通しを示した。年内に承認が下り次第、すぐに供給を進めるという。トランプ氏は、開発・治験の最終段階にある3種類のワクチンについて「歴史的な進歩」があったと強調。年内に少なくとも1億回分のワクチンを製造するとの見通しを示し、「毎月数億回分のワクチンが供給可能となり、4月までに米国人全員に足りる量のワクチンが確保できる見込みだ」と述べた

 ためしにこの↑報道を分析してみましょう。まず、これは「ニュース」でさえありません。メディアと政治家が伝えようとしているのは、少なくとも以下のことがらです。

1.大統領選向けのトランプ陣営の人気取り

 最近の世論調査では民主党のバイデンが票をリードしており、このままでは「トランプ2期目」は危ない。で、トランプは、人々の不安を解消すべく「全国民にワクチン」をPRして票を伸ばそうとしているわけです・・・

https://www.bbc.com/news/election-us-2020-53657174
これが一期目の選挙で「ワクチンと自閉症」の関係を指摘し、ワクチン批判派みたいな顔をして当選した人間のやることか。政治家は票とカネでいくらでも変わることを証明しています。

2.コロナワクチン開発はうまく行っている

 年内の承認が確実なような記事ですが、すでに当初の予定(年内にワクチン供給を開始)からかなり遅れている。それに、ワクチンの治験がアフリカや南米、東南アジアなどで行われているのは、先進国ではこの実験的ワクチンの危険性が知れ渡っていて治験ボランティアが集まらないからだと考えられます。また、その治験も、副作用問題で中断したり、でうまく行っていない。

3.ワクチンは信頼できる、との刷り込み

 「3種類のワクチンで歴史的な進歩があった」…確かに、開発中のワクチンは全く新しいmRNAワクチンであり、これまで商品化されたことがないから、「歴史的進歩」は間違いではありません。一方、安全性は完全におきざり。ワクチン開発の先端を行く三社ーーアストラゼネカ+オックスフォード大学(イギリス)、モデルナ(米)、ファイザー+バイオエヌテック(米独)ーーは、いずれも治験で副作用が起きたことを報告しています(前二社については本ブログ記事を参考のこと。また、ファイザー社のmRNAワクチンの副作用も、ほんの数日前にニュースが入りました。「副作用は低〜中レベルのものばかりで、グレード4の深刻なものはなかった」とのこと。Pfizer sees 'mostly mild to moderate' safety profile in phase 3 …)

 ただし、副作用の詳細は3社とも非公開で、いったい何が起きているかわからない。

4、ワクチンに反対はない

 先進国だけでなく、途上国でもコロナ政策に対し、またワクチン強制接種の流れに対し、大きな反対運動が起きています。でもマスメディアはそのことを伝えないので、メディアしか見ない人は世界で何が起きているか知りません。それにもかかわらず、人々は「何かおかしい」ことに気づいているのです。たとえばロイターが5月に行った世論調査では、米国人の4分の1がコロナワクチンを打つつもりはないと回答していました。生後すぐからワクチン漬けのアメリカ人にとって、この数字はかなり大きなものです。Exclusive: A quarter of Americans are hesitant about a ...2020/05/21 -この数字は時間と共に大きくなり、9月には「トランプのコロナワクチンは信用できない」とする論調さえ出る始末。Trump's Coronavirus Vaccine Can't Be Trusted - Foreign Policy foreignpolicy.com › 2020/09/03 › tr... 

5、国民すべてにワクチンを接種する

 記事の最大のポイントがこれです。「米国人全員に足りる量を確保する」→「全国民にワクチンを打つ」。そのためには法律改正あるいは新法が必要ですが、アメリカ人が大人しくこれを受け容れるとは思えません。きっとそれまでに市民の反乱が起きるでしょう。

2020.9.19

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

AZ社「コロナウイルス治験再開」のウラにあるもの

 アストラゼネカ社は、副作用問題で一時中断していたコロナワクチン治験を一週間後に再開していました。

 同社のコロナワクチン候補薬「AZD1222」を接種された被験者が、「説明できない症状」(=日本語では「原因不明の症状」)を起こしたとして、9月6日はイギリスとアメリカで治験が停止されました。同社はその後、各方面からの問い合わせに、ブラジルや南アフリカでも(日本でも)治験を中断すると答えています(実態不明)。

 この中断が、世界規模のワクチンビジネス展開を期待する医薬産業界にとって、大ショックだったことは想像に難くありません。 ところが、まるでその「期待」に応えるかのように、AZ社は、数日後の土曜日(9月12日)には治験を再開していました。

 「独立安全審査委員会と国の規制当局(MHRA:[医薬品およびヘルスケア製品規制庁)の調査の結果、治験を再開しても安全だということがわかった」との報告を受けてのことと言います。これはイギリスでの話。ブラジル政府の治験再開は月曜(14日)、南アフリカ、アメリカ、日本での治験再開時期は不明。

 

副作用の「詳細」は闇の中

 問題は、AZ社もオックスフォード大学も、副作用の詳細を一切明らかにしていないことです。どれほどシビアな状態だったのか、どんな時点で発生したのかも。AZ社のパスカル・ソリオ最高経営責任者(CEO)は投資家に、イギリスの被験者は「横断性髄膜炎」を発症したと語っていますreportedly told investors on a telephone call last weekが、この治験ではプラセボは使われておらず、被験者がコロナワクチンか、髄膜炎菌ワクチンのどちらかを接種されたことは間違いありません。

 そして、TMは、一般的に「ウイルス感染」が原因とされていますが、「ワクチン」によっても引き起こされるのです。

   以下、ワクチンと横断性脊髄炎の関連を認めている極めて珍しいサイト(リーヴ基金)横断性脊髄炎 / Transverse Myelitis - International - Reeve ...から抜粋しました(一部編集あり)。

横断性脊髄炎 / Transverse Myelitis(TM)

 脊髄の一部分が横方向にわたって炎症を起こすことによって発生する神経障害です。炎症の発作によって、ミエリン(神経細胞繊維を覆っている脂肪性の絶縁物質)が損傷または破壊されます。これが破壊されることによって、神経系統に傷が付き、脊髄内の神経と身体の他の部分との交信が中断されます。TMの症状には、数時間から数週間にわたる脊髄機能の喪失があります。これは、通常、腰部の痛みや筋肉衰弱やつま先や脚の異常な感覚などの症状が突然発症することで始まり、その後急速に、麻痺や閉尿や排便制御の喪失などの重度な症状へと進んでいきます。一部の患者はほとんど障害を残さずに完治しますが、日常生活に支障をきたすほどの永続的障害が残る患者もいます。脱髄は、通常、胸部で起こり始め、脊髄下部からの信号を必要とする脚の動きや排便・排尿の制御に障害が生じするようになります。横断性脊髄炎は、老若男女、および人種を問わず起こる疾病です。遺伝的な要因も見られません。毎年、10歳ないし19歳、および、30歳ないし39歳の年齢グループに新規患者のピークがあります。米国内では毎年、約1400件の横断性脊髄炎の新規症例が報告されており、約3万3000人の米国人が横断性脊髄炎による障害を持っています。

 横断性脊髄炎の正確な原因はまだ判明していません。脊髄を損傷させる炎症は、ウィルス感染症、特異免疫反応、または脊髄にある血管への血液流不足によって起こることがあります。横断性脊髄炎は、梅毒、はしか、ライム病の合併症や、水疱瘡や狂犬病のワクチン接種によっても発生することがあります

**** 
「治験のワクチン副作用」は完全隠ぺいされる
 山本は、TMがワクチンによる「自己免疫疾患」(自分の身体の防御反応が自らの神経系など=ここでは脊髄=を攻撃する)の一種である可能性は非常に高いと考えますが、学界と医薬産業界はその関連を完全否定しており、世界的にかつあらゆる社会的レベルで情報統制が行われています。当然、まともに検索しても何もひっかからない。これは「ワクチンと多発性硬化症(MS)」にも共通している現象ですが。
 しかし、治験参加者に配布された説明書によれば、イギリスでコロナワクチンの治験中断はこれが二回目。
One volunteer in the trials of ChAdOx1 nCoV-19 developed neurological symptomswhich caused the study to pause while a safety review took place. The volunteer was later diagnosed with an unrelated neurological illness
ChAdOx1 nCoV-19-コロナワクチン^を接種された1人が神経的な疾患を発症したため、治験は一時中断され、安全性が検討された。後に、この被験者は(ワクチンと)無関係な神経疾患unrelated neurological illness” と診断された)
 
 この一例目の詳細も明らかにされていません。でも、短い期間、しかもごく少数の「健康な治験参加者」に神経系の副作用が出たとすれば、そんなワクチンなど危なくて受けられたものではありません。それこそ「全量を廃棄すべき」なのです。
 しかし、世界のコロナワクチン開発をリードしているAZ社の製品とTMの関連が明らかになると、それは、医薬産業界全体にとって決定的な悪材料となります。現に、今回の治験中断でも、AZ社の株価は一挙に下がり(8%以上下落との報道も)、ライバルメーカー(モデルナ+J&J等)の株価が大幅に上がったと伝えられており、これ以上の「悪いニュース」を隠そうという意図が働くのは当然です。これらのことから、AZ社とO大学が副作用の詳細公表を徹底して拒み、そそくさと治験を再開した背景には、政界、ビジネス界、そして学界からの強い圧力=要望があったと考えるのが妥当でしょう。
 TM患者の三分の一は、一生障害を負う
 ちなみに、回復例もあるとはいえ、TMには基本的に、有効な治療法がなく、多くの人々は障害が一生続き、手助けがなければ生きられません。その最も悲惨な例は、HPVワクチンの副作用に苦しんだアメリカのコルトン君です。↓は本ブログの記事。

男の子もHPVワクチン被害に (2016/08/22)

十代の男の子、HPVワクチンで死亡(米) (2018/01/09)

(写真↓はhttps://www.gofundme.com/f/funeral-expense-for-colton-berrett)
 今回、再検索して、彼の死因は「自殺」だったことを知りました。スポーツ万能だった13歳の少年が、TMによる麻痺や身体障害で完全に生活能力を奪われ、四年間苦しんだ後、絶望して死を選んでも不思議ではありません。HPV擁護派は、このことを以って「彼はガーダシルで死んだわけではない」と宣伝をしていますが、ガーダシルによる副作用こそ、最大の死因だったことは否定できないのです。…コロナワクチンではもっと多くの人に同じような悲惨がふりかかるでしょう。
2020.9.16
参考記事(一部)

https://www.nature.com/articles/d41586-020-02633-6

横断性脊髄炎 / Transverse Myelitis - International - Reeve ...

http://www.isrctn.com/editorial/retrieveFile/960f6bf9-e9e9-420f-b719-9071368f0c06/38245

https://respectfulinsolence.com/tag/colton-berrett/

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |

AZのコロナワクチン治験、日本でも中断

前記事の続き。AZのコロナワクチン治験は日本でも中断されていました。

 

英アストラゼネカ、日本でもコロナワクチン治験中断、副作用とみられる症状で

202009092219https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090901071&g=int

 【ロンドン時事】英製薬大手アストラゼネカは9日、英オックスフォード大と共同開発中の新型コロナウイルスのワクチンをめぐり、世界各国での臨床試験(治験)を一時中断したと明らかにした。日本での治験も中断した。治験参加者に副作用とみられる「原因不明の症状」が出たためだという。同社のワクチン開発は世界的に先行しており、注目を集めている。日本政府も1億2000万回分の供給を受けることで合意している。アストラゼネカの広報担当者は声明で「独立した委員会による安全性のデータ審査のため、自発的にワクチン投与を一時中断した」と説明。さらに「原因不明の症状が出た場合に必ず行われる日常的な措置だ」としている。これに関連し、西村康稔経済再生担当相は記者会見で事実関係を認めた上で、「厚生労働省が情報収集しており、これ以上のコメントは控える」と述べた。一方、ハンコック英保健相は民放スカイニューズで「一時中断は初めてではなく、治験ではよくあることだ」と語った。アストラゼネカは治験を米国や欧州、南米、アジアなどで進めている。これまでに各国政府などと合意したワクチンの供給量は30億回分に上る。

ワクチン・医薬品 | permalink | comments(0) | - | pookmark |